Search

検索したいワードを入力してください

タンバルモリの作り方と3つの特徴|ヘアアレンジの方法6つ

Author nopic iconyuuharu
ヘアスタイル / 2018年12月19日
タンバルモリの作り方と3つの特徴|ヘアアレンジの方法6つ

タンバルモリとは

タンバルモリとは、韓国語で「おかっぱ」という意味のショートボブを指します。韓国の女優さんやk-popアイドルのような軽やかでアレンジしやすいスタイルは、若者を中心に人気があります。

タンバルモリは、毛先に重みを残し、Aラインのシルエットを作るのが基本です。前髪や毛先の巻き方で、可愛らしくも大人っぽくもできるヘアスタイルなので、トレンドに敏感な人は、タンバルモリを知って挑戦してみましょう。

小顔効果バツグン

タンバルモリは顔まわりの動きやボリュームの調節で誰にでも似合い、小顔に見せる効果もあります。

タンバルモリの定番は、ボブより短めで肩につかないぐらい長さで、ふんわりボリュームがある髪型です。前髪を作らずに片側を耳にかけたり、シースルーバングにすることで女性らしさを強調します。

顎のラインで毛先を揃えられるので、首元をすっきりと見せることができ、顔効果も期待できます。首が華奢で長い人に、特にお勧めです。

Aラインシルエットが魅力的

タンバルモリの特徴は、アルファベットのAのようなシルエットですが、頭と顔を小さく見せるシルエットとして、欧米からアジアまで共通して人気があります。

毛先に向かって重めにすることでAラインのシルエットになり、タンバルモリらしさがアップします。重めに作った毛先のアレンジで、クールにもフェミニンにも印象を変えることが可能です。

美容院でオーダーの際は、ボリュームのある重めのボブにしてくださいと頼みましょう。

毛先のボリュームが柔らかい印象

タンバルモリは、Aラインにカットし、毛先をふんわり重めに残しているのが特徴です。その分、毛先のアレンジ幅が豊富です。毛先をふんわり感があると、重さがあっても柔らかく女性らしい仕上がりになります。

タンバルモリの毛先をワンカールさせることで、髪に動きが出て、重さが感じられません。子どもっぽくなりがちですが、毛先を内巻きにすると大人っぽくなり、アンニュイでセクシーな印象を与えることも可能です。

男性からの好感度もUP

タンバルモリは、男性を魅了する鎖骨が見えるヘアスタイルです。全体的にはしっとりと上品ながらも、鎖骨のあたりで毛先が揺れて色気が溢れます。ナチュラルさの中に、上品な美しさと、ほのかなセクシーがにじみ出るので、男性の好感度は抜群です。

タンバルモリで特に、男性ウケの良いのはミディアム丈です。アレンジの幅が広がるので、気になる彼の好きなヘアレンジに挑戦してみてはいかがでしょう。

タンバルモリの特徴

タンバルモリの特徴は、レイヤーを入れ過ぎない重めボブである点です。ある程度毛先に重みがあると、アイロンできれいにカールをつけることができます。セクシーに見せたい時は、片側だけ耳にかけてみるのも効果的です。

タンバルモリは、日本のショートボブとは違います。日本のショートボブは、レイヤーを入れることで、内に入りやすいスタイルになっていることが多いのでオーダーの際は注意が必要です。

特徴1. 毛先に向かって重めにする

タンバルモリは、重めであまりレイヤーの入っていない分、毛先に動きを持たせるアレンジが豊富なので、いろいろな表情を見せることができます。毛先はゆるくふんわりと内巻きにまとめて丸みを作ると、大人っぽくナチュラルな雰囲気になります。

さらに応用編として、ベースは大きく内巻きにしてから毛先だけ外に巻くと、可愛らしさと快活なイメージがプラスされます。

アイロンで動きのあるヘアに

タンバルモリの基本アレンジは内巻きで、ヘアアイロンで髪の毛を手前に引っ張るようにしっかりめに巻きましょう。次に巻いた部分を手でほぐし、毛先を先ほどと同じようにしっかりめにワンカールさせ、空気を含むようにほぐしたら完成です。

外巻きにすると元気な印象、外巻きと内巻きをミックスしたヘアスタイルはキュートな印象、全体的に根元からウエーブをかけたアレンジはセクシーな印象になります。色々と試してみましょう。

片側を耳にかける

タンバルモリのアレンジは、たくさんありますが、アイロンで大きめにカールをつけて毛先に動きをつけた後、片耳に髪をかけるとオルチャン風(韓国語で美少女、美少年の意味)タンバルモリの完成です。

完全に耳を出してしまうのではなく、サイドからちらっと見える点が男性にも好評です。モデルの水原希子さんもタンバルモリで耳を出している時があります。キュートさと色っぽさの両方を演出できるので、ぜひお試しください。

タンバルモリの作り方

タンバルモリの基本的な作り方を紹介します。ヘアアイロンがあれば、いろいろなタンバルモリを楽しむことができます。

ここで紹介したタンバルモリの作り方をマスターすれば、すべての毛先を内巻きにしたり、ウエーブにするスタイルでまた違った印象に見せることもできます。

手順1:ヘアアイロンで外ハネヘアを作る

ワンステップ目は、髪全体を上下にブロッキングして外ハネヘアを作ることです。ハーフアップのようにするとやりやすいです。ブロッキングした下側をしっかり外巻きにします。

コツは毛量を少なめにとりながら巻くことです。少し手間ですが、外ハネが崩れにくくなり、きれいなタンバルモリをキープすることができます。

次にブロッキングした上部分も、下部分より、気持ち緩めに外ハネにしましょう。

手順2:所々内巻きにする

次のステップはベースの外ハネが完成した後、顔周りの髪の毛だけを内巻きにしていきます。内巻きにする髪の毛はランダムに少量ずつ巻くのがコツです。

そうすることで、重く残した毛先に、程よい抜け感が生まれます。またフェイスラインも、ナチュラルに隠れるので小顔効果も期待できるでしょう。

最後のスタイリング剤は、ワックスがお勧めです。

手順3:巻いたら手ぐしでほぐす

美容師さんが、スタイリングする時は、ブラシでほぐすことが多いですが、自分でアレンジしたい時に、毛先にブラシを入れるのは、けっこう難易度が高いです。

自分で巻いた髪をほぐすには、少し下を向いて、手ぐしでワシャワシャとほぐしていくと、無造作でナチュラルなタンバルモリに近づけることができます。自分でボリュームを調節できるのも利点です。その日の気分でアレンジを変えてみても新鮮でしょう。

手順4:全体に空気を入れてほぐす

手ぐしでボリュームを出したい時は、空気を入れたようなシルエットで、ふんわりしたAラインを意識します。周りの動きやボリュームを調節できるので、自分の顔立ちや顔型に合う似合わせスタイルを研究しましょう。

キープ力高めのワックスで、仕上げるとヘアスタイルが長持ちします。ふんわりタイプはキュートに、ウエット感が出るものは、抜け感やセクシーな印象を与えます。スタイリング剤も色々と試してみましょう。

タンバルモリをオーダーできる美容院を探しましょう

タンバルモリは、毛先に重みがあるので、巻き方やスタイリング剤だけでなく、髪の長さやヘアカラー、前髪の有無などでも、がらっと印象が変わります。

ホットペッパービューティーでは、気に入ったヘアスタイルを見つけたら、美容院を検索し予約することができます。

近所でタンバルモリをオーダーできる店舗も簡単に見つけることができ、全工程をパソコンにお任せで予約までできるサービスです。ぜひ活用してみてください。

タンバルモリのヘアスタイル

タンバルモリのヘアアレンジを6つご紹介します。前髪の有無、カラーリング、小物使い、髪の長さなどで、印象をがらりと変えることが出来ます。

毛先の巻き方をマスターすれば、いろいろなアレンジが楽しめます。自分に合うアレンジを見つけたい人や、その日の気分でスタイルを変えたい人は、この記事を参考にしてみてください。

アレンジ1:<タンバルモリ+ミニボブ>

丸顔の人がタンバルモリに挑戦する時に小顔に見せる方法を紹介します。

タンバルモリは、前髪を作らないことで縦のライン強調して、顔を引き締めてくれます。また、サイドの髪で気になるファイスラインを隠すことも可能で、丸顔を目立ちにくくする効果も期待できます。

小見出し:丸顔がスッキリ見える

タンバルモリは、丸顔の人の顔をすっきり見せることができます。

丸顔の人はタンバルモリにチャレンジする時、縦の長さを強調して丸顔をカバーするために、前髪をなしにすることをお勧めします。

前髪を斜めに流したり、前髪を作らず顔の輪郭を縦長に見せると、重さがありつつも、すっきり感とおしゃれ感が同居したスタイルを実現することができます。

アレンジ2:<タンバルモリ+ふんわりボブ>

タンバルモリで、ふんわりボブが似合うのは、面長さんでしょう。短くすると寂し見えがちな面長さんも、シースルーバグと共に取り入れると大人っぽさの中に、フェミニンで可愛い印象が加味されます。

もちろん、タンバルモリとシースルーバングは、どの顔型の人にも似合う万能ヘアです。

大人かわいい印象に

タンバルモリを大人可愛い印象にするには、ふんわりとした優しいフォルム作りが大切です。

ふんわりとしたゆる巻きを32ミリのヘアアイロンで外へハネを作った後、ランダムに内巻きを加えます。

より大人かわいい印象にしたいときは、オルチャン前髪の代表格である「シースルーバング」に挑戦してみましょう。毛先が重めのタンバルモリカットと軽い印象のシースルーバングが、とてもバランスがよく大人かわいい印象になります。

アレンジ3:<タンバルモリ+お団子>

タンバルモリは、おろしたスタイルが多いですが、お団子もよく合います。サイドの髪をお団子にして高めの位置でお団子にすると、こなれたラフな感じになります。

オーバーオールと合わせてカジュアルなイメージにすることもできますし、可愛いヘアアクセサリーをつけることで、お呼ばれファッションにも応用が利きます。ちょっとひと手間で、オシャレの幅が広がるので、ぜひ試してみてください。

ラフでキュートな雰囲気に

アレンジしやすいタンバルモリですが、いつもと違うアレンジをしたいという気分になった時は、お団子ヘアに挑戦してみましょう。

こなれた感じと、ラフで親しみやすい雰囲気が可愛いアレンジです。韓国だけでなく日本でも人気が出てきています。

すっきり明るい印象にしたい時は、タンバルモリにサイドの髪をお団子にしたヘアスタイルがお勧めです。

アレンジ4:<タンバルモリ+明るいカラーヘア>

タンバルモリの本家、韓国では、明るいヘアカラーとタンバルモリの組み合わせが人気です。
日本は、韓国に比べてダークトーンで染めることが多いのですが、韓国は明るい色で染めることが多いです。

人気のk-popアイドルのように華やかでキュートな印象を作りたい人は、タンバルモリに明るいヘアカラーを入れてみましょう。蒸気したようなオルチャンメイクをすれば、より一層、k-popアイドルのスタイルに近づきます。

k-popアイドル風で明るいイメージ

タンバルモリをハイトーンカラーで作ると、まるで韓国アイドルのようなスタイルになります。周りと被ることが少ないので、注目を集めることが多いでしょう。

本家韓国は、日本に比べて派手なヘアカラーが多く、特にk-popアイドルはハイトーンカラーのタンバルモリと、少し濃いめの華やかなメイク(オルチャンメイク)を合わせたあか抜けたお洒落上級者が多いです。

アレンジ5:<タンバルモリ+ターバン>

タンバルモリに似合うアクセサリーは、今が旬のターバンです。色々な色柄・素材のものが出ているので、カジュアルファッション以外でも取り入れることができます。

せっかくのタンバルモリの毛先のカールが潰れてしまわないよう、顔周りだけ見せます。重く見えないようにワックスやジェルなどの整髪料をつけて、毛束感を強調するのもお洒落のポイントです。

ヘアアクセサリーをプラス

基本的におろした髪型を楽しむタンバルモリは、アクセサリーをポイントに持ってくると、より一層おしゃれ感が増します。

特に去年から今年にかけて流行の兆しがあるターバンとは、バランスが良く好相性です。

女子会やデートなどで、いつもと違うイメージにしたいという気分になったら、ターバンやオシャレな柄のパッチンヘアピンなどを使って、ワンランク上のタンバルモリヘアーに挑戦してみましょう。

アレンジ6:<タンバルモリ+センター分け>

小顔でクールに見せたい時は、タンバルモリをセンター分けしましょう。長さがありすぎると重く見えるので、リップラインで切りそろえることをお勧めします。おでこのAラインが顔を引き締めて小顔にみせることができます。

片側の髪を耳にかけるとセクシーな魅力も生まれます。

小顔効果抜群

センター分けは、モデルの水原希子さんが代表的です。

リップラインに切りそろえたやや短めのタンバルモリの前髪を真ん中で分けることによって生まれるおでこの三角形が、顔をシュッと引き締めます。

クールで、大人っぽい印象になり、小顔効果が期待もできます。

タンバルモリにチャレンジしよう

タンバルモリにチャレンジしたくなった時、失敗なく美容師さんにオーダーを伝える方法を紹介します。

トレンドに敏感な世代は「タンバモリ」を知っていても、タンバルモリを知らない美容師さんも存在します。

オーダー時は、「毛先を重めで、やや前下がり、切りっぱなしのワンレングスボブでお願いします」とお願いしましょう。切りっぱなしは内巻きも外巻きもどちらもお洒落に決まるので、美容師さんに忘れず伝えましょう。

ヘアアレンジを楽しもう

タンバルモリは、毛先に重さがあるので、毛先の巻き方で色々なアレンジを楽しむことが出来ます。

外巻きと内巻きのミックスは動きがあり、快活でオシャレなスタイルになります。

ウエーブにしたり、ふんわり柔らかく巻いた時は、シースルーバングと合わせると、フェミニンで可愛らしいイメージに、前髪なしのセンター分けは、小顔でクールな印象になります。いろいろな雰囲気を楽しみたい人は、タンバルモリに挑戦してみましょう。

関連記事

Related