Search

検索したいワードを入力してください

水戸の定番お土産10選|水戸駅買えるおすすめのお土産5つ

Author nopic icon道信楽
プレゼント / 2019年02月26日
水戸の定番お土産10選|水戸駅買えるおすすめのお土産5つ

水戸市の歴史

水戸市は、平安時代末期から平氏の流れをくむ人物が治め始めました。そして戦国時代は、佐竹氏の所領でした。しかし佐竹氏が徳川への協力を明確にはしなかったので、後に徳川氏の所領になりました。

ちなみに水戸黄門で有名な徳川光圀も、水戸市を治めた人物です。また水戸市は名物や評判の良いお菓子が多い地域であり、そのことについては下の記事で詳しく記載されているので、グルメやお菓子が好きな人は見逃さずにご覧ください。

水戸市の郷土名物・加工品について

水戸市の郷土名物や加工品としては、黄門料理やチーズ関連があります。また黄門料理は、水戸黄門の長寿にあやかれる料理とされています。なので健康が気になる人やただ単に水戸黄門に興味がある人も、おいしく食べられる料理でしょう。

そして水戸市のチーズ関連は何種類かあり、口触りがそれぞれに異なっていて人気です。実は他にも水戸市で販売されているいろいろな梅のお菓子があり、下の記事で紹介しています。

水戸の定番おすすめお土産10選

水戸にはいろいろなお土産が販売されていますが、これからご紹介する10選は外せません。なぜなら定番とされているお土産ですし、味・知名度共に高いためです。

具体的には水戸天狗納豆、水戸の梅、吉原殿中、のし梅、梅さぶれ、木内梅酒、梅香・うめ物語、梅どらやき、水戸藩伝承そぼろ納豆、みやびの梅の10選です。

これらの商品で知らない商品があった人は、下の記事で詳しい解説が見られるのでご覧ください。

おすすめ1:水戸天狗納豆

水戸天狗納豆は、100年以上の歴史があるだけでなく天狗のパッケージが印象的な納豆です。なので100年の歴史を味わいながら、食べると良いでしょう。

それに納豆自体の色や味が異なる、水戸天狗納豆もあります。よって毎回の食卓で、異なる色合いと味の水戸天狗納豆を食べてみるべきです。またご飯と合わせずにそのまま食べることで、水戸天狗納豆の本来の味を堪能するのもおすすめします。

おすすめ2:水戸の梅

水戸の梅とは、あんと梅が味わえるだけでなくシソでくるんだ菓子です。そもそも水戸の梅は、あんの糖分と梅の酸味を絶妙にマッチさせてシソで丁寧にくるんだ商品となっています。

なぜあんと梅が合うのか気になる人は特に、水戸の梅を食べてみてください。そしてシソを一緒に食べるかあんと梅だけで食べるかで、味が変化します。よってお土産として購入しそれぞれの食べ方を試して、水戸の梅を味わい尽くすべきです。

おすすめ3:吉原殿中

吉原殿中は、あられと飴が棒状になっているだけでなくきな粉まで組み合わされた商品です。なので甘いものが好きな人は、お土産としておいしく味わえることでしょう。

それに吉原殿中はあられを飴だけでなく、きな粉でコーティングしているため、その味の深さに驚くのではないでしょうか。また吉原殿中は飴なので、口の中で噛みながら味わうのか舐めながら味わうのかという二種類の食べ方があります。

おすすめ4:のし梅

のし梅とは、梅と寒天のコラボレーションが竹の皮で包まれていることが特徴的な商品です。そもそも竹の皮で包まれているため、のし梅はその外観からして楽しめるお土産となることでしょう。

そして寒天を食べたことがある人は、多いでしょう。ですが梅とコラボしたのし梅なら、新しい寒天の味わいと出会えると言えます。それにのし梅は、寒天を使用しているため軽食にも最適ではないでしょうか。

おすすめ5:梅さぶれ

梅さぶれは、味だけでなく形にも梅の花を取り入れたさぶれです。よってさぶれが好きな人は、お土産として購入する梅さぶれも間違いなくおいしく食べられることでしょう。

それに梅さぶれは外観も梅の花にすることで、味だけでなく見かけにもこだわりが見られる商品に仕上がっています。なので誰かにお菓子を出す際にも、梅さぶれの外観だからこそ自信を持って出せることでしょう。

おすすめ6:木内梅酒

木内梅酒は、日本国内の最大の大会でも一番に選ばれたことがあるほどの梅酒です。それに、海外で賞を獲得したことがあるビールと梅酒の素晴らしいコラボレーションです。なのでお酒が好きな人は、一度はお土産として購入しておかなければならないと言えます。

そして木内梅酒は、質の良い梅の酸味と最高のビールとの組み合わせですので、たとえお酒が好きじゃない人でもおいしく飲めることでしょう。

おすすめ7:梅香・うめ物語

梅香・うめ物語は、個性的なラベルが人気の梅酒です。よってそのラベルが気に入った人は、購入して飾っておくのも良いでしょう。

また梅香・うめ物語のラベルにはいろいろなものが用意されているため、全てコンプリートしてみるのも推奨します。そして梅香・うめ物語はラベルだけでなく、味もおいしいと高い評価をえています。なのでラベルを鑑賞するだけなく、梅香・うめ物語のおいしさも味わってみてください。

おすすめ8:梅どらやき

梅どらやきとは、あんに梅を入れた一味違うどらやきです。このどらやきは、外側のやわらかいどらやきの生地と梅の風味とあんの甘さが魅力です。

そして梅どらやきの生地と梅とあんがどのようにマッチしているかは、あなた自身が食べてみないと確かめられないと言えます。それにどらやきを好きな人は多いので、梅どらやきはお土産としても望ましい商品です。

おすすめ9:水戸藩伝承そぼろ納豆

水戸藩伝承そぼろ納豆は、大根が入っているところが他の納豆と異なります。なので一度も大根と共に納豆を食べたことがない人は、水戸周辺で昔から親しまれている水戸藩伝承そぼろ納豆で味わってみるべきです。

また水戸藩伝承そぼろ納豆は、水戸で販売されている他の納豆とも違います。よって水戸で販売されている他の納豆を食べたことがあっても、水戸藩伝承そぼろ納豆をお土産として購入しておくと損せずに済むでしょう。

おすすめ10:みやびの梅

みやびの梅は、受賞歴もある梅と白あんと蜜を生かしたお菓子です。受賞歴があるほどのお菓子なので、誰が食べたとしてもおいしく感じられ誰に対するお土産にもなると言えます。

それにみやびの梅は、白あんと蜜という甘さに甘さを組み合わせた商品となっています。なので甘党の人も、みやびの梅は確実にやみつきになるお菓子でしょう。

水戸で生まれた学問と維新との関係性が把握可能な本

水戸学と明治維新
水戸学と明治維新
口コミ

本書は、長年、水戸学を研究している著者が、水戸学の内部対立まで含めたその全体像を分かり易く解説した本である。

「水戸学と明治維新」には明治維新の際に思想的な主軸を担った水戸学が、詳細に記載されています。そもそも論の話水戸学自体を知らない人は、この本を入門書とすると良いでしょう。

そして「水戸学と明治維新」では水戸学が具体的に明治維新にどのような影響を与え、どのような関係性にあるかまで言及してあります。よって日本の大転換期とされている明治が、何なのかこの本を読んでこそ把握可能でしょう。

水戸駅でかえるおすすめのお土産5つ

水戸駅を訪れた際におすすめのお土産を5つご紹介します。そしてその5つのお土産とは、わかさぎ佃煮、ほしいも農家の白プリン、雪あかり、水戸藩らーめん、べっ甲ほしいものことです。

この5つはどれも評価が高く、お土産として全て買っておくのも推奨します。またこの5つについてどこがどういう風におすすめのお土産なのか下の記事に記載してあるため、見逃さずにご覧ください。

お土産1:わかさぎ佃煮

わかさぎ佃煮は、新鮮なわかさぎとタレの組み合わせが評判の佃煮です。また佃煮なので日持ちをすることから、お土産にピッタリと言えます。

それにわかさぎや佃煮を食べたことがある人も、水戸のわかさぎ佃煮がどれくらいおいしいか食べ較べてみるのも良いでしょう。そもそも日本人はご飯を主食にしている人が多いため、わかさぎ佃煮であれば贈答用のお土産としても喜ばれ易いのではないでしょうか。

お土産2:ほしいも農家の白プリン

ほしいも農家の白プリンは、最高金賞の受賞歴もある茨城県のほしいもを使ったプリンです。しかもほしいも農家の白プリンを作っている人が、ほしいも自体をトップクラスのおいしさであると発言しています。

なので、ほしいもと白プリンのコラボをおいしく味わえること間違いなしでしょう。それに最高金賞を受賞しているため、お土産に困ったらほしいも農家の白プリンを購入しておくのをおすすめします。

お土産3:雪あかり

雪あかりは、雪あかり用の納豆菌が利用されているほど力が入れられた商品です。そしてテレビで紹介されたこともあり、受賞歴もあります。

よってテレビで紹介された納豆がどれほどのものなのか気になる人は、一度食べておくべきと言えます。それに納豆は長い期間日保ちするので、お土産としても好ましい商品でしょう。また雪あかりは納豆自体が白みがかったきれいな色をしているため、食べる際にはその辺も着目すると良いでしょう。

お土産4:水戸藩らーめん

水戸黄門が食べた際のらーめんを復活させたのが、水戸藩らーめんです。よって水戸黄門や歴史に興味がある人は、それだけで水戸藩らーめんを食べることで満足可能でしょう。

またらーめん自体が好きな人は食べることで、水戸藩らーめんと他の商品との味や外観との違いも較べられると言えます。

お土産5:べっ甲ほしいも

べっ甲ほしいもは、茨城県産の貴重な芋を使用しているだけでなく受賞歴もあるほどの完成度です。また芸能人が紹介したこともあり、このことはべっ甲ほしいものおいしさがメディアでも証明された事例と言えます。

そしてべっ甲ほしいもは、甘さが魅力の商品となっています。よって甘いものが好きな人も、お土産として必ず買っておくべきでしょう。

城下町水戸はおいしいものがたくさん

城下町である水戸には、お土産にもふさわしいおいしいものがいろいろ販売されていることをご紹介してきました。ただそれだけでは、デザートが足りないという人もいるのではないでしょうか。

そこで、東京都内のデザートについて下の記事で紹介しています。また上で紹介したお土産よりも、下で紹介するいろいろなデザートの方がおいしいと感じることもあるのではないでしょうか。なので下の内容も、見逃さないでください。

お土産にぴったり都内のスイーツ店

東京にあるスイーツやチーズケーキのお店をご紹介します。これらは、東京でも選りすぐりのスイーツやチーズケーキのお店です。なので甘いものやスイーツやチーズケーキ自体に目がない人は、一度下のリンクを全てチェックしておくべきです。

それに東京のスイーツやチーズケーキの店を何店舗も知っている人でも知らない店がある可能性があるため、下のリンクを一度は見ておくことを推奨します。

関連記事

Related