Search

検索したいワードを入力してください

思いやりのある人の7の特徴・診断・向いている仕事

Author nopic iconkurea
カテゴリ:モテ女

初回公開日:2017年03月05日

更新日:2020年06月08日

記載されている内容は2017年03月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

思いやりのある人の7の特徴・診断・向いている仕事

思いやりがあるとは

「思いやりがある人」の特徴を知る前に、「思いやりがある」とはどういうことなのかを確認していきます。

「思いやりの意味」と「思いやりの同義語」の2つを知ることで、「思いやりのある人」のイメージをつかみましょう。

思いやりの意味

「思いやり」は、「誰かの身になって考えたり察すること」です。

「思いやり」は、動詞「思い遣る」を名詞化したものです。動詞「思い遣る」は、「誰かの身になって考える・察する」という意味があります。

思いやりの同義語

次に「思いやり」の同義語を見ていきましょう。

よく使われる同義語として「配慮」や「心配り」などがあり、他にも「親切」や「厚意」なども同義語として使われます。

どの言葉も「相手に優しい」というイメージがあります。ですが、「相手の立場に立つ」という意味を徹底すると、「同情」や「憐れみ」「お情け」なども同義語となります。

思いやりのある人の特徴7コ

「思いやり」の意味をおさらいしたところで、本題である「思いやりのある人」の特徴を学んでいきましょう。

どの特徴にも共通することは、「責任感があって人に優しい」というものです。

特徴1:相手の痛みがわかる

「思いやりのある人」は、「相手の痛みが分かる」という特徴があります。

例え、相手の立場に立って考えられる人でも、相手の痛みにまで共感できるという人はほとんどいません。「思いやりのある人」は、無理なく相手の痛みに共感できる人が多いです。

特徴2:気配りができる

2つ目の特徴として、「思いやりのある人」は「気配りができる」ことも挙げられます。

「思いやりのある人」は周囲に気を配る事が上手く、常に周りの様子をさり気なく見ており、困ってる人がいれば状況に応じて手を差し伸べることができます。

特徴3:笑顔で相手に接する

「思いやりのある人」は、「笑顔で相手に接する」ことを怠りません。

「思いやりのある人」は、笑顔の効用をよく理解しています。同じ行動でも、仏頂面で対応するのと印象が全く違うことを知っているからです。

特徴4:相手を否定しない

「思いやりのある人」は、「相手を否定しない」ことを心がけているのも特徴のひとつです。

「思いやりのある人」はいきなり間違っていることを指摘したり、相手を否定、非難するようなことはしません。出来る限り相手の立場に立って、「気持ちがわかる」と相手の気持ちを考えながら話していきます。

特徴5:自分の考えを押し付けない

「自分の考えを押し付けない」とうことも、「思いやりのある人」の特徴です。

「これ以上はアドバイスではなく、押し付けになってしまう」、という境界線の見極めに秀でています。

特徴6:相手に見返りを求めない

「思いやりのある人」は、「相手に見返りを求めない」ことを徹底しています。

「情けは人の為ならず」や「ギブ&テイク」という価値観は有していますが、最優先ではありません。損得勘定抜きに、「相手に優しくしたい」という気持ちが行動原則になっています。

特徴7:人任せにしない

「人任せにしない」ことも、「思いやりのある人」の特徴です。

「人任せにすること」は「人に押し付けること」と同じことだと考えているからです。もちろん「人任せ」にはしませんが、人を信頼して「人に任せる」ことはあります。その場合は、任せた相手が困っていないか、常にフォローを欠かさず怠りません。

「思いやりのある人」はどんな職場でも求められる人材です。もしあなたが「思いやりのある人」になりたいと思っているのなら、それだけでも1つのアピールポイントになります。

マイナビエージェントなら、転職市場を知り尽くしたキャリアアドバイザーがあなたのアピールを強く後押ししてくれますよ。