Search

検索したいワードを入力してください

恋人に妥協する7つのポイント|絶対に妥協できない4条件

Author nopic iconkumalift
カップル / 2019年01月08日
恋人に妥協する7つのポイント|絶対に妥協できない4条件

妥協とは

恋人に妥協する7つのポイント|絶対に妥協できない4条件

妥協とは、対立した事柄について、お互いが譲り合って一致点を見つけだし、譲歩して合意、解決の形にもっていくことを言います。

意見が違う同士が譲り合って答えを導きだす時に使われる言葉ですが、仕事やプライベートにおいて妥協するということは数多くあります。恋愛でも当然妥協していく部分があるでしょう。

本記事では恋人に妥協する7つのポイント・絶対に妥協できない4条件について紹介していきます。

恋愛に妥協は必要か?

「できる限り自分の理想通りの相手を見つけたい」と考えている方も多いでしょう。しかし、現実は難しく実際恋人に妥協していることはある、という方は多いのではないでしょうか。

妥協というと「仕方なく受け入れた」という意味に聞こえてしまうので、失礼な印象になりますが、人間誰しもパーフェクトな人はいません。恋人との関係で妥協する部分を持って付き合っていることは、ある種当たり前で必要な部分といえるでしょう。

恋人に妥協できる7つのポイント

恋人に妥協する7つのポイント|絶対に妥協できない4条件

恋人に妥協できる部分はどのあたりなのでしょうか。結婚適齢期を過ぎて焦ってくると、「妥協」という二文字が気になってくるでしょう。

人それぞれ妥協できる部分は違いますが、次は恋人に妥協できる7つのポイントについて紹介していきます。

ポイント1:ルックス

恋人に妥協する7つのポイント|絶対に妥協できない4条件

恋人に妥協できるポイントの1つ目はルックスです。恋人は外見より性格がよければと言う意見は多いです。

ルックスにこだわって恋人を選んでも、「美人は三日で飽きる」という言葉があるように美しい容姿の恋人にして、その魅力は三日程度で感じられなくなってしまうことがあります。

はじめからルックスに妥協しておけば見た目で飽きることもなく、精神的に居心地の良い関係としてうまくいきやすいというところもあるでしょう。

ポイント2:収入

恋人に妥協できるポイント2つ目は収入です。恋人に関して収入面は期待せず「自分でどうにかする」と考えている人が多いでしょう。特に、収入においては女性より男性が妥協できるという意見が多い傾向があります。

ただ、結婚まで考えるとなると経済面は長い人生の中で大きく左右される部分なので少し考えるという声も高くなります。最近では共働きを希望する男性も多いです。

ポイント3:性格

恋人に妥協できるポイント3つ目は性格です。誰しも短所となってしまう部分がありますが、見方を変えれば長所としてとらえることができます。

神経質すぎると嫌気がさすことも、見方を変えれば「自分には至らない部分を良く気づいてくれる」と感じる、ということです。

また、「自分にも性格が悪い部分はあるし」と相手にも許容してもらっていることを認識することで相手の性格の悪い部分に気づいても妥協できることがあるでしょう。

ポイント4:ファッションセンス

恋人に妥協できるポイント4つ目はファッションセンスです。初対面ではファッションセンスでルックスに影響してしまうということがありますが、一度好きになってしまえば気にならないという声は多いです。

ファッションセンスがダメな相手でも、自分が服をプレゼントしたりする楽しみが増える、付き合った中で磨いていけばOK、ファッションなどにあまりお金をかけない人のほうが好きという声があります。

ポイント5:趣味

恋人に妥協できるポイント5つ目は趣味です。確かに同じ趣味を共有できればもっと楽しい付き合いができる可能性があるけれど趣味の違いはどうしようもない、そこまで強要する気はない、と妥協ポイントとして挙げている人は多いです。

また、趣味は趣味として恋愛とは切り離して個人の世界で楽しみたい、という人もいるでしょう。なんでも恋人と楽しみたいと思う人もいればプライベート時間として持ちたいという人もいます。

ポイント6:学歴

恋人に妥協できるポイント6つ目は学歴です。高収入・高学歴・高身長の三高は、特に女性にとって相手に求める理想的なポイントと言われていましたが、その中でも高学歴を求めている人は少ないでしょう。

恋人に癒しを求める人が多く、頭が良いかという部分よりも、気遣いができて思いやりがあるかのほうが重要と感じている人が男女共に多いです。

ポイント7:年齢

恋人に妥協できるポイント7つ目は年齢です。好きになったら年齢なんて、という言葉どおり自分の理想は年上の男性だったとしても、いざ縁があった人は年下だった、ということはよくあるでしょう。

性格の相性が良かったりすれば年齢の差なんて関係ないという人は多いです。ただ、恋愛面では妥協できても結婚となると一緒にいれる時間が短い不安などから、あまりにも年齢が離れている場合は無理という声もあがってくるでしょう。

恋人との相性を知りたいあなたにおすすめのサービス

恋人との相性を知りたいあなたにおすすめのサービスとして電話占い『ヴェルニ』を紹介します。妥協して付き合おうか悩んでいるという方、自分の中でどうしても決め手となる答えがでないときは占いをあてにしてみるというのも一つの方法です。

電話占い『ヴェルニ』は400名以上の人気の高い占い師が通話無料で相談できる占いサービスです。朝9時から翌朝5時まで対応しているのでこの機会に利用してみてはいかがでしょうか。

恋愛に妥協してはいけない3条件

恋人に妥協する7つのポイント|絶対に妥協できない4条件

いくつか恋人に妥協できるポイントをあげましたが、逆に妥協してはいけない部分はどのようなところでしょうか。恋愛のこだわりをすて、妥協しすぎてしまうと、つらい恋愛をスタートされることになってしまう可能性があります。


次は恋愛に妥協してはいけない3条件について紹介していきます。恋人は欲しいけれど恋愛に失敗したくないという方は妥協してはいけない部分はしっかりと持っておきましょう。

条件1:DV

恋愛に妥協してはいけない条件1としてDVがあります。人間慣れていくという部分があるので、DVの人と付き合っていく中で感覚が麻痺していきます。

暴力・暴言を受けても、一瞬優しくされれば「この人は優しいところもある、たまたま機嫌が悪かっただけだ」と信じてしまったり、DVを受けないために我慢するのが当たり前になってしまうでしょう。結果的に大きな怪我をしたり、精神的に病んでしまうところまで追い込まれます。

条件2:礼儀

恋愛に妥協してはいけない条件3として礼儀があります。子供のときは許されてきても、大人になったら必須となるのが礼儀です。

礼儀知らずな人は何かと上から目線であったり、相手の立場を考えず物を言ったりするので失礼な気分にさせられます。

恋人関係であっても礼儀は必要です。礼儀のなってない相手と付き合うと失礼な対応をとられたりします。注意しても通じないことが多くストレスがたまり別れを意識することになるでしょう。

条件3:一般常識

恋愛に妥協してはいけない条件4として一般常識があります。基本的に一般常識とは、生活する上での基本の行動・冠婚葬祭・挨拶・食事のマナー・漢字の読み書き、他人に迷惑をかけない行動をとれるか、などでしょう。

一般常識が欠けた相手と交際すると一緒にいて恥ずかしいことになります。付き合っていくうちに直してくれる筈と期待しても、親や育った環境を否定されたと怒り出したり、聞き入れてもらえない傾向が強い部分です。

恋愛には妥協も大事

恋人に妥協する7つのポイント|絶対に妥協できない4条件

結婚を視野にいれて恋愛関係を築くときは、収入面や性格の相性、もう少し慎重になったほうが良いという部分もありますが、恋愛を楽しむという入り口の部分でこだわりを持ちすぎて相手を選別するのは、いつまでたっても恋人ができない結果が生まれてしまいます。

自分自身の成長において考えてみても相手を受け入れる寛容さを育てるという意味では、恋愛で妥協する部分を持つというのも大事なことになるでしょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

結婚を視野にいれた恋愛をスタートさせたいと考えている方は『結婚相手に妥協できる/できない条件10コ・妥協して後悔した点』という記事を参考に結婚相手に対する妥協点を考えてみてください。

負けず嫌いで頑固な人は喧嘩別れが多い傾向があります。そんな方には『負けず嫌いな人の8の特徴|負けず嫌い診断・3つの対処方法』という記事もおすすめです。よい恋愛をスタートさせるためにもぜひチェックしてみてください。

関連記事

Related