Search

検索したいワードを入力してください

髪を梳くメリットとデメリット8つ|梳く時に気を付けること

Author nopic icontmm
ヘアスタイル / 2018年12月19日
髪を梳くメリットとデメリット8つ|梳く時に気を付けること

髪を梳くとは

髪を梳くメリットとデメリット8つ|梳く時に気を付けること

髪を梳いたことはありますか。髪の量が多いときに美容院で髪を梳いてもらった事があるという人も多いのではないでしょうか。この記事では、髪を梳くことのメリットとデメリットや髪を梳くときに気をつけることについて詳しく紹介していきます。

髪を梳くことのメリットやデメリットをきちんと理解できていますか。まずは髪を梳くという言葉の「梳く」の読み方や意味を考えていきましょう。

梳くの読み方

髪を梳くメリットとデメリット8つ|梳く時に気を付けること

「梳く」は「すく」と読みます。頻繁に見ることのない「梳」という漢字について学んでいきましょう。

「梳」はその他に「梳る」と書いて「くしけずる」「けずる」、「梳」と書いて「くし」と読みます。「梳き油」「梳き髪」といった使い方をし、主に髪をすく、髪をとくという意味を含んで使われます。

梳くの意味

「梳く」は「櫛(くし)などで髪をとかす」「理髪の技術の一。はさみなどで髪の量を少なくする」という2つの意味を持ちます。ここでは後者の「髪の量を少なくする」という意味となります。

「梳く」で使われる漢字「梳」は「くし」と読むことからも髪に関することで使われる言葉ということをイメージで覚えておきましょう。漢字が難しくて読めない場合も意味や文の流れで理解できるようになりましょう。

髪を梳くメリット4つ

髪を梳くメリットとデメリット8つ|梳く時に気を付けること

髪を梳くメリットを確認していきましょう。4つ紹介していくので髪を梳くことを悩んでいる人は、メリットを読んで挑戦してみてはいかがでしょうか。

髪を梳くことで髪の量が減り、軽やかになります。そういった人は明るさや透明感があり、周りの人に受ける印象も良いです。雰囲気を変えられる髪を梳くということをポジティブに考えていきましょう。

1:髪が軽くなる

1つ目の髪を梳くメリットは「髪が軽くなる」です。髪を梳くことで髪の量を減らすことができ、髪が軽くなります。

髪の量が多く重たいと見た目の印象も暗く感じてしまったり透明感がなかったりして、マイナスな印象を与えることが多いです。髪を伸ばしている人も印象を明るく軽やかに見せるためにも定期的に髪を梳くことをおすすめします。

2:髪が流しやすい

2つ目の髪を梳くメリットは「髪が流しやすい」です。梳いた髪は軽いため、髪を下ろしたときに、きれいに見えます。

しっかりとくしでといて髪の流れを良くしましょう。ストレートにまっすぐ下におろしたり片耳にかけたりして梳いた髪のヘアスタイルがおすすめです。ブローをしっかりしてきれいな髪を保ちましょう。

3:洗う・乾かすが楽になる

髪を梳くメリットとデメリット8つ|梳く時に気を付けること

3つ目の髪を梳くメリットは「洗う・乾かすが楽になる」です。髪をすいて髪の量が少なくなると、シャンプーで髪を洗うのもドライヤーで、髪を乾かすのも楽です。

髪の長さを短くしてシャンプーやドライヤーが速く終わるようになったと感じた経験のある人多いことでしょう。これと同じで髪を梳くことで髪の量が減るため毎日の髪のケアの時間が短くて済みます。

4:見た目のボリュームも軽くなる

4つ目の髪を梳くメリットは「見た目のボリュームも軽くなる」です。髪の量が少ないことでボリュームが軽くなり、透明感のある印象をつけることができます。

反対に髪のボリュームが多すぎると印象も暗く見えてしまいます。また清潔感を感じず、相手に悪い印象を与えてしまうこともあります。自分の印象を良くするためにも髪を定期的にすくことは重要です。

髪を梳くデメリット4つ

髪を梳くメリットとデメリット8つ|梳く時に気を付けること

続いて髪を梳くデメリットを確認していきましょう。髪を梳くメリットがある反面、デメリットもあります。

髪を梳くということは髪の量が少なくなるということのため、髪の量が多いときにできていたヘアスタイルができなくなることがあります。また重みがあることで醸し出せる髪の重厚感やツヤ感は、髪を梳くことで失ってしまうものの1つです。

1:傷みやすくなる

1つ目の髪を梳くデメリットは「傷みやすくなる」です。髪を梳くことで髪の受けるダメージが大きくなり、傷みやすくなってしまいます。

髪を梳くことで髪の量が少なくなるため、内側の方の髪まで外気に触れる機会が増えてしまいます。そのため1本1本にホコリやゴミが付きやすきくなるので、髪が傷むのも早くなってしまう傾向にあります。

2:髪がハネやすい

2つ目の髪を梳くデメリットは「髪がハネやすい」です。髪を梳くことで髪の量が少なくなるため、毛先がはねやすくなってしまいます。

髪の量が多いと髪の重みで簡単にハネないのですが、髪の量が少ないと風や熱の影響を受けやすく毛先はハネやすくなります。髪をすいたときには毛先のケアをしっかりするようにしましょう。

3:髪がまとまりにくい

髪を梳くメリットとデメリット8つ|梳く時に気を付けること

3つ目の髪を梳くデメリットは「髪がまとまりにくい」です。髪を梳くと髪の1本1本が周りの影響をうけやすいため、自由に髪が動いてしまいまとまりにくい傾向にあります。

髪がまとまりにくいときには、ヘアオイルやヘアワックスを使ってまとまりが出るように努力しましょう。まとまりにくい毛先を使ってヘアアレンジに動きを出してみるのも面白いでしょう。

4:ツヤが出にくくパサつく

4つ目の髪を梳くデメリットは「ツヤが出にくくパサつく」です。梳いた髪はパサツキが目立ち、ツヤが出にくいという傾向にあります。

量の少ない髪は周りの影響を受けやすくすぐに乾燥してしまったり傷んでしまいがちです。それを補うために毎日のトリートメントでケアをしたり、ツヤ感のでるワックスを使ったりしてカバーしましょう。

髪を梳いてもらおう

髪を梳くメリットとデメリット8つ|梳く時に気を付けること

髪を梳くことのメリットやデメリットを紹介してきましたが、この機会に髪を梳いてみてはいかがでしょうか。自分で髪を梳くメリットを体感し、デメリットを克服して、梳いた髪の手入れを楽しみましょう。

ホットペッパービューティーでお近くのヘアサロンを検索し、髪を梳いてもらいましょう。軽やかで透明感のある梳いた髪に周囲が魅了されること間違いなしです。

髪を梳く時に気を付けること

髪を梳くメリットとデメリット8つ|梳く時に気を付けること

髪を梳くときに気をつけることを確認していきましょう。美容院で梳く場合、自分で梳く場合の2つのシチュエーションごとに、気をつけることを紹介していきます。

髪は切ってしまったらすぐには元に戻りません。そのため切る前には、入念な意思疎通や完成イメージの確認が必要です。理想的な髪型を手に入れるためにも髪を梳く前に気をつけることを心に留めておきましょう。

1:美容院で梳く場合

1つ目の髪を梳くときに気をつけるシチュエーションは「美容院で梳く場合」です。美容院で梳いて貰う場合は、しっかりと自分の意志を伝えて、梳き過ぎられないように注意しましょう。

髪を梳きすぎてしまうともとに戻すことはできません。自分の思い描く髪量になるようにしっかり伝えるようにしましょう。また実際に自分の手で髪を触らしてもらうのもいいでしょう。

2:自分で梳く場合

2つ目の髪を梳くときに気をつけるシチュエーションは「自分で梳く場合」です。自分で梳く場合は、髪の毛の量を頻繁に確認しながら梳きすぎることのないよう注意しましょう。

自分で梳く場合は後ろ髪の様子ははっきりと目で見ることはできません。そのため頼りにするのは自分の手の感覚です。毎日触っている髪の量の感触をどのくらいだったら扱いやすいかと考えながら髪を梳いていきましょう。

デメリットを考えて梳きすぎには注意しよう

髪を梳くメリットとデメリット8つ|梳く時に気を付けること

いかがでしたでしょうか。髪を梳くメリットやデメリット、髪を梳くときに気をつけることについて紹介してきましたが、参考になったでしょうか。

髪を梳くことはイメージチェンジにもなり、メリットも多くあります。一方でデメリットを考えて、髪の梳きすぎには十分に注意しましょう。ご自身が完成イメージをしっかり持って、髪を梳くようにしましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

この記事では髪を梳くことについて詳しく紹介してきましたが、髪に関する気になる関連情報はまだまだたくさんあります。次の記事を読んで、髪に関する知識を幅広く手に入れましょう。

関連記事

Related