Search

検索したいワードを入力してください

ブルーサファイアハムスターの寿命とは?長生きさせる飼い方を解説

Author nopic iconpotaton
動物・ペット / 2019年10月23日
ブルーサファイアハムスターの寿命とは?長生きさせる飼い方を解説

ブルーサファイアハムスターとは?

ブルーサファイアハムスターという品種のハムスターをご存知でしょうか?名前は耳にしたことがあるが、詳しい実態をご存知ない方も多くいることでしょう。

そこでここでは、まずブルーサファイアハムスターの特徴をご紹介します。

人懐っこい性格

ブルーサファイアハムスターは、基本的に人懐っこい性格の一面を持っています。

ここ近年では、品種改良をすることによって新しい毛色やさまざまな種類のハムスターが誕生しています。ブルーサファイアハムスターは、ジャンガリアンハムスターを品種改良することによって誕生したハムスターの一種です。

ジャンガリアンハムスターは人懐っこい性格の一面を持っています。そのため、品種改良の際にブルーサファイアハムスターもその性格を受け継ぐ傾向にあります。

片手に収まる小さなサイズ

ブルーサファイアハムスターの特徴として、人間の片手に収まる小さなサイズ感を挙げられます。

ブルーサファイアハムスターの体は、約10センチ前後の小さな体を特徴としているので人間の片手に収まります。そのため、小さなサイズ感から愛らしさを感じさせる容姿をしています。

小さな体でちょこちょこと動き回るブルーサファイアハムスターの姿に癒されること間違いなしでしょう。

青みがかった体毛

ブルーサファイアハムスターの体毛は、グレー色でサファイアのような青みがかっています。

宝石のブルーサファイアのように美しい青みがかかった毛色をしているので、全体的に見ると上品な色合いに感じるでしょう。

しかし、ブルーサファイアハムスターは品種改良によって誕生したハムスターの一種なので、体毛の色合いが個々で僅かに異なります。

ブルーサファイアハムスターの飼育を検討している方は、自身の好みにあった毛色を持っている子を選びましょう。

ブルーサファイアハムスターの平均寿命とは

ハムスターは一般的に寿命が短い生き物と言われています。では、ブルーサファイアハムスターの平均寿命は何歳なのでしょうか?

ここでは、ブルーサファイアハムスターの平均寿命について見ていきましょう。

寿命は約2年~2年半

もちろん個体差はありますが、ハムスターの品種によっても平均寿命が僅かに異なります。

ブルーサファイアハムスターの平均寿命は、約2年から2年半です。そのため、生後2年目に到達したあたりから、寿命が原因で命を落とす可能性が格段と高くなります。

約2年から2年半の平均寿命は、ハムスターの中では平均並みですが、犬や猫を含む全体的な生き物の観点から見ると非常に短いでしょう。

最長の寿命でも3年半ほど

個々にハムスターによりけりですが、中には生後から4年以上の月日を生きる子もいます。ブルーサファイアハムスターの寿命は短く、最長の寿命でも約3年半です。

また、ハムスターの中には、最長で10年は生きると言われているクロハラハムスターという品種もいます。

しかし、ほとんどのハムスターは最長の寿命でも約3年なので、ブルーサファイアハムスターの最長寿命は平均並みと言えるでしょう。

ブルーサファイアハムスターの年齢を人間の歳に例えると?

ブルーサファイアハムスターは、人間が歳を取っていく約30倍の早さで歳を取る生き物です。

そのため、生後から約2ヶ月、人間の歳に例えると15歳で立派な大人になります。生後から約3年ともなれば、人間の歳に例えると90歳でかなりのご長寿さんです。

ブルーサファイアハムスターを長生きさせる方法7つ

ハムスターの寿命は、周囲の環境に多大な影響を受けます。そのため、健康体で長生きしてほしいならば、個々のハムスターに適した環境を整える必要があります。

そこで、ここではブルーサファイアハムスターを長生きさせる方法について徹底解説します。

ブルーサファイアハムスターを長生きさせる方法
  1. 餌をあげすぎない
  2. 常に新鮮な餌と水を用意する
  3. 掃除は定期的にする
  4. 温度管理に気をつける
  5. ストレスを与えない
  6. 高いところから落とさない
  7. 触り過ぎない

ブルーサファイアハムスターを長生きさせる方法1:餌をあげすぎない

寿命が短いブルーサファイアハムスターの長寿を願うならば、餌をあげすぎないようにしましょう。

ハムスターの餌と言えば、ひまわりの種を思い浮かべる方も多くいるのではないでしょうか?

ひまわりの種はハムスターの餌として定番ですが、脂質を多く含んでいます。そのため、ハムスターにひまわりの種を過度にあげると、肥満に繋がる可能性が大いにあります。

ハムスターにとって、肥満はあらゆる病気の元となります。ブルーサファイアハムスターがあらゆる病気になることを防止するために、常日頃から餌をあげすぎないように注意することが大切です。

ブルーサファイアハムスターを長生きさせる方法2:常に新鮮な餌と水を用意する

寿命が短いブルーサファイアハムスターの長寿を願うならば、常に新鮮な餌と水を用意してあげましょう。

ハムスターは餌場に十分だと感じるほどの食糧がないと、餌を巣箱に溜め込む習性を持っています。

巣箱へ溜め込むことが、餌が腐る原因に繋がります。そのため、「餌が腐っていないか」と常日頃からこまめに確認してあげましょう。

また、常日頃からこまめに新鮮な水を用意することも大切です。特に夏場は水が痛みやすいので、こまめに確認しながら新鮮な水を用意してあげましょう。

ブルーサファイアハムスターを長生きさせる方法3:掃除は定期的にする

寿命が短いブルーサファイアハムスターの長寿を願うならば、ケージ内の掃除を定期的に行いましょう。

ケージ内が不潔に保たれている場合、ハムスターが病気を発症する可能性があります。そのため、ハムスターが常日頃から使用しているトイレや餌入れなど、生活区域であるケージ内を清潔に保つことが大切です。

病気の発症を防止するために、常日頃からブルーサファイアハムスターの生活区域であるケージ内を清潔に保つようにしましょう。

ブルーサファイアハムスターを長生きさせる方法4:温度管理に気をつける

寿命が短いブルーサファイアハムスターの長寿を願うならば、室内の温度管理に気をつけましょう。

ハムスターを飼育する際に、適切な室温は20度から26度と言われています。不適切な室温内でハムスターを飼育すると、場合によっては命を落とす可能性があります。

そのため、ブルーサファイアハムスターが快適な環境で過ごせるよう、エアコンを使用して適切な室温に調節してあげましょう。

ブルーサファイアハムスターを長生きさせる方法5:ストレスを与えない

寿命が短いブルーサファイアハムスターの長寿を願うならば、ストレスを与えないようにしましょう。

ハムスターは基本的に騒音を苦手とする静かな場所を好む生き物です。テレビの音など大きな音は、ハムスターにとってストレスが蓄積する原因になります。ストレスの蓄積は短命に繋がる恐れがあります。

そのため、ブルーサファイアハムスターのストレスが蓄積しないよう、快適に過ごせる静かな環境を整えてあげましょう。

ブルーサファイアハムスターを長生きさせる方法6:高いところから落とさない

寿命が短いブルーサファイアハムスターの長寿を願うならば、高い場所から落下しないように適切な環境を整えてあげましょう。

高い場所で飼育すると、ハムスターが転落して頭部を強打することに繫がる恐れがあります。ハムスターにとって、頭部の強打は命を落とす危険性があることを意味しています。

ブルーサファイアハムスターを命の危険から守るために、高い場所で飼育しないようにしましょう。

ブルーサファイアハムスターを長生きさせる方法7:触り過ぎない

寿命が短いブルーサファイアハムスターの長寿を願うならば、なるべく触りすぎないようにしましょう。

ハムスターは、基本的に他の対象と接触することを好みません。そのため、可愛いからといってむやみやたらに触りすぎるとハムスターのストレスが蓄積する原因になります。

上記でお伝えしたように、ハムスターにとってストレスの蓄積は短命に繋がる恐れがあります。

ブルーサファイアハムスターのストレスが蓄積することを防止するために、必要以上に触りすぎないようにしましょう。

寿命が短いブルーサファイアハムスターを飼うときの注意点8つ

上記でお伝えしたように、ブルーサファイアハムスターは体が小さいという特徴があります。そのため、僅かな病気の発症でも命を落とす危険性があります。

そこでここからは、寿命が短いブルーサファイアハムスターを飼育する際の注意点を8つご紹介します。

寿命が短いブルーサファイアハムスターを飼うときの注意点
  1. 歯が抜けている
  2. 目がくすんでいる
  3. 餌を食べない
  4. 毛並みが悪くなる
  5. 爪が伸びっぱなしになる
  6. 動きが鈍くなる
  7. 耳が寝ている
  8. 変なうんちをする

寿命が短いブルーサファイアハムスターを飼うときの注意点1:歯が抜けている

寿命が短いブルーサファイアハムスターを飼育する際に、ハムスターの歯が抜けている場合は注意が必要です。

ブルーサファイアハムスターの前歯は、一生涯にわたって伸び続ける特徴があります。しかし、老化が進行するにつれて、歯の弱体化が進行します。その結果、時には歯が抜けてしまう場合もあります。

ハムスターにとって歯が抜けるということは、餌を食べる行為が困難になることを意味しています。

寿命が短いブルーサファイアハムスターを飼うときの注意点2:目がくすんでいる

寿命が短いブルーサファイアハムスターを飼育する際に、ハムスターの目がくすんでいる場合も注意が必要でしょう。

ブルーサファイアハムスターの目は、老化が進行するにつれて徐々に輝きを喪失し、くすんできます。

目がくすんでいたら、老化が原因で元々の低視力がより低下している証拠です。そのため、周囲が鮮明に見えていないと捉えられるような行動をする頻繁が増加します。

寿命が短いブルーサファイアハムスターを飼うときの注意点3:餌を食べない

寿命が短いブルーサファイアハムスターを飼育する際に、ハムスターが餌を食べない場合は注意が必要です。

ブルーサファイアハムスターは、歳を重ね老化が進行するにつれて徐々に歯の弱体化が始まります。そのため、いつも食べていた餌だけではなく、大好物であった餌でさえも食べることが困難となります。

ハムスターは一般的に生後から約2年前後から、老化の進行が始まります。生後から約2年目の月日に差しかかったら、特に「餌をしっかりと食べているか」とブルーサファイアハムスターの様子を観察しましょう。

寿命が短いブルーサファイアハムスターを飼うときの注意点4:毛並みが悪くなる

寿命が短いブルーサファイアハムスターを飼育する際に、体毛の毛並みが悪くなる場合も注意すべきでしょう。毛並みの悪化は、ブルーサファイアハムスターの老化が進行している証拠です。

ブルーサファイアハムスターは、歳を重ねるにつれて自身で毛づくろいをする頻度が減少します。そのため、体毛に艶がなくなって直に毛並みも悪くなる傾向があります。

また、歳を重ねると体毛の生え変わりも困難となりますので、体毛が薄くなっていきます。その結果、その結果、皮膚にトラブルを起こす可能性も高まります。

寿命が短いブルーサファイアハムスターを飼うときの注意点5:爪が伸びっぱなしになる

寿命が短いブルーサファイアハムスターを飼育する際に、ハムスターの爪が伸びっぱなしになる場合も注意すべきでしょう。

ブルーサファイアハムスターは、歳を重ね老化が進行するにつれて若かった頃よりも運動量が減少します。運動量が減少することに伴って、爪を削る頻度も減少します。

よって、飼い主さんが適切な対処をしない場合、ブルーサファイアハムスターの爪が伸び続けるという結果になることでしょう。

寿命が短いブルーサファイアハムスターを飼うときの注意点6:動きが鈍くなる

寿命が短いブルーサファイアハムスターを飼育する際に、ハムスターの動きが鈍くなる場合も注意が必要です。

ブルーサファイアハムスターは、歳を重ね老化が進行するにつれて運動量が減少するため、徐々に筋肉も衰え足腰が弱体化します。そのため、動きが鈍くなって全体的な行動速度も遅くなります。

また、若い頃よりも自身の思い通りに身体が動きませんので、回し車で遊ぶ頻度も減少します。

寿命が短いブルーサファイアハムスターを飼うときの注意点7:耳が寝ている

寿命が短いブルーサファイアハムスターを飼育する際に、ハムスターの耳が寝ている場合も注意が必要です。

元気で健康体を維持しているブルーサファイアハムスターは、耳がぴんっと立っています。一方で、体調が優れない場合は耳を寝かせることがあります。

ブルーサファイアハムスターの耳が寝ていたら、病気を発症している可能性がありますので要注意です。

寿命が短いブルーサファイアハムスターを飼うときの注意点8:変なうんちをする

寿命が短いブルーサファイアハムスターを飼育する際に、変な便をする場合も注意が必要です。

ハムスターは体調を崩してしまうと下痢を引き起こす、もしくは便の色が変色します。特にハムスターにとって、下痢を引き起こすことは致命的な症状です。

そのため、常日頃から「ブルーサファイアハムスターの便など排泄物に異変がないか?」とチェックすることが大切です。便などの排泄物に異変を感じたら、早急に動物病院へ連れて行きましょう。

ハムスターは何故寿命が短いのか?

品種にもよりますが、一般的にハムスターは寿命が短い生き物です。では、そもそもなぜハムスターという生き物は寿命が短いのでしょうか?

ここからは、ハムスターの寿命が短い理由について見ていきましょう。

繁殖力が高い

ハムスターの寿命が短い理由の1つとして、繁殖力が高いことが挙げられます。

ハムスターは、寿命の短さを引き換えとして高い繁殖力を持ち合わせています。そのため、妊娠期間が短く、1度にたくさんの子どもを産むことができます。

ハムスターの生涯を将来的な観点から見ると、短命でもたくさんの子孫を残すことができると言えるでしょう。

しかし、個々のハムスターにとって今この時がかけがえのない瞬間です。共に有意義な時を過ごせるよう、目の前にいるハムスターと過ごせる時間を大切にしましょう。

遺伝によるもの

ハムスターの寿命が短い理由の1つとして、遺伝によるものも挙げられます。

この世に存在するさまざまな生き物の寿命は、遺伝的な要因によって定められています。同様に、ハムスターも遺伝的な要因によって個々の寿命が変化する特徴を持つ生き物です。

よって、遺伝的な要因もハムスターの寿命の長さに影響を及ぼす要因の1つと言えるでしょう。

飼育環境によって変わる

ハムスターの寿命が短い理由の1つとして、飼育環境によって寿命の長さが変化するためも挙げられるでしょう。

ハムスターの寿命の長さは、飼育環境に多大なる影響を受けます。長寿を実現するためには、ハムスターが安全に過ごせるかつストレスを感じない環境を整える必要があります。

長寿を願うならば、個々のハムスターが安全で快適に過ごせる環境を整えてあげましょう。

寿命が近いブルーサファイアハムスターへの対処法

寿命が近いブルーサファイアハムスターは、若い頃よりも自身のお世話をすることが困難となります。よって、数多くの場面で飼い主さんの助けが必要になることは必然的でしょう。

そこで、ここでは寿命が近いブルーサファイアハムスターへの対処法をご紹介します。

週に1回ブラッシングをする

寿命が近いブルーサファイアハムスターへの対処法の1つとして、週に1回ブラッシングをするを挙げらます。

上記でお伝えしたように、ブルーサファイアハムスターは歳を重ねるにつれて皮膚病を発症する可能性が高くなります。寿命が近付くと、自身で毛づくろいすることがさらに困難となります。

皮膚病の発症を防止するために、週に1回の頻度でブラッシングをしてあげましょう。また、ブラッシングをする際は、柔らかい人間用歯ブラシをアイテムとして使用することがおすすめです。

爪を切る

寿命が近いブルーサファイアハムスターへの対処法の1つとして、爪を切るも考えられるでしょう。

ブルーサファイアハムスターの爪が伸び続けると、毛づくろいをする際に自身の体を傷付ける可能性があります。しかし、寿命が近付くにつれて、飼い主さんがハムスターの爪を切ってあげないと伸び続ける一方です。

ブルーサファイアハムスターの安全を守るために、爪が適度な長さになるように爪きりをしてあげましょう。

また、ハムスターの爪切りが苦手な飼い主さんは、動物病院でブルーサファイアハムスターの爪を切ってもらいましょう。

高低差を無くす

寿命が近いブルーサファイアハムスターへの対処法の1つとして、ケージ内の高低差をなくすも挙げられます。

ブルーサファイアハムスターは、歳を重ね老化が進行するにつれて俊敏な動きをすることが困難となります。そのため、ほんの僅かな段差でもつまづくなど自身の身に襲いかかる危険性が若かった頃よりも高まります。

ブルーサファイアハムスターが安全に過ごせるよう、ケージ内の高低差をなくすことが大切です。高低差があまり生じないタイプの餌入れやトイレなどを使用できるよう、環境を整えてあげましょう。

床材を多めに入れる

寿命が近いブルーサファイアハムスターへの対処法の1つとして、ケージ内に床材を多めに入れるも挙げられるでしょう。

歳を重ね老化が進行した場合でも、中にはゆっくりと回し車で遊ぶ子もいます。しかし、回し車から滑り落ちる危険性もあるので、ケージ内に床材を多く敷き詰めておくことが大切です。

ブルーサファイアハムスターの老化が進行してきたら、安全を確保をするためにケージ内に床材を多めに敷き詰めておきましょう。

触らずにそっとしておく

寿命が近いブルーサファイアハムスターへの対処法の1つとして、触らずにそっとしておくも挙げられます。

ハムスターは人間に触られると、多かれ少なかれストレスを感じます。これまでに数回お伝えしているように、ハムスターにとってストレスの蓄積は短命に繋がる恐れがあります。

ブルーサファイアハムスターの寿命が近いと感じたら、その寿命をほんの少しでも伸ばすために触らずにそっとしておきましょう。

育て方によってブルーサファイアハムスターの寿命は変わる

今回はブルーサファイアハムスターを長生きさせる飼育方法について徹底解説しましたが、ご参考になりましたでしょうか?

ブルーサファイアハムスターの寿命は、飼育環境や飼育方法によって変化します。長寿を願うならば、まずは長生きできる適切な環境や飼育方法について知識を深めましょう。

これらの知識を深めることが、ブルーサファイアハムスターの長寿に繫がるでしょう。

関連記事

Related