Search

検索したいワードを入力してください

失恋の経験が役に立つ瞬間8つ|悲しみを癒す5つの行動

Small d90cc038 a244 4a1d 8f1b 91ab04e4c489w-m
恋の悩み / 2019年02月27日
失恋の経験が役に立つ瞬間8つ|悲しみを癒す5つの行動

失恋の悲しみはそう長くは続かない

誰もが1度は味わったことがある失恋という感情ですが、この失恋という辛い経験をするからこそ人は強くなれ成長するものです。そして失恋回数が多ければ多いほど、失恋をしても立ち直る方法を取得して新たな自分を見つけることができます。

失恋をしたときはとても悲しく、この世の終わりとまで感じることもありますが、その感情はそう長くは続きません。失恋をしてから何をするかで劇的に傷みは回復できます。

悲しみのどん底は今の時期だけ

悲しみを感じることは悪いことではありません。失恋をしたときにはその経験をしっかりと受け止めて悲しみを感じることも必要です。悲しみのどん底はそのときだけであり、日が経つにつれて失恋ということは過去のこととなり、悲しみや傷みは少しずつでも軽減されていきます。

失恋の悲しみは一時的なものであり、絶対に誰しもが乗り越えてその悲しみがなかったことかのように復活できます。

「時間が解決する」は本当!

失恋をしたときに周囲からのアドバイスで「時間が解決する」などといわれますが、これは本当です。失恋をしたとしても、その悲しみは時間とともに癒されていき、必ずそんなこともあったなと思えるときがきます。その立ち直るまでの時間の長さは人により異なりますし、相手にもより異なります。

しかし、時間は刻々と進んでいきます。自分だけが時間が止まるということはありえません。

長い人生の一つの思い出になる

恋愛をして失敗することに恐れて恋愛をしないなんてことはありえません。失敗をして人は強くなり学んでいくものです。失恋をするととてもそのときはとても悲しく思い出に感じることはできません。なぜなら、今起きたことはすぐには思い出にならないからです。

しかし、長い人生を考えると、恋愛における失恋という出来事は1つの思い出となる日が必ずきます。決して悪い思い出ということではなく、懐かしく感じることができます。

失恋の経験が役に立つ瞬間8つ

失恋をした経験は、恋愛ばかりに有効ではありません。失恋をした経験はあらゆるところで自分のためになることがとても多いです。失恋をすることで人間関係を構築することがうまくなったと感じることや、知らぬ間に自分自身が強くなっていることもあります。

失恋における成長できるカテゴリーは学校で教えてもらえることではありません。どんなことで成長できているか、役に立っているかをご紹介していきます。

1:人に優しくなれる

失恋をすると傷つくという感情を覚えることができます。些細なことでも感受性が豊かになり、自然と自分の感性を磨かれることがあります。そのため、他人に対しての接し方に気を使えるような優しい人間になれることが多いです。

人に優しくすると自分に対しても優しくしていただける傾向が強いです。

2:人の痛みがわかる人間になれる

失恋をすることにより心に痛みを知ることができるので、同じ境遇にあった人の気持ちを理解することができます。相手の立場にたって物事を考えられるようになることで、本当の意味での人の痛みをわかるようになれます。

痛みなどの感情は自分が同じような経験をしなければ理解しているつもりでも実際の辛さを知ることは難しいです。失恋をすることで他人の辛い感情をわかろうとするように努力するようになります。

3:素敵な思い出が一つ増えた

失恋をしてから長らくすると苦い思い出であった悲しい過去も素敵な思い出にかわるときがきます。あの失恋を乗り越えられたからこそ今の自分があると自分自身の成長を感じることもできます。

辛いおもいをした分だけ成長も大きくできるので、過去の恋愛も良き思い出と必ず感じられるときがきます。

4:本気で人を好きになれる自分に気付けた

失恋をしたにも関わらず悲しくないと感じるときは、それほど相手を好きでなかったということになります。失恋をして悲しいということは、それだけ本気で誰かを好きになることができたという証です。誰かを本気で愛せるということはとても幸せなことです。

誰かを本気で愛せることを知ることは本当に誰かを好きになれないと気づけないことです。

5:自分の時間が作れる

失恋をすることで何もかもを見直すチャンスでもあります。今まで相手との時間がとても多い生活であった場合、自分の時間を取れることでまた新たな自分を探すことができます。

自分の時間をいかに有意義な時間にするかは自分次第です。趣味に没頭するもよし、友達などとお出かけすることもよし、時間の使い方によっては大きく視野が広まります。

6:友達や家族との時間が増える

失恋をすることで恋人と過ごしていた時間を家族や友達と過ごすことができるようになります。失恋後の家族や友達との時間はとてもありがたく、本来の友達の大切さや家族のありがたみを感じられます。

失恋をしたときはどうしても心が弱っているため、1人でいることがとても寂しく感じます。そんなときには、友達が支えてくれると友達との絆がより深まること間違いなしです。失恋で得ることはとても大きいです。

7:また素敵な新しい恋ができる

失恋とは恋が終わってしまったことを意味しますが、恋が終わってしまったということは新たな恋をできるということでもあります。性格の不一致やあらゆる理由で恋人と別れてしまったり、好きな人にふられてしまうこともありますが、恋愛に対しては前向きに次の恋に進みましょう。

新たな恋愛に踏み出すことで前回よりもすてきな出会いをえられる可能性もあります。

8:本当の運命の人に一歩近づけた

運命の人を信じるかどうかは人それぞれですが、失恋をしたということはその相手が運命の人ではなかったという可能性が非常に強いです。そうすると、本当の運命の人に出会うためのお別れであったと考えますと悲しいばかりの失恋ではないと感じることもあります。

初めての恋愛が運命の人であるにこしたことはないですが、何度も恋愛を重ねることにより恋愛以外における自分自身の成長に繋がること間違いなしです。

誰かと話したいときにおすすめのサービスはこちら

失恋をすると人生のどん底に感じることがあります。外出することも億劫になり友達ともあいたくないとおもうこともありますが、そんなときにおすすめが「電話占い ヴェルニ」です。自分のことを知らない方とであればお話することも抵抗がなくなり、自然と何でも話せることがあります。

失恋したばかりのときこそ電話占いを利用してみましょう。面白く感じられることや新たな発見もある可能性があります。

失恋の悲しみを癒す5つの行動

失恋の痛みは人により、相手により痛み方や痛みの度合いが異なります。しかし、失恋の痛みは癒す方法があるので、ぜひともトライしてみてください。何もせずに時間を過ごすだけでも失恋の痛みは自然と和らいでいくものですが、少しでも楽になりたい方に必見です。

失恋の悲しみを癒せるのは自分のみです。自分の行動次第でいくらでも楽になる方法はあります。自分にあった癒せる行動をみつけてできるだけ早く立ち直ってください。

その1:思いっきり声をあげて泣く

悲しいときには悲しみを受け止めて思いっきり泣いてみることも楽になる方法の1つです。声を出して思いっきり泣くことは大人になるにつれて機会がなくなりがちですが、失恋したときには泣くことを我慢する必要はありません。泣きたい気分のときは素直に泣くことも悪いことではありません。

恥ずかしさとかは全て捨てて気持ちのままに行動に示してみましょう。自分の気持ちに抵抗した行動をとるとしんどくなることがあります。

その2:親友や家族に心の内を打ち明ける

自分の辛い話を恥ずかしいと感じて失恋した事を友達や家族にすら打ち明けられない事があります。しかし、自分1人で悩まずに悲しい事も友達や家族に打ち明けるとすっきりすることがあります。近しい友達や家族だからこそ辛い気持ちを一緒に分かち合ってくれるものです。

そして話せば話すほど、辛い気持ちも過去へとかわっていくので気持ちが楽になる事が多いです。気持ちの整理をする為にも誰かに話を聞いてもらう事も重要です。

その3:現状の仕事に打ち込んでみる

失恋の痛みを忘れるためには仕事に没頭することも1つの方法です。何もしないで暇を作ってしまうとどうしてこうなってしまったのかなどと考え込んでしまうことがあります。しかし、悩む暇もなく仕事に打ち込むと悲しい気持ちも知らぬ間に消えてしまっていることがあります。

仕事に打ち込むことで今まで以上に仕事へのやりがいを感じたり、仕事で成果をあげることにより昇進などを勝ち取れる可能性もあります。

その4:スポーツをして体を動かす

スポーツなどをして体を動かすことで失恋の悲しみが柔らですっきりすることがあります。体を動かして汗を流すととても気持ちがよく爽快な気分になれます。適度な運動は体にもよいですし、一石二鳥です。

今までスポーツをあまりしていなかった人には新たな趣味を見つけられるチャンスでもあります。始めは無理をせずに軽めのウォーキングやランニングから始めてみましょう。まずは運動用グッズを集めて楽しんで取り組みましょう。

その5:気分転換に遠出してみる

失恋をしたときには一人旅をすることもおすすめです。行ったことがない場所に行くととても新鮮で今まで見たことのない世界を見ることで、自分が悩んでいた問題なんてとても小さく感じられることで気持ちが楽になることもあります。

旅行が好きな方には思い切ってヨーロッパや海外旅行に出かけてみてはいかがですか。新たな出会いもある可能性があります。まだまだ、先は長いので暗い気持ちでくすぶっていてはもったいないです。

失恋は新しい恋に出会えるチャンス

失恋についてのご紹介はいかがでしたか。失恋は悲しい辛いなどネガティブな印象が強いですが、見方を変えると新たな人生への第一歩でもあります。恋愛についても次への恋へのチャンスとみる事もできて、前回よりももっとすてきな恋をできる可能性だってあります。

辛い気持ちは長くは続かないため明るい未来しかありません。自分の気持ちと考え方次第でいくらでも楽しい人生を歩む事ができます。うまく失恋を活かしてみましょう。

早く立ち直ってポジティブに考えよう

失恋に打ち勝つためにはとにかく前向きに考えることです。ネガティブに考えていると立ち直りも遅くなりがちです。早く立ち直って楽しい人生を送るために努力してみましょう。「ピンチはチャンス」というように、失恋という試練をどう活かすかは自分次第です。

辛いときでも前向きになれる考え方を構築できたらあとは無敵です。失恋でさらに異性にもてる自分を作り上げる可能性があります。