Search

検索したいワードを入力してください

「50度洗い」の正しい方法|食材をおいしく保存しよう

Author nopic icon24773
レシピ / 2019年01月31日
「50度洗い」の正しい方法|食材をおいしく保存しよう

50度洗いとは

「50度洗い」の正しい方法|食材をおいしく保存しよう

「50度洗い」とは、近年発明された食材の調理方法です。名前のとおり、約50度のお湯で食材を洗う事を「50度洗い」と言います。スチーミング料理技術研究会代表の平山一政さんという方によって開発されました。最近料理好きの方の間でも注目となっている調理方法です。

50度洗いのすごいところ

50度洗いの利点はさまざまにあります。第一に挙げられるのは、食材の鮮度が保てる点です。傷みやすい食材の代表格である葉物野菜も、50度洗いをするだけで鮮度を比較的長く保つ事が可能になります。

鮮度を保つほかにも、雑菌繁殖を防ぐ・残留農薬を落とせる・水で洗うよりも効果が大きいなどの利点があります。さらにお湯だけで実践できると言う簡単さが、50度洗いの大きなポイントと言えるでしょう。

50度洗いに適した食材

50度洗いは基本的に、どのような食材にもマッチングする調理法です。食材本来の味を引き出す力を持っており、野菜などに適用される場合をよく見かけますが、生鮮食品のほとんどには適用できると言っても過言ではないでしょう。お湯につけて崩れたり成分が溶け出したりなどが無い食材であれば、問題ありません。

野菜・果物

野菜や果物などの植物系の生鮮食品は、鮮度やみずみずしさ、色合いなどが重要です。50度洗いは野菜や果物が持つ水分吸収能力を活性化する能力があるので、おいしさや彩を保つにはぴったりの調理法です。

一説によれば、50度洗いは野菜や果物のアクを落として旨みをアップさせる効果もあると言われています。50度洗いはメリットがとても多い調理法と言えるでしょう。

お肉・お魚

「50度洗い」の正しい方法|食材をおいしく保存しよう

50度洗いはお肉やお魚などのナマモノにも適用できます。表面の酸化した脂を落とす・加熱した時に火が入りやすい・身の縮みが起きにくいなどの効果があり、有用と言えるでしょう。

たんぱく質である事から加熱されるのではないかと言う意見もありますが、50度程度の温度であればその心配はありません。またお肉やお魚だけでなく、アサリなどの貝類にも適用できるので、気になる方はぜひ試してみてください。

50度洗いの方法

「50度洗い」の正しい方法|食材をおいしく保存しよう

ここからは実際に、50度洗いの行い方について紹介していきます。お湯の作り方や食材の荒い方など、50度洗いの際に気を付けておきたい注意点などについても同時に見ていきましょう。

お湯の作り方

50度のお湯を作る際は、沸騰したお湯と同同量のお湯を用意してください。沸騰したお湯と同量の水を混ぜれば約50度のお湯をつくる事が可能です。50度洗いのお湯は48度から52度ほどのお湯が最適と言われているので、正確につくりたい場合は温度計を用意し、適温になるよう調節していきましょう。

料理とは関係ありませんが、この方法は白湯を作る際も役立てられます。白湯を飲む事が多い方は、覚えておくと便利でしょう。

洗うときの注意点

50度洗いで食材を洗う場合、注意すべきポイントはその温度です。温度が低すぎると食材の雑菌が繁殖する要因になり、また温度が高すぎるとたんぱく質を含む食材は加熱されてしまいます。

適切な温度である50度付近を保つために、温度計などによってこまめな温度管理をおこなう事が求められるでしょう。また、洗った後はキッチンペーパーなどでしっかりと水気を切って下さい。水分が残ると腐りや変色の原因になってしまいます。

「食材別」50度洗いの適切な時間

「50度洗い」の正しい方法|食材をおいしく保存しよう

50度洗いのお湯の作り方や注意点などについて紹介していきました。次に、食材ごとの洗う時間について紹介していきます。食材によって成分や形が違うので、洗う時間が異なる事に注意してください。洗い過ぎによる鮮度悪化を防ぐために、洗う時間はどれぐらいが天季節なのかについても覚えていきましょう。

野菜

野菜を50度洗いする際は、野菜の厚さに注意して時間を測る必要があります。ホウレンソウや小松菜・水菜・ハーブ・スプラウトなどの葉物野菜・薄い食材は、20~30秒ほどを目安にしましょう。

またアスパラガスやブロッコリーなどの比較的厚みのある野菜は、2~3分ほど時間を使って洗ってください。時間が適切でないと、50度洗いの効果が出なかったり水分を含み過ぎてべちゃっとなってしまうので、注意しましょう。

果物

「50度洗い」の正しい方法|食材をおいしく保存しよう

果物の50度洗いは約2~3分が目安です。洗った後に冷水で実を引き締めるとなおよいでしょう。その中でもバナナは比較的長時間お湯の中につけておくと良いと言われています。甘みをさらに引き出す効果の他に、シュガースポットを出しにくいと言う利点があります。

柑橘類は皮を食べる場合であれば、念入りに洗うと良いでしょう。基本的にどの果物も洗浄可能ですが、皮の薄い桃は50度洗いに向いていないので気を付けてください。

お魚

お魚の50度洗いをする際の時間の目安は約2~3分です。一尾を丸ごと洗う際は、内臓や鱗などの処理をしてから行うようにしましょう。刺身であれば1~2分が目安です。50度洗いをすると表面が白くなることがありますが、鮮度には問題ないので心配しないでください。アサリやホタテなどの貝類を洗う際は、2~3分が目安で、洗った後は冷水で引き締めてください。

お肉

お肉を50度洗いする時間の目安は約4~5分です。鶏・豚・牛肉ともに同じ洗い時間で構いません。しかし薄切りやひき肉などの火がとおりやすいものは50度洗いに向いていないので、注意してください。表面を優しくこすって洗い、酸化した脂などを落とせば、健康にも良くおいしいお肉になるでしょう。

50度洗いを手助けするアイテム

ドリテック お知らせアラーム付 クッキング温度計
ドリテック お知らせアラーム付 クッキング温度計

温度を適切に保ち、野菜やお肉などの食材を洗う場合は温度計が必須です。加えて、両手が塞がっている中で温度確認しやすいよう、音などで温度を確認できるようなアイテムが良いでしょう。

ドリテックの温度計は、温度の変化をアラームでお知らせしてくれる優れものです。一定温度を保つためのシステムが組まれており、50度洗いの際には重宝されるでしょう。

50度につけておける食材

「50度洗い」の正しい方法|食材をおいしく保存しよう

50度洗いは食材の鮮度や色を保つのに最適な方法である事を紹介していきました。生鮮食材の多くが50度洗いを適用する事ができ、さらに旨みや甘みをアップさせる効果もあるので、料理好きの方にはぜひ挑戦してほしい調理法です。

肉・魚・青果の他にも、キノコなどの菌類・栗・ソーセージなどの食材にも50度洗いは適用できます。皮が薄く弱い食材以外の生鮮食品は、大体使用できると言っても過言ではありません。

卵の50度洗い

ナマモノの代表格とも言われる卵も、50度洗いで洗浄できます。約15分ほど50度のお結いつけておくことで、黄身の色が濃厚になる・調理した時にふっくらとした仕上がりになるなどの利点があります。いつもより卵の味を堪能したいと言う方は、50度洗いで卵の質を上げてみましょう。

いつもの料理がさらにおいしく

「50度洗い」の正しい方法|食材をおいしく保存しよう

今回は50度洗いの利点や食材ごとの50度洗いの方法について紹介していきました。調理前の一工夫で、食材が何倍も美味しくなる事を理解していただけたでしょうか。

料理の時間に余裕のある時は、一度試してみてはいかがでしょうか。食材の鮮度を保ち、長期保存を実現するために、50度洗いの調理法をぜひ実践してみてください。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

今回は50度洗いの方法について紹介していきましたが、料理好きの方は料理の方法だけでなく、調理環境の改善方法などについても覚えておくと良いでしょう。特に煩雑化しやすい冷蔵庫の中は、改善の余地がある家庭も多いはずです。

料理をさらに楽しくするために、冷蔵庫の中の整理整頓についても学んでみてはいかがでしょうか。冷蔵庫の整理整頓について気になると言う方は、下記のページよりその方法について学んでみてください。

関連記事

Related