Search

検索したいワードを入力してください

アーモンドプードルのお菓子レシピ20|代用できるもの3種

Author nopic iconおたまとーん
レシピ / 2019年01月30日
アーモンドプードルのお菓子レシピ20|代用できるもの3種

お菓子のレシピに出てくるアーモンドプードルとは

バレンタインやクリスマスなどのほか、普段からお菓子作りを楽しむ人も多いでしょう。特に焼き菓子ではアーモンドプードルを使用するレシピが多いです。今回は、アーモンドプードルのお菓子レシピや代用できるものを紹介していきます。

では、アーモンドプードルとは一体なんなのでしょうか。以下でアーモンドプードルの特徴を説明しますので、アーモンドプードルの知識を深めてみましょう。

アーモンドプードルとアーモンドパウダーの違い

お菓子のレシピによっては、アーモンドプードルではなくアーモンドパウダーと書かれてものもあります。レシピをよく見るとそこまで違いはなさそうですが、なぜ違う書き方をするのでしょうか。

そもそもアーモンドプードルとは、フランス語でアーモンドの粉という意味です。また、アーモンドパウダーは英語でアーモンドの粉を意味します。つまり、アーモンドプードルとアーモンドパウダーは全く同じものということになります。

お菓子レシピでアーモンドプードルを使う理由

同じ種類のお菓子レシピでも、アーモンドプードルを使うものと使わないものがあります。実はアーモンドプードルを使わなくても焼き菓子作りは可能です。しかし、アーモンドプードルを使うことでコクがプラスされ、おいしく仕上がります。

クッキーなどはサクサクに、ケーキなどはしっとりと焼き上げることができます。アーモンドプードルを使うと風味も食感もアップするため、おいしいお菓子作りには欠かせません。

アーモンドプードルを使ったお菓子レシピ20

ここからは、アーモンドプードルを使ったお菓子レシピを紹介していきます。アーモンドプードルを使うと焼き菓子がおいしく仕上がります。しかし、アーモンドプードルを使っていないレシピでアーモンドプードルをプラスすると、分量オーバーになりうまく作れません。

そのため、もともとアーモンドプードルを使っているレシピを活用するのがおすすめです。以下でアーモンドプードルを使ったさまざまなお菓子レシピを挙げてみました。

1:バタークッキー

アーモンドプードルを使ったお菓子レシピの1つ目は、「バタークッキー」です。このレシピは、バターをふんだんに使った風味豊かなクッキーの作り方を紹介しています。生地を一度冷凍させることで生地が扱いやすくなります。

Blockquote firstBlockquote second

バター(無塩) 100g
グラニュー糖 50~80g
卵黄 1個
アーモンドプードル 50g
塩 1つまみ
バニラオイル 数滴
薄力粉 100g
グラニュー糖 適量
1.常温でやわらかくしたバターに、砂糖・卵黄・アーモンドプードル・塩・バニラオイルの順で加えて、そのつど良く混ぜる。
2.最後に薄力粉を入れたら、粉っけがなくなるまで混ぜてひとまとめに。焼くと少し広がるので、細めの麵棒みたいな形状に成形してラップで飴みたいにきっちり包む。

この状態で一晩冷凍させる。

3.オーブンを170度で余熱。

冷凍庫から出したクッキーを少し(10分位)常温に置いて、周りに水分が付いてきたらグラニュー糖をたっぷりまぶしつける。形を崩さないよう時々回しながら8ミリ程の厚さに切って、間隔をあけた天板にならべ15分ほど焼いたらできあがり。

2:小豆クッキー

アーモンドプードルを使ったお菓子レシピの2つ目は、「小豆クッキー」です。このレシピは、玄米粉やあんこを使った和風クッキーの作り方を紹介しています。お菓子を緑茶などでいただく際におすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

薄力粉 60g
玄米粉 20g
三温糖 40g
あんこ 50g
無塩バター 60g
塩 1つまみ
アーモンドプードル 20g
1.バターを常温に戻します。
(レンジで柔らかくしても良いです)
2.ボウルにバターと砂糖を入れ、白っぽくなるまで混ぜます。
3.あんこを加え混ぜます。
4.砂糖と薄力粉、玄米粉、アーモンドプードルを一緒にふるいにかけ、ボウルに入れます。
5.つやが出るまで混ぜ、ラップに包み、30分程度冷凍庫で休ませます。
6.均等な大きさにカットし成型します。
7.クッキングシートを敷いた天板に並べ、170度のオーブンで18分程度焼き上げます。

3:スノーボール&ココアボールクッキー

アーモンドプードルを使ったお菓子レシピの3つ目は、「スノーボール&ココアボールクッキー」です。このレシピは、2種類のスノーボールクッキーの作り方を紹介しています。プレゼントはもちろん、パーティーメニューのお菓子としてもおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

バター  110g
砂糖  40g
小麦粉  150g
アーモンドプードル  80g
バニラエッセンス  少々
マーブルチョコレート(またはアポロチョコレート) 適量
粉糖 適量
ココアパウダー 大さじ2
ココアパウダー(仕上げ用) 適量
1.□■*:;;;:*□■*下準備□■*:;;;:*□■
・バターは室温でやわらかくしておく
・小麦粉とアーモンドプードルは計量し、ふるっておく
・オーブンを160度に温めておく
2.バターと砂糖を泡立て器で、白っぽくなるまでよく混ぜる。
3.2に、バニラエッセンス、ふるった小麦粉、アーモンドプードルを加え、ゴムべらでさっくりと混ぜ、生地をふたつに分ける。
4.分けた生地の、一方にはココア(大さじ2)を加え、それぞれ粉っぽさがなくなるまで、手でまぜて、全体をひとつにまとめる。
5.ココアの入った生地はひとくちサイズのボール状にまるめる。
白い方の生地には、中にマーブルチョコを入れながら、同じように丸める。
6.天板にオーブンシートをひき、5をのせ、160度に温めたオーブンで約20分焼く。
しっかりと冷めたら仕上げに、白い方には、粉糖をたっぷりとかけ、ココアの方には、ココアと粉糖を混ぜたものをたっぷりとかければ、できあがり。

4:肉球クッキー

アーモンドプードルを使ったお菓子レシピの4つ目は、「肉球クッキー」です。このレシピは、ココアとプレーンの可愛らしいクッキーなので、プレゼントにもおすすめのメニューです。ポリ袋を使うため、洗い物を少なくできるところもおすすめのポイントです。

Blockquote firstBlockquote second

☆薄力粉 45g
☆微粒グラニュー糖 12g
☆無塩バター 20g
☆卵 3.5g
★薄力粉 28g
★ココア 4.5
★微粒グラニュー糖 15g
★アーモンドプードル 2.5
★無塩バター 20g
★卵 3g
1.☆がプレーン生地、★がココア生地の材料です。バターをそれぞれ1〜1.5センチ角にカットして冷蔵庫に入れておきます。
2.プレーン、ココア、それぞれの粉類をボウルに入れて、泡立て器でふんわり混ぜておきます。
3.プレーン生地から作ります。フードプロセッサーで☆の材料を数秒間撹拌します。
4.ポリ袋に入れて手でもみながら丸くまとめて冷蔵庫で数分休ませます。
5.ココア生地も同様に、フードプロセッサーで★の材料を数秒間撹拌し、ポリ袋に入れてなじませて冷蔵庫に入れておきます。
6.プレーン生地をポリ袋に入れた状態で、ポリ袋の下と縦を切り落とし、ポリ袋で挟みながら麺棒で5mmほどの厚さに伸ばし、型で抜いて、オーブンシートにのせます。
7.ココア生地も同様にのばして型で抜き、プレーン生地の抜いた部分にココア生地を挿入します。
8.180度に予熱して、160度で20分焼きます。

5:クリームチーズマフィン

アーモンドプードルを使ったお菓子レシピの5つ目は、「クリームチーズマフィン」です。このレシピは、クリームチーズを使ったマフィンの作り方を紹介しています。

スライスアーモンドを使っているため、食感を楽しめるところもポイントです。チーズが好きな人は、60g程度までは増やして作れるため、お好みに合わせて加減してみてください。

Blockquote firstBlockquote second

クリームチーズ 50g
バター 50g
グラニュー糖 50g
卵 1個
牛乳 50cc
☆薄力粉 85g
☆アーモンドプードル 15g
☆BP 2g
アーモンドスライス お好みで
1.ボウルに常温に戻したバターとクリームチーズを入れ練り、砂糖を加えてよく混ぜる。
2.溶いた卵を少しずつ加え、よく混ぜる。
3.牛乳も少しずつ加え、更によく混ぜる。
4.一緒に振るった☆を加え、練らないようにさっくり混ぜる。
5.生地を型に流し入れ、お好みでアーモンドスライスを散らしたら170度のオーブンで25分程焼いて完成♪

6:万能マフィン

アーモンドプードルを使ったお菓子レシピの6つ目は、「万能マフィン」です。このレシピでは、シンプルなマフィンの作り方を紹介しています。

バターは柔らかくしておき、粉類や卵を入れてしっかり混ぜるのがポイントです。手順がしっかりと説明されているため、初めてでも作りやすいレシピではないでしょうか。

Blockquote firstBlockquote second

▲薄力粉  150g
▲アーモンドプードル  40g
▲ベーキングパウダー  6g
バター又はマーガリンでも  120g
グラニュー糖  100g
卵  2個
牛乳  100g
バニラエッセンス  少々
1.⚪︎バターを使う場合は、ほんの数秒レンチンして柔らかくしておく。
⚪︎ 材料を計量しておく
⚪︎ ▲は合わせて振るっておく。
⚪︎適当なタイミングでオーブンを170度に余熱しておく。
2.バターをボールに入れてミキサーで混ぜる。
3.柔らかくなったら砂糖と卵を半ずつくらい入れて回す。
4.分離を防ぐため粉を適当に加えて(大2〜3位)混ぜる。
5.③④と同じ作業を繰り返す。
(残りの砂糖と卵もいれて、粉も入れる…を繰り返す。)
6.牛乳とバニラエッセンスをいれて混ぜる。
7.粉を入れ、今度はゴムベラなどでさっくり混ぜる
8.カップに60gずつスプーンなどで入れて
170度で20分~25分焼く♪
竹串でさして生地がついてこなければ出来上がり♪

7:ブルーベリーマフィン

アーモンドプードルを使ったお菓子レシピの7つ目は、「ブルーベリーマフィン」です。このレシピは、ブルーベリーを使ったフルーティーなマフィンの作り方を紹介しています。生地を入れたカップにブルーベリーを乗せて焼くだけなので簡単に作れるところがポイントです。

Blockquote firstBlockquote second

バター 50g
砂糖 60〜70g
卵 1個
☆薄力粉 75g
☆アーモンドプードル 15g
☆BP 2g
牛乳 50cc
ブルーベリー 20〜30g(20粒前後)
1.常温に戻したバターと砂糖をクリーム状になるまで泡立て器でよく混ぜる。
2.卵を割り入れ更に混ぜる。
3.振るった☆と牛乳を半量ずつ交互に入れ、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
4.型に生地を流し入れ、上にブルーベリーを3個くらいずつ乗せる。
5.170度のオーブンで20〜25分焼いたら完成♪

8:ぞうさんサブレ

アーモンドプードルを使ったお菓子レシピの8つ目は、「ぞうさんサブレ」です。サブレはサクッとした食感が特徴のフランス生まれのお菓子です。

このレシピでは、全粒粉や白ゴマペーストを使ったサブレの作り方を紹介してます。さまざまな型を使って焼いてみてください。

Blockquote firstBlockquote second

アーモンドプードル 100g
全粒粉 大さじ2
塩 一つまみ
メープルシロップ 大さじ2
白ゴマペースト 大さじ1
豆乳 大さじ1
1.ボールに粉類を全て入れ混ぜ合わせる。(ふるわないでも大丈夫です)
2.別のボールに残りの材料を入れしっかり混ぜる。
3.2を1に加え、ゴムベラでざっくり混ぜる。
4.丸めてラップで包み、冷蔵庫で約20分寝かせる。
5.冷蔵庫から取り出し、麺棒で5mm程度に伸ばし、お好みの型(今回は6センチ幅の型を使用)でくり抜く。
6.クッキングシートを敷いた天板にのせ、オーブン180度 ほんわか焼き色がつく位い約15分焼いて出来上がり♪

9:チーズと粗挽きペッパーの米粉サブレ

アーモンドプードルを使ったお菓子レシピの9つ目は、「チーズと粗挽きペッパーの米粉サブレ」です。このレシピは、米粉を使った塩味のあるサブレの作り方を紹介しています。

米粉を使っているため、ほろっとした食感に仕上がるのが特徴です。また、チーズや粗挽き胡椒が入っているため、おつまみにもぴったりのお菓子です。

Blockquote firstBlockquote second

<材料:16~20枚分>
     発酵無塩バター      100g
     グラニュー糖        35g
     卵黄            1個分
     アーモンドプードル     50g
     粉チーズ          45g
     こめこころ米粉(料理製菓用) 100g
     粗挽き胡椒         小さじ1/4~1/2

     <作り方>
     ① 無塩バターにグラニュー糖を加えて、白っぽくなるまでよく混ぜたら
       卵黄を加えて更によく混ぜる。
     ② アーモンドプードルと粉チーズを加えて混ぜてから
       米粉も加えて混ぜ合わせる。好みの量の粗挽き胡椒を混ぜる。
     ③ ひとまとめにして四角い棒状にし、ラップで包んで冷蔵庫で固くなるまで
       30~60分以上休ませる。
       包丁で1cmくらいの厚さに切り、オーブンペーパーを敷いた天板に並べ
       170℃に温めたオーブンで約15分焼く。

     ■ バターは、発酵でないものでもOKです。

10:プルーンのバターサンド2種

アーモンドプードルを使ったお菓子レシピの10個目は、「プルーンのバターサンド2種」です。このレシピでは、サブレ生地と2種類のバタークリームの作り方を紹介しています。

バタークリームは手作りするの難しそうに見えますが、バターと他の材料をホイップするだけなので簡単です。サブレ生地はきび砂糖を使って甘さ控えめにするのがポイントです。

Blockquote firstBlockquote second

プルーンのバターサンド2種(10組)

<サブレ生地>
薄力粉  140g
アーモンドプードル 40g
無塩バター 55g
卵    1こ
きび砂糖 50g
塩   1g(粗い粒のものがおすすめ)

<黒糖バタークリーム>
バター 40g
黒糖  20g

<練乳バタークリーム>
バター 40g
練乳  20g

プルーン 約10粒(紅茶大さじ1をふりかけよくまぶして出来れば1日おく)
sand2.jpg
サブレ生地を作る

オーブンを180度に予熱しておく

1.フードプロセッサーに薄力粉、アーモンドプードル、きび砂糖、塩、バターを
 入れてパルスし、パン粉状になるまでスイッチオン

2.1に卵を入れて更にパルスし、まとまりかけたら2つに分けてラップの上に出し、
 それぞれ10cm四方に四角くまとめる。
 冷蔵庫で30分以上休ませる。

3.休ませた生地を1つずつだし、縦15cm×横20cmくらいの長方形に伸ばし、
 短冊型にカットする。(約10枚分)
 もう一つの生地も同じようにカットする。
 私はラップで挟んで伸ばして切っています。

4.180度に予熱したオーブンで5分焼き、
 色づき始めたら160度に下げてトータル19分位焼く。

バタークリームを作る。

1.バターを柔らかく練り、それぞれ黒糖、練乳を入れて泡立て器でよく混ぜる。

組み立てる

プルーンを1cm弱に、ざく切りにしておく
サブレ生地にバタークリームを絞り、プルーンを並べてはさむ

11:マロンショコラフィナンシェ

アーモンドプードルを使ったお菓子レシピの11個目は、「マロンショコラフィナンシェ」です。このレシピでは、チョコレートやマロンペーストを使ったフィナンシェの作り方を紹介しています。

生地に刻んだマロングラッセも使っているため、生地のマロングラッセの異なる食感を楽しめます。栗好きの人にはたまらないお菓子に仕上がるでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

卵白 80g
チョコレート 20g
マロンペースト 20g
薄力粉 30g
バター 80g
アーモンドプードル 40g
渋皮煮やマロングラッセ お好みで飾り用適量
グラニュー糖 80g
1.バターをお鍋に入れてキツネ色になるまで焦がして粗熱を取ってからクッキングペーパーで漉します。
ボウルに卵白とグラニュー糖をいれホイッパーで白くコシがなくなるまで撹拌します。
2.ふるいにかけた薄力粉とアーモンドプードルを数回に分けて入れてヘラ等で混ぜ合わせ、レンジで溶かしたチョコレートとマロンペーストも数回に分けて加えてむらなく混ぜます。
3.2に焦がしバターを少量ずつ加えて30分ほど生地を休ませておきます。
型に生地を入れて刻んだマロングラッセ(渋皮煮)をかけて型を数回台に落して気泡を抜いたら予熱済みオーブンで170℃20分焼いて出来上がりです。

12:クリスマス リース フィナンシェ

アーモンドプードルを使ったお菓子レシピの12個目は、「クリスマス リース フィナンシェ」です。このレシピでは、ナッツやドライフルーツを使ったリース型のフィナンシェの作り方を紹介しています。ホットケーキミックスを使うため、簡単に作れるところもおすすめのポイントです。

Blockquote firstBlockquote second

バター  80g
バター(型に塗る分) 適量
A卵白 1個
Aグラニュー糖 60g
Bホットケーキミックス・アーモンドプードル 各30g
ドライフルーツ・ナッツ・アラザン・シナモンスティック・スターアニスなど 適量
デコペン(ブラック) 1本
粉砂糖 適量
1.ボールに Aを入れ混ぜ、Bを加えて更によく混ぜる。
2.鍋にバターを入れ焦がしバターを作り、茶こし等で濾しながら1に加えて混ぜる。(焦がしバターは、中火で加熱し茶色に色づいたら火を止める)

3.バターを塗ったエンゼル型に2を流し込み、180℃のオーブンで15分焼く。冷めたら型から取り出す。

4.3にデコペンで チョコレートをかけ、お好みのナッツや、ドライフルーツ、アラザンなどを飾り、最後に粉砂糖をトッピングする。

13:アンコとクリームサンド抹茶フィナンシェ

アーモンドプードルを使ったお菓子レシピの13個目は、「アンコとクリームサンド抹茶フィナンシェ」です。このレシピは、抹茶や生クリームを使ったフィナンシェサンドの作り方を紹介しています。

生地やクリームに抹茶を使っているため、統一感のある味わいなのが特徴です。写真のようにフィナンシェの表面に粉砂糖と抹茶で模様を施すと高級感が出ておしゃれになります。プレゼントにも喜ばれるでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

【ケーキのような餡子とクリームサンドフィナンシェ 約10個分】

≪材料≫
・A薄力粉 50g
・Aアーモンドプードル 60g
・Aグラニュー糖(上白糖OK) 60g
・A抹茶 6g
・バター(マーガリンOK) 60g
・卵 2個

[クリーム・餡子]
・生クリーム 100cc
・砂糖 20g
・抹茶 2g
・餡子 適量

≪手順≫
*下準備*
・材料Aをふるいにかけて混ぜ合わせておきます。
・ボウルに生クリームと砂糖を入れ八分立てにホイップしたら抹茶をふるいながら加え更にホイップし九分立てにしておきます。

①焦がしバターを作ります。
鍋にバターを入れて中火にかけてキツネ色になるまで焦がしていきます。色づいたら直ぐに濡れタオルの上に置き冷まします。
②ボウルに卵を入れホイッパーで撹拌したら下準備した材料Aを加えて優しく混ぜ、①をキッチンペーパーなどで濾しながら入れてゆっくり混ぜ合わせます。
③型の1/3程度に②を入れて180度に予熱済みオーブンで15~20分焼いてケーキクーラー等にのせて冷ましておきます。
④③の上にクリームと餡子を絞り出して合わすように挟んで出来上がりです。

14:焼きドーナツ

アーモンドプードルを使ったお菓子レシピの14個目は、「焼きドーナツ」です。このレシピは、生クリームを使った焼きドーナツの作り方を紹介しています。ドーナツを作るのは難しそうに感じますが、基本的に生地を混ぜて焼くだけなので、簡単に作れます。

写真のようにチョコレートでデコレーションすれば可愛らしいおやつになります。子供と一緒に作るのも良いでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

薄力粉 大さじ7
アーモンドプードル 大さじ2
ベーキングパウダー 小さじ1/4
卵 1個
砂糖 大さじ3
生クリーム(牛乳でも可) 大さじ2+小さじ1
バター(マーガリン) 大さじ2
サラダ油 小さじ2
チョコレート 適量(今回は板チョコ1枚)
デコチョコペン お好きな色のものを
その他デコ用グッズ お好きなものを
1.粉類(薄力粉、アーモンドプードル、BP)を合わせてふるっておく。
バターは湯煎(レンジでも可)で溶かし、サラダ油と合わせる。
オーブンを180℃に予熱する。
2.ボールに卵と砂糖を入れ、少し白っぽくなるまで混ぜたら、生クリームを加えてさらに混ぜる。
3.1で用意した粉類を入れ、ゴムベラで切るようにさっくり混ぜる。粉っぽさがなくなったら、バターとサラダ油を入れ、さっくりと、全体が馴染むように混ぜる。
4.3を型(直径5㎝×12個のシリコンドーナツ型)に入れ、オーブンで10~12分焼く。
焼き終わったら、完全にさましてから、型から外す。
5.チョコレートを刻んで湯煎で溶かしたら、焼きドーナツを箸などで掴み、溶かしたチョコレートの中に浸して、全体をチョコでコーティングする。チョコが固まったら、お好きなデコレーションを施す。

15:米粉焼きドーナツ

アーモンドプードルを使ったお菓子レシピの15個目は、「米粉焼きドーナツ」です。このレシピでは、米粉やココアを使った焼きドーナツの作り方を紹介しています。

バナナを潰して加えているためチョコバナナのような味わいが楽しめるのが特徴です。揚げないドーナツなのでヘルシーなところもおすすめのポイントです。写真は玉型を丸く成形していますが、一般的なドーナツ型にしても作れます。

Blockquote firstBlockquote second

米粉 70g
アーモンドプードル 30g
ココア 4g
ベーキングパウダー 4g
卵 1個
きび砂糖 30g
太白ごま油 20g
豆乳 30g
バナナ 1本(60~70g)
1.オーブンを170度にあたためておく。
米粉、アーモンドプードル、ベーキングパウダー、ココアは合わせてふるっておく。
バナナはフォークなどで潰しておく。
2.卵にきび砂糖をいれてよく混ぜたら、太白ごま油を加えてさらに混ぜる。
バナナと豆乳も加えて混ぜる。
3.粉類を加えて混ぜる。
型にいれる。ポンデリング型でもドーナツ型どちらでもOK.8個分くらいの量あります。
型にいれるときは絞り袋でいれるとキレイにいれられます。
4.170度のオーブンで20分くらい焼く。

16:マカロン

アーモンドプードルを使ったお菓子レシピの16個目は、「マカロン」です。アーモンドプードルを使った代表的なお菓子といえばマカロンを思い浮かべる人も多いでしょう。はじめに粉砂糖と一緒にオーブンで加熱しておくことで、香ばしくなります。

メレンゲ作りは、ハンディーブレンダーを使ってきめ細かくするのがポイントです。お好みの食紅を使って色とりどりのマカロンを作るのもおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

卵白 1個分
砂糖 10グラム
アーモンドプードル 45グラム
粉糖(コンスターチの入ってないもの) 60グラム
1.アーモンドプードルと粉砂糖をバーミックス等を使って細かくして、して、大きいお皿に敷き詰めて、150℃のオーブンで5分。
2.1をオーブンから出して粗熱が取れたら、ふるっておきます。
3.卵白を泡立てて砂糖を加えて、メレンゲを作ります。
お好みのエッセンスや食紅は、ここで加えます。
4.メレンゲに2を入れながら、切るように混ぜます。
5.丸口の絞り袋に入れて、シリコンシートやクッキングペーパーの上に絞り、表面を乾燥させるために1時間くらい放置します。
6.予熱で150℃に温めたオーブンで17分焼いて、冷めたら出来上がり。

17:タルト生地

アーモンドプードルを使ったお菓子レシピの17個目は、「タルト生地」です。このレシピでは、ダイエット用甘味料を使ったタルト生地の作り方を紹介しています。タルト生地はサクサクした食感が決め手なので、アーモンドプードルが欠かせません。卵黄、バターと一緒に混ぜて成形しましょう。

Blockquote firstBlockquote second

アーモンドプードル 150g
バター 50g
ダイエット用甘味料 通常の砂糖30g相当に換算
卵黄 1個
バニラオイル 数滴
溶き卵 適宜
1.常温で柔らかくしたバターと甘味料をすり混ぜる。
2.1に卵黄とバニラオイルを加えて更にすり混ぜる
3.アーモンドプードルを全部入れ、ヘラで混ぜてまとめる
4.ラップで包むか、ジップロックなど保存袋に入れて薄く伸ばし、半日以上冷蔵する
5.焼く時は表面に溶き卵を塗り、190度のオーブンで10分その後160度に下げて更に10分です。
6.焼き上がったら冷ましてから冷蔵庫でしっかり冷やします。

18:シュトーレン

アーモンドプードルを使ったお菓子レシピの18個目は、「シュトーレン」です。シュトーレンはドイツやオランダのお菓子で、クリスマスの定番メニューの1つです。このレシピでは、フルーツミックスをたっぷり使ったシュトーレンの作り方を紹介しています。

シュトーレン作りは発酵や熟成が必要ですが、このレシピでは手順が丁寧に書かれているため、挑戦しやすいのではないでしょうか。

Blockquote firstBlockquote second

リスドォル 200g
アーモンドプードル 20g
生種 (ホシノ丹沢) 30g (15%)
牛乳 50g
フルブラ 大さじ1
卵黄 1個
お砂糖 5g
お塩 3g
よつば発酵バター 65g
うめはらフルーツミックス 100g
よつば発酵バター 100g×2
溶けない粉糖 適量
1.パンケースに粉~お塩までを入れ、パン生地コースでスタート。
2.少しまとまりかけてきたらバターを少しずつ入れ、しっかりまとまったところでフルーツミックスを投入し、完全にひとまとまりになったらスイッチを切る。
3.生地を取り出し、丸めなおしてボウルに入れ2倍に膨らむまで1次発酵。
※室温が低いので、1次発酵終了まで約28時間ぐらいかかりました。
4.1次発酵が終了したら2分割し丸めて10分ベンチタイム。
5.ベンチタイム終了後、楕円形に伸ばし、下になる部分1/3を残して折りたたみクッキングシートを敷いた鉄板に置き、1.5倍に膨らむまで2次発酵。
※生地を仕込んだのが13時半ごろ、1次発酵が終了したのが翌日の17時半ごろ、そして、2次発酵はオーバーナイトで生地を仕込んでから2日後の朝にやっと焼き上げれる状態になりました。
6.220度に予熱したオーブンに入れ、200度に落として約18分焼成。
7.焼成が残り10分ぐらいになったところで、仕上げ用のバター100gを溶かしバットに入れておく。
8.6が焼きあがったらすぐに7の溶かしバターの中に入れ、刷毛で上の部分もバターをたっぷり塗ってから、残りのバター100gも溶かし、じゃぁ~っと上からかけて、ひっくり返したりしながらしっかりとバターを染み込ませる。
9.ラップに溶けない粉糖をたっぷり敷いて、8を載せ、上にもたっぷりと溶けない粉糖をふりかけたらラップで包んで1週間しっかりと熟成させたら出来上がり。

19:しっとり美味しいバナナケーキ

アーモンドプードルを使ったお菓子レシピの19個目は、「しっとり美味しいバナナケーキ」です。このレシピは、バナナや野菜ジュースを使ったしっとりケーキの作り方を紹介しています。

アーモンドプードルは薄力粉150gに対して50gとたっぷり入るため、アーモンドの香ばしさやコクがしっかりと感じられるでしょう。卵や砂糖を使っていないため、カロリーを抑えたい人にもおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

バナナ 大1本(100g前後)
★メープルシロップ 大さじ3
★野菜ジュース 大さじ4
★豆乳 大さじ3
★植物油 大さじ3
アーモンドプードル 50g
薄力粉 150g
ベーキングパウダー 大さじ1(約10g)
1.オーブン 170℃余熱開始
2.ボウルにバナナを入れて潰し、★の材料を加えてよく混ぜる。
3.次にアーモンドプードルを加えてよく混ぜる。
4.混ざったら、併せてふるっておいた薄力粉とベーキングパウダーを加えて、粉っぽさがなくなるまでよく混ぜる。
5.型にシートを敷くかオイルを塗り、生地を流し込んだら、数回空気抜きをする。
6.オーブン170℃25~30分焼いたら完成。
粗熱を取ったら、ラップに包むかビニール袋に入れて保管する。

20:ゼブラチーズケーキ

アーモンドプードルを使ったお菓子レシピの20個目は、「ゼブラチーズケーキ」です。このレシピは、クリームチーズやココアを使ったゼブラ柄のチーズケーキの作り方を紹介しています。サワークリームを使っているため、爽やかな味を楽しめます。

ボトムスにアーモンドプードルを使っていて、さっくりと香ばしく焼き上がるのがポイントです。ゼブラ柄でおしゃれなので、おもてなしのデザートに作ってみてはいかがでしょうか。

Blockquote firstBlockquote second

★無塩バター 28g
★グラニュー糖 18g
★卵 6.7g
★薄力粉 40g
★アーモンドプードル 4g
★塩 ひとつまみ
クリームチーズ 150g
グラニュー糖 60g
塩 ひとつまみ
サワークリーム 125ml
コーンスターチ 大さじ1
卵 1/2個
ココア 5g
ココア生地用グラニュー糖 3g
1.★印の材料でタルト地を作ります。バターを室温に戻し、泡立て器でクリーム状に軽く練り、砂糖を加えて軽く混ぜ合わせ、卵を加えて軽く混ぜます。
2.粉類を別のボウルに入れて泡立て器でふんわり混ぜ合わせます。
3.1に粉類をバサッと入れて、ヘラで切るように混ぜ、粉気が無くなったら広げたラップで挟みます。麺棒で平らにのばし、ケーキ型の底よりも少し大きめに広げて、オーブンシートにひっくり返してのせて、爪楊枝の頭で穴を均等に開けます。
4.160度のオーブンで20分焼き、冷まします。ケーキ型の底をタルトにあてて、タルトの余分なところを切り落とします。型よりも気持内側をナイフの先で軽く何度も引いてカットするのがポイントです。
5.ケーキ型に薄くバターを塗って粉を振り、はたいてからタルトを底に敷き入れます。
6.チーズケーキ生地を作ります。クリームチーズを室温に戻し、泡立て器で柔らかく練り、砂糖を加えてなめらかに混ぜます。
7.塩、サワークリームを加えて混ぜ、さらに生地が緩くなりすぎないように様子を見ながら溶き卵を加えて混ぜます。
8.コーンスターチをふるいにかけながら加えてさっくりと混ぜます。
9.生地の半分弱を別のボウルに移し、ココアをふるい入れ、さらにグラニュー糖を加えて混ぜます。
10.型の下に皿を敷いてその上にココア生地から大さじ2、型の中央から丸く静かに流し入れます。次にプレーン生地を大さじ2、型の中央から静かに流し入れます。これを互いの生地が無くなるまで繰り返します。
11.オーブンを180度に余熱し、天板に熱湯を注ぎます。オーブンに入れ、180〜160度で60分焼きます。
12.オーブンから取り出し、冷ましてから冷蔵庫で一晩寝かし、型から取りだし切り分けます。

上質なアーモンドプードルを使いたい人におすすめ

アーモンドプードル 500g 製造直販
アーモンドプードル 500g 製造直販
口コミ

カップケーキやホットケーキに使いました。 家族が美味しいといってくれて良かったです。 多く入ってとてもいいです。

上質なアーモンドプードルを使いたい人におすすめなのは、みの屋のアーモンドプードルです。このアーモンドプードルは、100%アメリカ産のアーモンドを国内工場で粉砕しています。皮は取り除いているため、真っ白な粉になっているのが特徴です。

レビューでは、「ふるいにかけても残りにくい」「お菓子の風味がよくなった」という声もあり、品質の評価が高いです。たくさん使う人は割安の1kgがおすすめです。

アーモンドプードルの代用になるもの3種

ここからは、アーモンドプードルの代用になるものを紹介しています。お菓子作りをしていて、アーモンドプードルを切らしていた場合、どうしたら良いのでしょうか。実は、アーモンドプードルがなくても代用できる食品があります。

アーモンドプードルの代用として使える食品は、きな粉やすりごま、ナッツ類が一般的です。それぞれどのような特徴があるのかを見てみましょう。

1:きな粉

アーモンドプードルの代用になるものの1つ目は、きな粉です。きな粉は大豆を炒った後に挽いて粉にした食品です。アーモンドプードルと似た粉状で、香ばしさやコクもあります。ただし、アーモンドの風味とは異なるため、仕上がりが変わることは頭に入れておきましょう。

きな粉はアーモンドプードルよりも油分が少ないため、さっくりとした食感に仕上がります。あっさりとした仕上がりにしたいときにおすすめです。

2:すりごま

アーモンドプードルの代用になるものの2つ目は、すりごまです。すりごまはきな粉よりも油分が多いのが特徴です。そのため、アーモンドプードルを使った時のようにさっくりしながらほろっとした食感に仕上がるでしょう。

ごまの種類は白ごまでも黒ごまでも構いません。しっかりとすりつぶして粉状にするのがポイントです。アーモンドプードルの代わりにすりごまを使うと、ごま風味のお菓子に仕上がります。

3:ナッツ類をパウダーにしたもの

アーモンドプードルの代用になるものの3つ目は、ナッツ類のパウダーです。アーモンドプードルはアーモンドをパウダーにした食品ですが、他のナッツをパウダーにしてもお菓子作りに使えます。

ナッツはさまざまな種類があり、ヘーゼルナッツやくるみ、カシューナッツなどをパウダーにしたものが販売されています。分量はアーモンドプードルと同量を使えば良いでしょう。ナッツの種類によってはカロリーや糖質を抑えられます。

アーモンドプードルでお菓子レシピを楽しもう

今回は、アーモンドプードルのお菓子レシピや代用できるものを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。アーモンドプードルはクッキーなどの焼き菓子に使われ、風味やコクをプラスするのにぴったりの材料です。

アーモンドプードルがない場合は、きな粉などでも代用できるため、違った風味を出したい時などにも活用してみてください。今回紹介したレシピを参考に、アーモンドプードルでお菓子作りを楽しみましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

お菓子作りをする際は、材料の分量や手順がしっかり書いてあるレシピを参考にすると良いでしょう。以下のリンクでは、きな粉のレシピやレシピサイトを紹介しています。どのレシピもわかりやすく説明されているため、チャレンジしやすいのではないでしょうか。

今回紹介したアーモンドプードルのお菓子レシピやこれらのリンクを参考に、お菓子作りをもっと楽しんでみてください。

関連記事

Related