Search

検索したいワードを入力してください

楽観的な人の10の特徴・楽観的を短所にした履歴書の書き方

Author nopic iconnewkizuka
性格・タイプ / 2018年07月12日
楽観的な人の10の特徴・楽観的を短所にした履歴書の書き方

楽観的の意味

楽観的な人の10の特徴・楽観的を短所にした履歴書の書き方

「楽観的」とは、物事を前向きにとらえ、くよくよ考えず心配しないような状態のことを意味します。英語では「Possitive」ともいわれ、性格が明るく、人からも好かれる性格の持ち主です。

「楽観的な人」とは、何かに対して考え過ぎたりすることがない人のことを言います。今回は「楽観的な人」とはどんな性格か、「楽観的」の意味や特徴をご紹介していきます。

楽観的の類語

「楽観的」とは、明るくてあまり心配ごとをかかえない状態のことを意味します。「楽観的」には、同じような意味を持つ類語が存在します。

「楽観的」と同じ意味を持つ類語ですが、少し意味合いやニュアンスが異なる場合もあります。それでは「楽観的」の類語にはどういったものがあるかくわしく見ていきましょう。

類語1「のんき」

「楽観的」に似た意味を持つ言葉の1つが「のんき」という言葉です。「のんき」は、心配ごとがなく、落ちついた状態のことを意味します。

「楽観的」と意味合いが異なるのは、「のんき」にはゆっくりとした、のんびりとしたという意味が含まれます。そのため、「楽観的な人」よりはおっとりとしたタイプの性格の人のことを言います。

同じ意味を持ちますが、意味合いが少し異なる点に注意しましょう。

類語2「気楽」

「楽観的」に似た言葉として次に挙げたいのが「気楽」という言葉です。「気楽」という言葉は、心配ごとがなく、物事にこだわらない状態のことを意味します。

「気楽」という言葉には、「のんきな」という意味も含まれているので少しのんびりした印象を含む意味合いを持っています。

たとえば、心配ごとがなさそうな人に対して「気楽でいいね」のように使用する言葉です。

類語3「オプティミスティック」

「オプティミスティック」とは、英語で「楽観的」を表現した言葉となります。英語でのスペルは、「Optimistic」となります。

日本語で「楽観的」の言葉のかわりに「オプティミスティック」を使用する方は少ない傾向にありますが、ビジネス英語の1つとして覚えておくべき単語の1つです。

「オプティミスティック」の反対語は、「Passimistic」となるので合わせて覚えておきましょう。

楽観的な人の特徴

楽観的な人の10の特徴・楽観的を短所にした履歴書の書き方

いつも明るくて、心配ごとがなさそうに見える人のことを「楽観的な人」と表現します。「楽観的な人」には明るい性格が多く、周囲を明るくしてくれるムードメーカーに多い傾向があります。

では「楽観的な人」とはどうゆう性格の人なのか、いくつか特徴をご紹介していきましょう。

特徴1「プラス思考」

「楽観的な人」の特徴としては、どんな時でもプラス思考で考えるという特徴があります。プラス思考とは、周囲の人と同じように深刻な状況になったとしても、あまり深く考えないことを意味します。

プラス思考の人は、起きてもいないことに対して深く悩んでも意味がないと考える傾向にあります。またどんな状況になったとしても、何とかなるだろうという気持ちがあるので、悩むこと自体が少ない人のことをいいます。

特徴2「明るい」

楽観的な人の10の特徴・楽観的を短所にした履歴書の書き方

「楽観的な人」は、心配ごとが少ないため明るい性格の人が多い傾向にあります。自分にとっては深刻な問題であっても、楽観的な人にとってはそれほど深刻な問題でない場合があります。

このように「楽観的な人」は物事を前向きにとらえることができるので、いつでも明るく周囲に振舞うことができます。

特徴3「細かいことを気にしない」

「楽観的な人」の性格の1つに、細かいことを気にしないという特徴があります。「楽観的な人」は、どんなことが起きても最終的には何とかなるという気持ちを持っています。

そのため細かいことをいちいち気にしていても仕方がなく、いずれは何とかなっているという思いが強い傾向にあります。細かいことを気にしてもいずれ結果が出てしまえば、関係なくなると考えていることを意味します。

特徴4「嫌なことはすぐ忘れる」

「楽観的な人」は基本的にはポジティブな性格なので、良い方向に物事を考えることが多い傾向にあります。「楽観的な人」は、たとえ悪いことがあったとしても、いつまでも悩んでいることなくすぐに忘れてしまいます。

悪いことがあれば次は良いことがあるだろうなどと、自分の中でポジティブに物事を捉えることができます。嫌なごとはすぐに忘れるからこそ、心配ごとがないともいえます。

特徴5「すぐ行動に移す」

物事を始める時には、「じっくり考えてから行動するタイプ」と「とりあえず行動するタイプ」の2種類あります。

「楽観的な人」はとりあえず行動するタイプで、結果を恐れずとにかくやってみるという性格の人が多い傾向にあります。

「楽観的な人」は、結果がどんなに悪くても精一杯やったと前向きに物事を捉えることができます。慎重に行動するよりもとりあえずやってみようという考えが強いからといえるでしょう。

特徴6「考えこまない」

楽観的な人の10の特徴・楽観的を短所にした履歴書の書き方

「楽観的な人」に悩みごとが少ないといわれるのは、色々考えこまない特徴があるからということできます。物事は深く考えることも必要ですが、深く考え過ぎることでかえって問題が深刻になる場合があります。

どんな悩みも深く考えこまず、なるようにしかならないと考えるのが「楽観的な生き方」の1つです。どんな小さなことで考え過ぎてしまう人は、少し楽観的な部分を取り入れるとバランスがよくなります。

特徴7「スルースキルがある」

悩みごととは自分で問題を抱えるだけでなく、相手から与えられる場合もあります。たとえば、自分が取り組んでいる企画を再度修正する場合、周囲の人に「明日までにしないと大変なことになる」と言われたします。

「楽観的な人」は、周囲から色々なことを言われたしてもあまり気にすることがありません。そのため、どんな課題や悩みでも自分で何とかするので周囲の人のコメントが気にしない傾向にあります。

特徴8「諦めがいい」

「楽観的な人」の長所の1つが、何事にも諦めがいいという点です。たとえば、何かに失敗したとしても、起きたことはしょうがい、次は同じ失敗をしないよう注意しようと前向きに向き合います。

誰でも失敗があるものであり、失敗して成長することもあります。失敗も次のステップと考え、前向きに進んでいくのが「楽観的な人」のメリットでもあります。

特徴9「何とかなると思っている」

「楽観的な人」は、チャレンジ精神も溢れていますし、失敗を恐れす挑戦することができます。根底には何とかなるという思いが強くありますが、その根拠はありません。

「楽観的な人」は何とかなるという根拠のない自信を持っているので、どんなことにも前向きに考えてチャレンジすることができます。実際に今まで生きてきた中で、何とかなってきたことが多いという実体験が影響していることも考えられます。

特徴10「物事を良いほうに考える」

物事には必然的に起きるものや人為的に起こることがありますが、結果は自分にとって良いことも悪いこともあります。シンプルに考えれば2つの結果しかないので、確率は50%と考えることができます。

「楽観的な人」は物事をシンプルに考えることができるので、良いことも悪いことも良い方に捉えようとします。良いことがあれば素直に受け止め、悪いことがあれば次は良いことが起きるだろうと楽観視しています。

就活は一人で悩まず「エージェント」に相談しよう!

就活生におすすめしたいエージェントサービスは「キャリアパーク」です。

年間1,000名の学生と面談する経験豊富なプロのキャリアアドバイザーが、あなたの性格や長所を見極め、あなたに合った企業を紹介してくれます。無料登録は1分で完了し、人物重視の優良企業の非公開求人300社を、特別選考ルートでご案内します。

また、模擬面接やES添削他、就活でのお悩み相談も可能なので、一人で抱え込まず「キャリアパーク」に相談してみてはいかがでしょうか?

就活は今後の人生を決める重要な選択です。
納得の行く就職活動をしましょう。

楽観的な人の短所

楽観的な人の10の特徴・楽観的を短所にした履歴書の書き方

悩みが少なく明るい性格なのが「楽観的な人」の長所ですが、「楽観的な人」も長所だけではありません。長所と短所が誰にでも必ずあります。

特に、就職活動のエントリシートなどでは自分の短所を記入する部分があります。この場合は、自分の長所と短所を理解しながら上手に表現することが重要なポイントです。

それでは「楽観的な人」の短所についてくわしく見ていきましょう。

短所1「熟考しない」

「楽観的な人」は細かいことを気にしない性格ですが、逆にいうと「熟考しない」という短所が含まれていることを意味します。

「熟考する」ということは、物事を深く考えることです。自分が抱えた課題や悩みは場合によって深く考えることが必要な場合もあります。

その場合、「楽観的な人」のようにどうにかなると楽観視するのでなく、慎重に物事を考えなければなりません。

短所2「計画性に欠ける」

「楽観的な人」の短所の1つが、「計画性に欠ける」という点です。何かをプランする際に「どうにかなる」と楽観的な考えでいると、計画性に欠けてしまう場合があります。

物事を事前にプランニングする際は、事前にしっかり計画を立てるのが基本です。特にビジネスシーンでは企画や何かを提案する場合は、しっかりと計画を練ってから実施するように心がけるといいでしょう。

短所3「危機感の不足」

何かに失敗したとしてもあまり考え過ぎないのが「楽観的な人」のメリットでもありますが、ときに小さなミスが原因で大きなミスを招く要因となる場合があります。

特にビジネスシーンでは、自分のしたミスが小さかったとしても、後々の大きなミスにつながる場合があります。内容によっては自分のミスの原因をしっかり受け止め、次につなげない努力が必要です。

ビジネスではしっかり危機感を持った対応が重要なポイントです。

「楽観的」を短所にしたの履歴書の表現

楽観的な人の10の特徴・楽観的を短所にした履歴書の書き方

就職活動で作成するエントリシートの記入欄には、「自分の長所と短所」を記入する場合があります。特にエントリシートの場合は、短所の内容を注意して記入する必要があります。

短所は自分にとってのデメリットですが、自分の課題や改善点へと転換して記入することが重要です。単にデメリットだけを伝える書き方をしないように上手に表現することが重要です。

表現1「慎重に考える心がけ」

「楽観的な人」はチャレンジ精神も旺盛な傾向にあります。そのため、新しいことに挑戦することを積極的に行います。

しかし、新しい挑戦はさまざまなリスクも伴います。自分がする挑戦がどれほど重要なことなのかという全体像を先に理解して挑戦することが重要です。

そのため、「新しいことにも前向きに挑戦する反面、挑戦する場合は慎重に考えてから行動することを心がけている」と表現するといいでしょう。

表現2「トラブルを想定し対処」

「楽観的な人」は何事もどうにかなるさという精神を持って取り組む特徴があります。そのため、何も考えずに挑戦し失敗するというリスクがあります。

ビジネスシーンでは何でも「どうにかなる」という精神で取り組むのでは困ります。

そのため、「物事を前向きかつ積極的に取り組む姿勢があるからこそ、何事にも事前にトラブルを想定した対処が自分には必要です」と表現するといいでしょう。

表現3「時間割など計画性の重視」

「楽観的な人」は何事にも躊躇せず挑戦する傾向にあります。そのため、事前にきっちり計画を立てるという点が疎かになりがちです。

「楽観的な人」がこのような短所を表現する場合は、「チャレンジ精神が旺盛なのが長所の1つですが、ビジネスにおいては時間配分なども考慮し、しっかりとした計画性を重視していきたいと考えています」のように表現しましょう。

長所は短所であり、短所は長所でもあることをしっかり自覚しましょう。

楽観的は素敵な個性です

楽観的な人の10の特徴・楽観的を短所にした履歴書の書き方

何事にもくよくよせず、明るい性格の持ち主である「楽観的な人」は、周囲の人から好意を持たれる性格です。そのため、「楽観的な人」の長所は多いといえるでしょう。

しかし、エントリシートなどでは自分の短所も記入しなければなりません。自分の長所を活かし、自分の短所を上手に表現することが重要です。

ストレスを感じにくいのは現在には必須の長所

現代社会は何かとストレスを抱えた人も多く、ストレスが多い時代であるといえます。そのため「楽観的な人」が持つ明るく、悩みを吹き飛ばすような性格は必要な人材です。

学生時代とは異なり、社会人になると自分が’想像していないストレスもあります。ストレスを抱えたとしても上手に発散し、前向きに進む「楽観的な性格」を活かすことが重要です。

関連記事

Related