Search

検索したいワードを入力してください

安心感を与える方法・感じる特徴・安心感のある人の特徴・色・心理学

Author nopic icon星澤うみ
雑学 / 2018年10月23日
安心感を与える方法・感じる特徴・安心感のある人の特徴・色・心理学

安心感を与える方法

安心感を与える方法・感じる特徴・安心感のある人の特徴・色・心理学

何かとストレスを感じるこの時代、心のどこかで安心感を求めている人は多いはずです。安心感を感じられる場所があることは、生きていく上でとても大切です。あなたには安心できる場所がありますか。そして、あなたは大切な人に安心を与えていますか。

もちろん自分が安心することも大切ですが、大切な人にとって自分自身が安心感を与える存在でいることも大切なことです。安心感を与える一番の方法は笑顔です。どんなに不安な時でもそばにいてくれる人が笑顔でいてくれると、ホッと安心する人は多いはずです。

笑顔には不思議なパワーがあります。笑顔になると、他の人だけではなく、笑っている自分まで安心させることができます。心が穏やかだから笑顔になるだけではなく、笑顔になるから心が穏やかにもなります。笑顔は大切な安心ツールです。

安心感を感じる特徴

安心感を与える方法・感じる特徴・安心感のある人の特徴・色・心理学

人は穏やかで変わらないものに安心感を感じる傾向があります。たとえば転校や転勤が多い生活は新鮮ではありますが、ストレスを感じやすいです。一方で、毎日変わらない平凡な日常は刺激には欠けますが、安心して過ごすことができます。これは、人の場合でも同じことが言えます。

態度や機嫌がコロコロ変わる人は、接する人にストレスを与えてしまいます。日によってご機嫌だったり不機嫌だったりする人や、接する人によって態度が違う人は安心感からは程遠いです。

反対にどんな時でも、どんな人に対しても態度や機嫌が変わらずに穏やかでいる人は、接する人に大きな安心感を与えます。

安心感を与えることは円滑な人間関係のためにとても大切です。良い人間関係を築くためにも、心を穏やかに安定させて周りに安心感を与えましょう。

男女別安心感のある人の特徴

安心感を与える方法・感じる特徴・安心感のある人の特徴・色・心理学

安心感がある人は男女ともに周りから人気があり、モテる傾向があります。ここでは男女別に安心感を与える人の特徴を見てみましょう。

安心感のある女性

女性は男性よりも細やかな気配りができるのが特徴です。それが安心感にも繋がります。安心感のある女性のポイントは、思いやりがあり気配りができることです。思ったことを態度や言葉に出すことも大切ですが、それが時に誰かを傷つけることもあります。

気配りが苦手な人は、自分が人を傷つけたことすら気付かないケースもあるでしょう。そんな人に安心感を感じることはできません。

一方で気配りができる人は、相手の立場に立って物事を考えることができるため、誰かを傷つけることも少ないです。思いやりがあって気配りができる女性に安心感を感じるのは自然な現象でしょう。

そして女性の場合、裏表がないことも安心感の大切なポイントになります。たとえば、男性の前では思いやりがあるのに、同性の前だと悪口三昧では不信感を与えることになります。

安心感のある男性

男性は女性に比べて自己顕示欲が強い傾向があります。プライドが高く、自分の凄いところや手柄をアピールしたがるのが男性です。そしてその自己顕示欲が強ければ強いほど、安心感からは遠ざかります。

男性の場合、安心感のポイントは「余裕」になります。余裕がある男性が周囲に安心感を与えます。

自己アピールが強い男性は男らしく頼もしいのですが、いつもそうだと、一緒にいて疲れてしまうこともあります。余裕がある男性は能力があるのに、それをひけらかすことをせず、話の聞き役に回るなど、相手の立場になって行動をすることができます。

そして不思議なことに、自分の能力をアピールしない男性ほど、その能力が周囲に伝わる傾向があります。

そのため余裕がある男性は、頼りになる印象を与えます。そのことも安心感を与えることに繋がります。

安心感に関する心理学

安心感を与える方法・感じる特徴・安心感のある人の特徴・色・心理学

人はどんな時に安心感を感じるのでしょうか。それは「繋がり」を感じる時ではないでしょうか。人は誰かと「繋がっている」と感じる時に安心感を感じることができます。反対に「孤独」を感じる時には不安を覚えるはずです。

赤ちゃんがお母さんから離れると泣いてしまうのは不安になるからです。それは大人にも言えることです。人との繋がりが人に安心感を与えてくれます。ですが、それは誰でも良いわけではありません。

安心感を与えてくれるのは、心を許している相手です。想像してみると分かりますが、苦手な人が傍にいてもストレスにはなっても安心はできません。私達は心を許している人との繋がりを感じる時に安心感を感じることができます。

傍にいるだけで、その人のことを思うだけで安心する人はいませんか。その人はあなたにとって大切な存在です。

安心感がある色

安心感を与える方法・感じる特徴・安心感のある人の特徴・色・心理学

色が人の心に大きな影響を与えることは知っていますか。これは私達の生活の中でもたくさん活用されています。たとえば、白は汚れのない純真さをイメージさせます。ウェディングドレスが白なのはその理由からでしょう。

そして、安心感を与えてくれる色は、青と緑です。青には、高ぶった心を落ち着かせて冷静にする効果があります。何か悲しいことがあると海を見たくなるのは、青の効果が大きいはずです。寝室の壁紙を青にすると、リラックスして眠れると言われています。

緑は、情緒を安定させ、心と身体の緊張をほぐす効果があると言われています。森林の中にいると深いリラックスを得られるのはまさしく緑の効果です。「緑があると落ち着く」という言葉を日常的に使うくらいなので、緑が安心感を与えてくれる色というのは納得です。

安心感のある恋愛とは

安心感を与える方法・感じる特徴・安心感のある人の特徴・色・心理学

恋愛においても安心感は大切です。ドキドキする刺激的な恋も良いですが、恋愛を長く続けさせるためには安心感は必須です。ここでは、恋愛で安心感を作るポイントについてお話ししていきます。安心して幸せな恋愛をしましょう。

手をつなぐ

大好きな恋人の体に触れていると安心しますが、その中でも手は特別です。手にはたくさんの神経があります。そのため、手と手を合わせるだけで大切な人のぬくもりを強く感じることができ、安心感が生まれます。

子供の頃は手をつなぐ機会がたくさんありますが、大人になるとその機会がグッと減ります。特に異性同士の場合は、恋人など特別な間柄でないと手をつなぎません。そのため、手をつなぐことで、自分が相手にとって特別な存在なんだと実感することもできます。

手をつなぐことで、安心感だけではなく、愛も感じることができます。関係が落ち着いてくると手をつながなくなるカップルもいますが、手をつないであらためて相手の大切さを実感することはおすすめです。

メールやLINEなどの連絡ツール

女性の場合、好きな人からのメールやLINEで安心感を得ることができます。彼氏からの連絡頻度が高いほど、女性の安心も大きくなります。逆に彼氏の連絡頻度が低くなると、不安を感じる傾向があります。女性はメールの頻度と愛情の大きさが比例すると考えているからです。

しかし、男性は全く逆のことを考えています。男性の場合、恋愛関係において安心感を覚えると、連絡頻度が低くなる傾向があります。恋愛初期で関係が不安定な時はLINEなど頻度は高いですが、関係が落ち着いてくると安心するので、その頻度が低くなります。

メールやLINEなどの連絡ツールは安心の材料にもなりますが、考え方の違いで誤解にもつながりやすいので、注意も必要です。

相手を信じること

手をつなぐことやLINEなどの連絡ツールも大切ですが、恋愛関係で安心感を生むために最も大切なことは「相手を信じること」です。

女性は彼氏の連絡の頻度が低くなると不安になりがちですが、その相手が家族や親友の場合はどうでしょう。少しくらい連絡の回数が減っても不安になることはあまりないはずです。

それは相手のことを信じているからです。恋愛関係は家族や友情と比べると不安定になりがちです。だからこそ、安定した恋愛関係を築いていくためには、家族や親友のように心から相手を信じることが必須になります。恋人を信じることは、勇気が必要です。

最初は恋人を信じることは怖いです。ですが相手を信じることが、恋愛での安心感につながり、それが固い絆も生んでくれるでしょう。

抱きまくらが安心感がある理由

安心感を与える方法・感じる特徴・安心感のある人の特徴・色・心理学

眠る時のリラックスアイテムは色々ありますが、安心できるアイテムとして思いつくのは抱き枕ではないでしょうか。抱き枕を手放せないなんて人もいるはずです。抱き枕には安心感を与えてくれる大きな効果があります。

まず、抱き枕の「抱く」という行動が安心感を生みます。犬や猫などの動物を抱くとリラックスできるのはペットを飼っている人ならわかるはずです。そして抱き枕を抱いている時の姿勢にも、実は安心ポイントがあります。

抱き枕を抱くと、腰を丸めるような姿勢になりますが、この姿勢がお母さんのお腹の中にいる時と似ていると言われています。抱き枕を抱くことで、お母さんのお腹の中にいるような気持ちになり、大きな安心感が生まれます。

ぬいぐるみ

抱き枕ではなく、ぬいぐるみを抱いて眠る人もいます。子供の頃にお気に入りのぬいぐるみと一緒に寝ていた人も多いはずです。

繋がることで安心感を得ることができると先ほどお話ししましたが、ぬいぐるみを抱くことで繋がりを感じることができます。ぬいぐるみが誰かとの繋がりを感じさせてくれる役割を果たしてくれます。

子供がぬいぐるみを抱いて寝ることは、親との繋がりを感じるためであることが多いので自然ですが、大人の場合は注意が必要です。親離れしている大人が寝る時にぬいぐるみを必要とする場合、安心を求めているサイン、つまり不安状態であることの表れであるケースが多いです。

もし、あなたがぬいぐるみが無いと眠れなくなっている場合、自分の中にストレスが隠れていないか確認してみましょう。

安心感がある仕事をする方法

仕事における安心感はとても大切です。安心感は働きやすい環境を作り、業務効率の改善も期待できます。安心感がある仕事をするために大切なことは、信頼関係を築くことです。そして毎日の小さな積み重ねが仕事での信頼につながります。

たとえば新人のうちは任せられる仕事が少ないでしょうが、それをきちんとこなしていれば「この人になら他の仕事も任せられる」と信頼されるようになります。それを積み重ねていけば、安心して大きな仕事も任せてもらえるようになるでしょう。

時には賭けのようなことも必要ですが、そのようなやり方ばかりでは緊張感を生むことはあっても、安心感は生まれません。

目の前にある業務を精一杯こなすことが仕事での安心感を生み、それが結果的にいずれ大きな手柄にもつながるでしょう。

安心できる場所をつくろう

安心感を与える方法・感じる特徴・安心感のある人の特徴・色・心理学

今回は安心感についてお話ししてきました。仕事や人間関係など、日々の生活の中で私達は何かとストレスを溜めています。生きていく上でストレスは避けられませんが、だからこそ安心感が大切になります。

忙しい時や悩み事がある時など、心に余裕が無くなると、人は頑張ることにばかりベクトルを向けるようになりがちです。そして安心感を感じることから遠ざかってしまいます。ですが、そんな時こそ安心感が必要です。

もしあなたが恋人や友達にとって安心感を与える存在になりたいのなら、自分自身が安心感を感じることが大切です。自分が安心を感じていなければ、他の人を安心させることはできません。

毎日の中で自分が安心感を感じることを心がけ、あなたが大切な人にとって安心できる場所になりましょう。

関連記事

Related