Search

検索したいワードを入力してください

おすすめの赤のパウダーチーク10選・相性が良いコスメ

Author nopic iconYuki.N
メイク・コスメ / 2019年02月18日
おすすめの赤のパウダーチーク10選・相性が良いコスメ

赤のパウダーチークはこんな人におすすめ

赤というと、チークでも口紅でも、なんとなく派手なカラーで、使いこなすのが難しいと感じている方も多いことでしょう。

しかし、大人っぽい色香のある顔を目指したい方や、小顔に見せたい方には、積極的におすすめしたいのが赤のチークです。メイクの仕方や選び方のポイントを抑えれば、赤のパウダーチークはけして難しくありません。

おすすめの赤のパウダーチークを紹介していきます。

おすすめの赤のパウダーチーク10選

赤色メイクが近年流行しているので、さまざまなバリエーションの商品が発売されています。赤色のパウダーチークも多数店頭に並んでいるため、どれを選んだらよいのか、迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

初めて赤色のパウダーチークに挑戦する方にも使いやすい、おすすめの赤チークを10点、紹介していきます。チーク選びに迷ったら、参考にしてみてください。

おすすめ1:キャンディパウダーチーク

CandyDoll(キャンディドール)は、益若つばさプロデュースのプチプラコスメブランドです。

ロングキープチークは、その名のとおり朝つけて夜まで長持ちするチークカラーで、チェリーレッドは、ほてり感の出るピュアな赤色です。見たままの発色なので、上気したような赤に頬を染めることができます。

Blockquote firstBlockquote second

発色は結構良いです!
肌に馴染んでくれるので愛用してます!
またリピします

おすすめ2:グロウフルールチークス

キャンメイクのグロウフルールチークスは、パウダーチークなのにまるでクリームチークのようにとろけるように肌に密着し、透明感のあるツヤと自然な血色感を与えてくれます。

ソフトフォーカスパウダーが配合されているので、毛穴が目立ちはじめた肌も、キメが整ったように見せてくれるのが嬉しいパウダーチークです。

おすすめ3:ソフィーナ オーブ ぽんぽんチーク

花王ソフィーナのオーブクチュールぽんぽんチークは、「チークナビ」という突起がついているので、小鼻の横に合わせてぽんぽんするだけでぴったりの位置に自然な血色感を作ることができます。435番のレッドは、自然で肌なじみのよい赤色のパウダーチークです。

おすすめ4:セザンヌ ナチュラルチークN

セザンヌのナチュラル チークNは、プチプラながら高発色で自然に仕上がるのが嬉しいパウダーチークです。

15番のクリアレッドは、お風呂上がりで上気したような色っぽい肌色を演出してくれる赤です。血色感のアップした、いわゆるおフェロメイクを目指したい方におすすめです。

おすすめ5:レブロン マット パウダーブラッシュ

レブロンのマット パウダーブラッシュは、ふんわりとやわらかなパウダーが、ぴったりとフィットして自然な血色感を演出してくれるパウダーチークです。115番は、自然な血色カラーの赤、チェリーローズです。

おすすめ6:エクセル スキニーリッチチーク

パウダーチークというと、粉っぽさやぼかしにくさが気になる方も多いことでしょう。エクセルのスキニーリッチチークは、パウダーチークですが、まるでクリームチークのようにしっとりと密着してくれるのが特徴です。粉っぽさがないので、内側からにじみ出たような自然な血色感を演出してくれます。

おすすめ7:シルキーシフォンチーク

スウィーツスウィーツのシルキーシフォンチークは、ラメなしのパウダリーながらツヤ感のある仕上がりで、素肌を美しく見せてくれるパウダーチークです。光を乱反射してくれるソフトフォーカス効果があるため、毛穴や小じわが気になりはじめた肌の方におすすめです。

07番のアプリコットシフォンは、上気したように見える自然な血色のレッド系コーラルです。

おすすめ8:美リフトチーク

プリオールの美リフトチークは、たるみや年齢のサインが気になり出した方におすすめのチークです。目の下やほうれい線の影を補正することで、若々しい色ツヤをオンしながら、上向きのほおを演出してくれます。

2色セットのパレットで、明るい色の影消しパウダーはハイライトカラーです。ほうれい線にサッと伸ばして、影を補正します。いわゆるチークパウダーに当たるのが、血色の美つやカラーですので、頬に自然に伸ばしましょう。

おすすめ9:スマイルアップチークスN

コフレドールのスマイルアップチークスNは、肌自体がうるおったように見せてくれるオイルコーティングパウダーが特徴です。かわいらしい花のような肌なじみの良い2色をブラシで混ぜながら肌に乗せ、血色感を与えます。

花型の周囲に配置された淡い2色のパウダーは、透明美肌パウダーですので、頬の高いところにハイライトのように乗せると、立体感を出しながら透明感を与えてくれます。

おすすめ10:プレスト チークカラーN

18世紀後半のメルヴェイユーズ(フランスの貴婦人)からインスパイアされたレ・メルヴェイユーズ ラデュレは、ブルーベースの肌色、いわゆるブルベ肌の方におすすめのブランドです。プレスト チークカラーNは、なんと20色もの豊富なバリエーションがあるので、自分の肌色にぴったりと合ったチークが見つかるでしょう。

12 Cramoisi(クラモアズィ/深紅色)は、格調高いプラムレッドです。

赤チークを使いこなしたい方におすすめのサービス

赤チークで色気のある大人を目指すなら、やはりきめ細かくみずみずしい肌をキープした上でメイクをするのがおすすめです。新しいチークに挑戦するのに合わせて、スキンケアを見直してみるのもよいでしょう。

赤のパウダーチークと相性が良いコスメ

自分に似合うとっておきの赤のパウダーチークが見つかったら、次は相性の良いコスメを組み合わせてみましょう。赤色は主張が激しい色だけに、トータルでメイクのバランスを取る必要があります。

赤のパウダーチークが浮かないためのベース作り、赤のパウダーチークと合わせても違和感のないポイントメイクをしていきましょう。相性が良いコスメを紹介していきますので参考にしてみてください。

コスメ1:スガオ シルク感カラーベース ブルー

赤のチークを際立たせたいなら、まずはベースメイクにこだわるのがおすすめです。頬がポッと上気したような自然な血色を演出するには、毛穴が目立たないテカリのない肌の上にチークをぼかすとよいでしょう。

ブルーのベースカラーは、肌色の黄ぐすみを抑えてくれるので、その上に赤のチークを乗せるとキレイに発色します。毛穴の目立たないサラサラ肌にしてくれるベースであれば、一石二鳥です。

Blockquote firstBlockquote second

さらっとしたつけ心地はとても気持ちよく、伸びもいいのでそこはとても使いやすいです。
テカリが抑えられるというポイントに関しては少し、効いてるかなぁと思う感じでした。
シフォン感パウダーと合わせて使っています。

コスメ2:ティントオイルルージュ

頬に自然な血色感を置いたら、唇も自然な血色でまとめるのが効果的です。ティントタイプの口紅なら、本来の唇の色が色づいたような血色に染めてくれます。

オペラ(OPERA)のティントオイルルージュは、リップケアオイルをベースにした口紅なので、荒れた唇が気になる方にもおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

滑らかな塗り心地に、ひと塗りで綺麗な色が出ます。塗りたてはツヤがありますが、飲み物を飲んだりするうちに、ツヤのないティント特有の色味になります。ツヤが無くてよければ、塗り直しはしなくて大丈夫そうです。

コスメ3:アイシャドウ ブラウンシェードアイズN

赤色のパウダーチークで、色気のある上気した肌を演出したら、自然な陰影でホリの深い目もとを作り、顔全体に立体感を生み出すとよいでしょう。

カネボウ ケイトのブラウンシェードアイズNは、自然な陰影を与えてくれる肌なじみのよいパウダーと、立体的なツヤ感を演出してくれるブロンザーがアイシャドウとセットになったパレットで、骨格をリメイクします。

自分に合うパウダーチークを見つけよう

おすすめの赤色のパウダーチークを10点、紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。顔立ちや肌色は人それぞれですので、他の人に似合うコスメでも自分には今ひとつ、逆に他の人には評判が良くなくても、自分にとってはベストコスメということもあるのではないでしょうか。

実際に肌に乗せて試してみて、自分にとって一番似合う、お気に入りのパウダーチークを見つけてみてください。

メイクのやり方をマスターしよう

自分に似合うパウダーチークが見つかったら、次はリンク先を参考にメイクのやり方をマスターしましょう。

チークの色選びでまず大切なのは、自分の肌の色がイエローベースなのかブルーベースなのかを把握することです。

また、色気を感じさせるメイクを目指しても、メイクのやり方を間違ってしまうと、時代遅れの厚化粧になってしまう恐れもあります。難しそうに感じられる色使いも、メイクの基本を抑えれば失敗がありません。

関連記事

Related