Search

検索したいワードを入力してください

バナナクリップを使った6つのヘアアレンジ|上手に使うコツ

Small 80fee369 7ba9 4993 9be8 dad0e5c0d68acandyrin
ヘアスタイル / 2018年12月19日
バナナクリップを使った6つのヘアアレンジ|上手に使うコツ

バナナクリップとは

バナナクリップを使った6つのヘアアレンジ|上手に使うコツ

バナナクリップは、左右同じデザインが施されたクリップで、開いて髪を挟み、先をひねって留める使い方をします。

クリップの形がバナナのような形をしているため、バナナクリップと呼ばれていますが、クロワッサンクリップと呼ばれることもあります。

バナナクリップは、まとめるだけでおしゃれになり、ビジネスシーンからパーティー用ヘアアレンジまで利用できる色々なデザインが揃っていることで人気を集めています。

バナナクリップの基本の使い方

バナナクリップの基本的な使い方を紹介した動画です。動画のようにブラシを使って髪をまとめてもいいですし、手でざっくりとまとめても大丈夫です。

バナナクリップは、先に開いて準備しておくとスムーズに作業がすすめられます。さらに、なるべく根元近くに留めると崩れにくくなるでしょう。

なお、まとめた後でバナナクリップを押さえながらトップの髪を少し引き出すと、今風な印象のヘアスタイルになります。

バナナクリップを使った6つのヘアアレンジ

バナナクリップを使った、簡単なヘアアレンジを紹介します。普段と同じヘアアレンジに、バナナクリップを加えるだけで、おしゃれで可愛い印象に変わります。

ヘアアレンジが苦手な人や、ちょっと不器用な人でもサッとアレンジできるので、ぜひ参考にしてください。

アレンジ1:ポニーテール

ポニーテールは、高い位置でまとめると元気な印象になりますが、幼く見えてしまいます。ですが、動画のようにやや低い位置でまとめれば、落ち着いた印象になります。

一工夫してサイドにねじりを加える事で、単純にまとめただけでなく、上品でエレガントな印象を与える事もできます。

アレンジ2:ハーフアップ

ハーフアップのヘアアレンジは、髪の長さを選ばず誰でも簡単にできるので、取り入れている人が多いです。

くるりんぱを加えたり、左右にねじりや三つ編みをしたりなど、ハーフアップもアレンジが色々ありますが、適当に左右から髪を取り、リボンのバナナクリップで留めるだけで、上品でおしゃれなヘアアレンジになります。

アレンジ3:サイド寄せ

ロングヘアをサイドに寄せてまとめるやり方を詳しく紹介している動画です。動画ではバレッタを使っていますが、バナナクリップでも同じようにサイド寄せした髪の仕上げに使えます。

ねじってまとめていくだけなので、難しくなくヘアアレンジが苦手な人でも慣れれば鏡を見なくてもできるようになります。

アレンジ4:シニヨン

シニヨンは、まとめ髪のひとつですが、ゆるっとしたまとめ方なので、見た目が柔らかい印象になり、一緒に使うヘアアクセサリーによって、可愛くなったり、大人っぽくなったりします。

動画で紹介しているシニヨンは、きっちりとまとめているので、可愛いというよりも大人っぽいイメージになりますが、首元がスッキリするので暑い日におすすめです。

アレンジ5:メッシーバン

メッシーバンとは、海外発のトレンドヘアで、クシャっと崩れたお団子ヘアを指します。海外セレブの間でも人気で、まとめる位置も形も特に決められていません。

無造作な雰囲気をわざと出すようにするヘアアレンジなので、無理にピンでとめたり、ワックスなどで固めたりもしません。

メッシーバンでバナナクリップを使う場合、低い位置でまとめる方が合わせやすいですが、高い位置でまとめてアクセントとして使っても可愛いです。

アレンジ6:お団子

お団子ヘアも人気のヘアアレンジです。ポニーテールと同じで、まとめる高さで印象を変えることができます。

動画で使用しているピンは、ツイスターピンやスクリューピンと呼ばれるピンで、使い方が難しそうですが、付けたい箇所にピンを押し当て、右回りにくるくると巻いていくだけです。アメピンやUピンではまとめにくい髪も、このピンなら簡単にキレイにまとめられます。

ヘアアレンジに困ったらプロにお願いしよう

バナナクリップでヘアアレンジを楽しみたいけれど、自分だけではどうしてもうまく行かない、という方は、一度プロにお願いしてみましょう。

ホットペッパービューティーなら、エリアからだけでなく、ヘアスタイルから自分の好みにあう美容室を見つけることができます。

ホームページには「ヘアアレンジ特集」のコーナーもありますので、バナナクリップを使ったヘアアレンジをお願いすることも可能といえるでしょう。

バナナクリップを上手に使うコツ

バナナクリップを使った6つのヘアアレンジ|上手に使うコツ

プライベートだけでなく、ビジネスシーンにも使える便利なバナナクリップですが、動いているうちにずれ落ちたり、ななめに歪んでしまったりなどで悩むこともあります。

上手にバナナクリップを使いこなすためには、ちょっとしたコツが必要です。崩れなどを防いで、しっかり固定させるコツなどをご紹介します。

コツ1:ねじりを入れる

後ろで一つにまとめるためにバナナクリップを使う場合、髪を半分に分けてそれぞれ1回ねじってからバナナクリップで留めてみましょう。

ですが、髪の量が多く、このやり方では厚みが出すぎて留めにくくなってしまう場合は、両サイドから髪を少し取り、うなじへ向かってねじって留めてみましょう。

ねじりを入れた留め方は、大人っぽい印象のヘアスタイルにしたいときにもおすすめです。

コツ2:2重にする

バナナクリップは、髪の根元を留めることが多いですが、毛先も一緒に挟む、2重にするアレンジにすると、落ちにくくなります。

やり方は、髪を三つ編みにして毛先をゴムで留めたら、毛先を根元へ持って行き、バナナクリップで挟みます。

留めるバナナクリップのデザインでフェミニンになったり、エレガントな印象になったりします。さらにトップにボリュームを出せば今風なヘアアレンジに変わります。

コツ3:ゴムで止めてから

バナナクリップで直接髪を留める方法が一番簡単ですが、髪がストレート過ぎて落ちてきてしまうなら、ゴムでまとめてからバナナクリップで留めましょう。

ゴムは、100均にもある「からまないゴム」や「モビロンバンド」を利用すれば、スッキリと髪をまとめる事ができます。また、髪をあらかじめ巻いてからバナナクリップで留める方法もおすすめです。

コツ4:滑り止めを付ける

髪をねじっても、ゴムでまとめても、どうしてもバナナクリップがずれてきてしまうなら、バナナクリップそのものに滑り止めを付けましょう。

やり方は、シール状のシリコンクッションや、波ゴムとも呼ばれる「特殊形状ゴム」を、バナナクリップの内側両面に貼り付けるだけです。シリコンクッションなら片面3個程度、波ゴムは、クリップの幅に合わせてカットしてください。

バナナクリップを使ったアレンジに挑戦してみよう

バナナクリップを使った6つのヘアアレンジ|上手に使うコツ

バナナクリップは、まとめた髪を留めるだけでアレンジができるヘアアクセサリーです。髪の量やアレンジ方法で、大きさを変える必要はありますが、デザインも豊富で一度使うと手放せなくなる人もいるほどです。

髪質によっては、ずれたり崩れたりすることもありますが、少し工夫すればそういったことも解消されます。まだ使ったことが無いなら、ぜひ使ってみることをおすすめします。さまざまなヘアアレンジを楽しんでみてください。

髪の長さにあったアレンジをしてみよう

ロングヘアでなければヘアアレンジはできない、と考えてしまう人もいますが、ヘアアレンジは、髪の長さに関係なく楽しむことができます。

それぞれの長さにあったヘアアレンジや、不器用な方でもヘアアレンジができるグッズを紹介します。ぜひ参考にしてください。

関連記事

Related