Search

検索したいワードを入力してください

相性のいい血液型の組み合わせTOP3|兄弟構成組み合わせとは

Small c93989eb 9891 46a0 a7e9 81a20703f55cDJ-asuka
相性占い / 2019年02月21日
相性のいい血液型の組み合わせTOP3|兄弟構成組み合わせとは

血液型から見る性格

化学的根拠がないという人もいますが、血液型によって性格が違っている場合があります。また、血液型によって、相性のいい悪いもあり、組み合わせによっては最高だったり、別の組み合わせでは最低だったりもします。

自分が何型だからこういう性格だと決めている人もいます。ここでは、それぞれの血液型の性格について解説します。

A型

A型の血液型の人は、几帳面な性格で真面目で慎重に物事を進めるという特徴があります。しかし、両親のどちらかがO型の場合、大雑把で大胆な性格をしている場合もあります。

本人がA型の場合、両親がA型かAB型でなければいけません。しかし、両親の血液型がO型とA型またはAB型とO型の場合にもA型になることがあります。その際、血液型上はA型ですが、A型にO型が含まれますのでAO型と言う人もいます。

B型

B型は、マイペースで柔軟な発想を持った性格の血液型です。人見知りが激しいことや他人に流されやすいのも血液型の特徴です。

本人がB型の場合、両親にB型が必要ですが、どちらかがO型という組み合わせもあります。その場合、BO型という人もいますが、O型とB型は血液型の性格で似ている部分もありますので、普通に「B型です」という人が多いです。

O型

O型は、大らかなで気配り上手な性格で、目標を決めたらとことん挑戦するという特徴がありますが、うっかりミスをすることが多いです。

自分がO型の場合の両親の組み合わせは、両親の血液型にAB型がある組み合わせ以外では、全部の両親から生まれる可能性があります。逆に言うと、両親のうちどちらかがAB型という組み合わせからは、O型は生まれてきません。

AB型

AB型は、気分屋気質で天才肌で変わり者が多い血液型です。また、日本人の中で最も少ない血液型がAB型です。本人がAB型の場合、両親の組み合わせはA型とB型・AB型とB型・AB型とA型となります。

相性のいい血液型の組み合わせTOP3

血液型占いに根拠があるのかないのかは定かではありませんが、血液型によっては相性のいい組み合わせがあります。ここでは、相性のいい血液型をランキング形式でTOP3から紹介していきます。

好きな人や会社の同僚などの血液型を知って、自分の血液型と相性がいいのかどうか気になる人は、参考にしてみましょう。

絶対的な確証はないが意外と当たる

血液型がこうだから、絶対にこういう性格とという確証はありませんし、その組み合わせだから絶対にうまくいくという事でもありません。しかし、血液型が違えば、輸血できないこともあるように、それぞれに特徴があります。その特徴で、性格の違いがあっても不思議ではありません。

気になる組み合わせがあれば、あれこれと当たる当たらないを気にせず、参考にする程度にしておけば意外といい結果になる可能性があります。

第3位:AB型とAB型

相性のいい組み合わせの第3位は、AB型とAB型です。どちらも同じAB型ですので、親近感が湧いてきます。また、AB型は、日本人に少ない血液型でもありますので、余計に意気投合する場合もあります。

基本的にどちらも天才気質ですので、この組み合わせで大きなことに挑戦もできますし、誰も考え付かないようなアイデアを出すこともあります。しかし、AB型の特徴として疲れやすいので、その場合は短期決戦がおすすめです。

第2位:A型とA型

相性のいい組み合わせの第2位は、A型とA型です。どちらも几帳面で真面目ですので、お互いに慎重に物事を進めていきます。O型気質が入っているA型の人もいますので、その場合の組み合わせには、大らかな部分や気配り上手な一面がある場合もあります。

第1位:B型とAB型

相性のいい血液型の第1位は、B型とAB型です。どちらにもB型が含まれていますので、マイペースで柔軟な発想を持った組み合わせになりますが、AB型のA型部分からくる几帳面さや真面目さが丁度良いサポート役にまわるので、相性のいい組み合わせであると言えます。

相性の悪い血液型の組み合わせ

相性のいい血液型の組み合わせをご紹介しましたが、逆に相性の悪い血液型の組み合わせはあるのでしょうか。ここでも絶対的な確証はありませんが、相性の悪い血液型の組み合わせをランキング形式で第3位から紹介します。

ちょっとあの人と相性悪いんだけど、もしかしたらという方がいらっしゃいましたら、参考にしてください。

第3位:A型とAB型

相性のいい組み合わせでB型とは相性が良かったAB型ですが、A型との組み合わせの悪さは第3位になります。これは、A型のもつ几帳面さや真面目さが、AB型のもつ天才肌的な部分やB型因子であるマーペースで柔軟な発想についていけないからです。

組み合わせとしては悪い組み合わせですが、お互いに理解する事で良い組み合わせにもなります。

第2位:O型とO型

気配り上手なO型ですが、同じO型同士の組み合わせは、第2位になってしまうほど悪い組み合わせになります。これは、O型の基本的性格でもありますが、男性であれば親分・女性であれば姉御肌というように面倒見がいい反面、トップ争いをしてしまう組み合わせでもあります。

しかし、どちらか一方がサブリーダー的なポジションになることで、相性のいい組み合わせになることもできます。

第1位:O型とAB型

O型とAB型の組み合わせは、血液型というシステムが始まって頃から、ずっとそう伝えられていると言ってもいいくらい悪い組み合わせです。理由ははっきりしませんが、お互いに水と油、犬猿の仲と言ってもいいくらいひどい関係になります。

しかし、ドレッシングでも乳化させれば水と油が混ざりますし、桃太郎では犬と猿が仲良く鬼退治に行っています。お互いに理解し合えることで、良い組み合わせにもなります。

兄弟構成組み合わせとは

血液型と兄弟の組み合わせでの相性の良い悪いはあるのでしょうか。ここでは、カップルの血液型の組み合わせについて見ていきます。カップルの場合、兄弟では何番目でどの血液型同士が相性がいいのでしょうか。

カップルの相性を見る組み合わせ

カップルの相性を見る組合せでは、最近では同性カップルも増えてきていますが、男性と女性では、同じ血液型の同じ兄弟位置だとしても違ってきます。一般的には、男性は血液型をあまり気にせずに血液型の性格を出し、女性は自分の血液型に性格を当てはめる傾向にあります。

ここで紹介するのは、あくまでも血液型と兄弟順番の基本的な性格ですので、絶対ではありませんし、家族構成などでも変ってきます。

第1位はB型末っ子とAB型末っ子

この組み合わせのカップルであれば絶対というわけではありませんが、相性がいいのはB型の末っ子とAB型の末っ子の組み合わせです。どうしてこの組み合わせは相性がいいのでしょうか。第1位のカップルについて、これから説明します。

B型末っ子とAB型末っ子の特徴

B型とAB型の組み合わせが良いのは前述でも説明しましたので、この組み合わせに共通する末っ子の特徴について説明します。

末っ子の場合、一番下ということで、当たり前ですが、上にお兄ちゃんかお姉ちゃんがいます。そのため、どのようにすれば怒られずにすむかなど、周囲の空気を読んだり要領よく生きることが得意です。つまり、相性がいいことに加えて、その性格がプラスアルファされるので、良いカップルになります。

血液型占いはあくまで参考程度に

何度も出ていますが、血液型の性格は絶対ではありません。同じように、血液型占いも絶対ではありません。占いの結果に一喜一憂するのではなく、良い部分は良い悪い部分は悪いと割り切り、参考程度にするようにしましょう。

占いを上手く使って相手と仲良くなろう

占いをうまく使えば、好きな人人との相性を調べることができます。また、会社でも少し嫌な人との相性を調べることで、納得して意外な一面を見つけることもできます。占いはどう転んでも占いですが、話しかける際のきっかけにもなります。ここでのリンクは、そんな相性についての関連記事です。

関連記事

Related

Line@