Search

検索したいワードを入力してください

「清潔感」とは|清潔感がある人の特徴7個・清潔感がある服装

Small 94dbe341 165e 49c8 8c8b 3cf672903bf3はなみ
性格・タイプ / 2018年12月28日
「清潔感」とは|清潔感がある人の特徴7個・清潔感がある服装

清潔感とは

清潔感と聞くとどのような印象を持ちますか。また、清潔感がある人はどんな人でしょうか。大切なビジネスシーン、第一印象など、人とのコミュニケーションにおいて「清潔感」が重要とされます。それはなぜなのか、清潔感について考えてみましょう。

読み方

「清潔感」という言葉は、日常でもよく見聞きする言葉の一つと言えるでしょう。「清潔感」は「せいけつかん」と読みます。「あの人は清潔感がある」であるとか「このホテルは清潔感があって好きだ」という使われ方をする言葉です。

清潔感の意味2つ

普段何気なく使っている「清潔感」という言葉ですが、その意味を正しく理解しているでしょうか。あまり意識することがないですが、実は「清潔感」には2つの意味が存在します。「清潔感」の意味の違いをご紹介します。

意味1:汚れが無く、清いこと

まず「清潔感」の1つ目の意味として、「汚れが無く、清いこと」があります。そもそも「清潔」は「汚れがないこと」や「衛生的であること」を指します。例えば、「体を清潔に保つ」、とか「バスルームを清潔にする」などのように使われます。

意味2:誠実で正しいこと

2つ目の「清潔感」の意味は、「誠実で正しいこと」を指します。「清潔」の2つ目の意味として、「人柄や行いが正しく、嘘やごまかしがない」というものがあります。この意味の「清潔感」であり、外見に使われるのではなく、人の内面や物事の性質に対して使われます。例えば、「清潔な人柄」や「清潔な選挙」などです。

清潔感がある人の特徴7個

その人の清潔感とは、いったい何で決定づけられるのでしょうか。それが分かれば、清潔感を人に感じさせるための第一歩になるでしょう。清潔感がある人の特徴を7つご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

特徴1:髪がいつも整っていて綺麗

第一印象において、人は一番に顔を見るといいます。清潔感のある人は髪がいつも綺麗に整っています。男性も女性も、パーマの人を除いては、なるべくクシでとかし、バッチリ決めるならワックスを少量付けてみましょう。長いならゴムで結ぶなどするとスッキリとした印象になり、手軽に清潔感を出すことができます。

特徴2:服に汚れやシミが無い

身だしなみは髪や顔の次にとても大切なことです。清潔感がある人は、シャツの襟の黄ばみなどの汚れはなく、食べ物のシミもありません。服にシワもなく、アイロンがピシッとしてあります。セーターは毛玉をカットしておくと良いでしょう。靴下も穴が空いてないものを使い、パンツはスキニーパンツにすると清潔感が出せます。

特徴3:歯のケアを怠らない

第一印象を決定づけるのは顔の印象が強いのですが、その中でも歯の綺麗さはやはり清潔感に影響を与えます。歯のケアをきちんとしている人は、多少歯並びが悪くても清潔感があるものです。歯のケアは口臭対策にもなりますので、歯磨きだけでなく、歯間ブラシやフロスなどを使って、着色汚れや黄ばみを予防しましょう。

特徴4:整理整頓ができる

清潔感のある部屋や収納は気持ちがいいものです。カバンの中も整理整頓ができていると使いやすく清潔感があります。共通して特徴としてあげられるのが、物が少ないことです。できるだけ多くの物を持ちすぎないようにすることが大切です。物が少なければ整理整頓が楽になり、清潔感を保つことができます。

特徴5:言葉遣いに品がある

品がある人に不潔な印象を持つ人は少ないです。逆もしかりで、下品な人に清潔感を感じることはあまりないでしょう。言葉遣いを上品にするだけでも、内面からの清潔感を感じさせることができます。すぐには難しいですが、普段の言葉遣いを見直して、下品な言葉があれば都度別の言葉に言い換えるようにすると、上品な言葉遣いになります。

特徴6:メイクが濃くない

メイクもビジネスシーンでは、ナチュラルメイクが清潔感があってオススメです。メイクをするのが面倒、時間がないという人は、ファンデーションと口紅は最低限、身だしなみとして押さえておきたいところです。また、女性の場合はネイルをしてみると、きちんとした印象と清潔感が出せます。ネイルは短めに整え、色はピンクでシンプルなものがいいでしょう。

特徴7:健康的ではつらつとしている

健康的ではつらつとした印象は清潔感を与えます。健康的な生活をしているということは、規則正しい生活や、栄養バランスの整った食事など、きちんとした日常を送っていると自然と想起させるからです。清く正しい生活を心がけることで、自然と清潔感もともなってきます。

清潔感を演出するためには、内面とともに外見もクリーンな印象にすることが大切です。お気に入りの服ほどよく着用するために、傷みが早くなってしまいます。傷んでしまった服は、どうしても清潔感を演出しにくいアイテムです。これを機に服を新調して、清潔な印象を手に入れませんか。

清潔感がある服装

内面からも醸しだせる清潔感ですが、外見で演出するには服装で取り入れるのが一番の近道です。清潔感がある服装とはどんな服装かについて、オススメのファッションを3つご紹介します。参考にしてみてください。

白いトップス

清潔感を強く印象付けるなら、やはり色は白が良いでしょう。白はクリーンな印象を持つ色で、それだけで「清潔感」や「爽やかさ」、「純粋さ」を表します。白い服をトップスに取り入れると、顔回りも明るくなって、さらに清潔感を演出することができます。顔映りが良くなることでイキイキとした表情に見えるでしょう。

ぴったりのサイズの服

色とともに服装ではサイズ感も印象を左右します。ダボダボのルーズな服は、着心地はいいですが、「だらしなさ」や「やぼったい」印象を与えます。自分の体形にぴったりのジャストサイズな服は、ルーズな服に比べ清潔感を演出できます。ぴったり過ぎてきついと問題ですが、アイテムごとに体形にあった服を選びましょう。

派手な柄物は避ける

派手な柄物は、白い服の対極にあるものです。白はそもそも清潔な印象を持つ色ですが、色や柄が目立つ服はそれだけで個性があり、服が印象を大きく左右してしまいます。清潔感を出すためには、できるだけベーシックな色や柄にし、洗練された着こなしを心がけましょう。

清潔感があったら好感度も上がる

ビジネスシーンでは特に第一印象はとても大切なことです。ビジネスシーンにおいて、初めて会う人に「清潔感があって良い人だな」と思わせることによって、ビジネスが成功する確率がアップします。特に日本は清潔感があり、サービスも評価が高いことから、清潔感がある人=信頼できるという強みがあります。身なりや服装を清潔にして、いい印象を持たれましょう。

まずは身だしなみのチェックから

関連記事

Related