Search

検索したいワードを入力してください

1人が好きな人の性格の特徴と心理・向いている仕事6つ

Author nopic iconGG M
カテゴリ:人の心理

初回公開日:2017年05月21日

更新日:2020年06月10日

記載されている内容は2017年05月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

1人が好きな人の性格の特徴と心理・向いている仕事6つ

一人が好きな人の性格・特徴

一人が好きな人の性格

気付くと皆の群れとは距離を置き、一人で行動している、一人で昼食を堂々と食べているなど、一人が好きな性格の人は少なからずいるでしょう。自分の好奇心に忠実で、自分を持っているようにも見えます。

また、大人であり、社会人であって、長く一人で暮らし、さまざまな判断を一人で行い、行動力があるように見えます。必要とあれば、他の人とのコミュニケーションをしっかりと取ることもできます。誰かといることが心の安定につながるタイプの人から見ると、そんな人たちは、自立していて、恰好良く感じることもあるでしょう。

しかし、あまりにいつでも孤独を謳歌しているその様子に、もしかして人間嫌いなのか、話していると愛想が良いけれど、実は自己中心的な性格では?などと勝手に想像されてしまうこともあったりします。一人が好きな人の性格にはどういったものがあるのでしょうか。

一人が好きな人の特徴

一人が好きな人は孤独に強い人です。誰かと一緒に時間を過ごすことや、同じ体験を共有することをあまり喜びません。孤独を感じない性格だからです。

そのため一人が好きな人は、パートナーを求めたり家族を作ったり、趣味を通じで他人と交流するようなことはしません。

一人であることから脱しようと、自分から積極的に特定の人間と密な関係を築き継続するようなことも、ほとんどありません。

Blockquote firstBlockquote second

男性の場合
男性の場合、もともと大勢で行動する方は少ないと思います。基本的に単独行動をすることに抵抗がないのではないでしょうか。そんな中でも一人が好きだという方は、こだわりや考え方が強い人が多い印象です。

Blockquote firstBlockquote second

女性の場合

女性の場合は、無理にまわりにあわせようとするのではなく、一人で過ごすことを選ぶという印象です。男性と比べるとより感情的な面が強いので、自分の気持ちに素直に従っていると言えるでしょう。

一人が好きな人の心理・原因

一人が好きな人の心理

一人が好きだという人と話してみると、一人が好きであることが必ずしも人が嫌いであるということとイコールではないことに気付かせてくれます。むしろ、話せば話すほど、気が利いて優しく、ユーモアに溢れ、周囲の人への配慮ができる人であったりします。こういった人々は、人に気を遣い過ぎて、自分のことができなくなってしまう傾向を備えています。

例えば、誰かとショッピングに行ったとします。自分が好きな商品の場所へ、一人であれば行きますが、このような人々は、自分が好きな商品が扱われている場所に誰かを連れていくということ自体が苦痛にすら感じられてしまうでしょう。「この人が一人だったら本当に見たいものは何だろう?」といつでも感じてしまうからです。「自分に合わせているこの人は果たして今、楽しんでいるのだろうか」と、どんなときにも自然に考えてしまうのです。同じ部屋にいて、自分は寒さに耐えながら、暑がりの人の冷房にひたすら合わせて何時間でも過ごすタイプもこういった傾向を持つ人々です。よく言えば、自分よりも相手を大切にすると言えますし、すこし悪い言い方をすると相手の気持ちをいつでも思い遣るあまり、何も人と一緒に楽しむことができないということもできてしまいます。

しかし、このようなタイプの人に共通して確実に言えることは、人の気持ちに鈍感ではない、ということです。ほとんどの時間を人と一緒に過ごしながら、思い遣りを持てない人がいるでしょう。そういう人に比べると、思い遣りを十分に持っているからこそ、人と一緒の時間を楽しむことができないのがこのようなタイプの、一人でいることが好きな人々です。

一人が好きな人の原因

一人が好きになった背景としては幾つかの原因が考えられます。そして、その多くに、幼少期や多感な十代の頃の体験が色濃く影響しているようです。例えば、とても小さな頃から、周囲の人に気を遣うように育てられたという原因が考えられます。厳しい家庭で育ち、常に周囲の人に気を遣うことを繰り返し親などから厳しく言われ続けてきた養育環境は、幼い子供の権利ともいえる、ただ一方的に周囲に甘えるという必要な成長過程を許していません。人といる時間は、楽しく寛いだひとときではなく、本人にプレッシャーを与え続けるだけの時間になってしまうのです。「気が利かない子だね」「お姉ちゃんなんだからもっと我慢しないと」と繰り返し周囲の大人が本人に対して言ってしまうなど、他者への配慮を過度に期待され続けたこういった育ち方は、大人たちの思惑とは離れて、一人が好きになる要因を育んできたといえるかもしれません。

あるいは、周囲の大人の人間関係があまりにも複雑過ぎた場合です。子供にとっては知りたくない大人の事情や、大人の心理といったものに、否応なく囲まれざるを得なかったという養育環境も、一人でいることがほっとする、といった心理を育てたであろうことは想像が難くありません。子供時代には、じゅうぶんに子供でいられる時間と環境の中に身を置けることが、とても大切です。

一人が好きな人が苦手なこと

妥協すること

一人が好きな人の多くが本能的に苦手としてることにはどういったものがあるでしょう。まず、ストイックで、どこまでも自分がなりたい姿を追及する人の中にも、一人でいることが好きな人が多いようです。

誰かと一緒にいるということは、妥協することだと言い換えることもできます。人と過ごすことは、予定を合わせ、好みを摺り寄せ、価値観を重ね合わせることですので、妥協の連続だとすらいえるでしょう。もともと備わった能力が高い場合や、自分の信念を強固にしっかりと持っている人の場合には、他の人の存在を必要とすることもなければ、また、自分を変えてまで人と何かを分かち合う必要も、それほど感じないのかもしれません。あまりにも確立された自我がこのように強すぎる時には、近くにいる誰かの存在そのものを疎ましくさへ感じてしまうこともあるようです。近くにいる人も、気持ちが安らぐことがなかなかできないでしょう。

人にスケジュールを合わせること

自由になる時間のほぼ全てを自分の思い通りに使いたいと感じる人もまた、一人が好きな人の中に多くいるようです。行きたい舞台がある。参加したい個人のスポーツ大会がある。家族のことよりも優先させて、常に仕事で良い評価を出したい。こうして列挙すればきりがないほどに、現代は一人で満喫できる喜びに満ちた時代だともいえます。

一人で楽しみたいことが時間が足りなく思える程あり、一人だけで満足感をじゅうぶんに覚えることができるので、誰かとスケジュールを合わせたいとは思わないでしょう。

人と一緒に暮らすこと

一人が好きな人にとって、苦手なこととしてあげるなら、人と一緒に暮らすことでしょう。パートナーや夫婦であるケースばかりでなく、親や祖父母、兄弟といった、自分の意思決定でスタートをしたわけではない場合でも、人間関係の中で一つ屋根の下に暮らすという日々は、一人が好きな人にとっては苦痛です。誰が悪いわけではなく、一人のときに心から安らぐという場合もあるでしょう。自分の人生の大半を振り返りながら、人とは暮らせなかったがこのペットは最良の相棒だよと微笑む人もいるでしょう。

一人が好きな人に向いている仕事

一人が好きな人に向く仕事にはどういったものがある?

さて、以上のような特徴を持つ一人が好きな人ですが、仕事となるとどのような職種が合っているのでしょうか。一人が好きだからといって、必ずしも人が苦手であったり、自己中心的であったりするばかりではないということもよくわかりました。一人が好きな人に向いている仕事を幾つか紹介します。

資料館・博物館職員

一人が好きな人の中には、人と長時間同じ空間を共有することを苦痛と感じるタイプがみられます。しかし、そういった人々も、自然やもの相手であれば、気持ちも穏やかでいられ、時折の接客に、その深い専門知識を発揮できるのです。一人が好きだからといって、人と話をすることが嫌いなわけではありません。館が保有する貴重な資料を大切に保管し、来場者のための空間は清潔に保つなど、細やかさが必要とされる歴史資料館や、郷土博物館の職員の業務なども、どちらかといえば一人が好きな人に向いた仕事といえそうです。

警備員

警備員の仕事もまた、誰かと話したり、コミュニケーションを取ったりということを頻繁にせずに業務に邁進できる仕事です。業務中のいざというときには自分一人が頼りと言うシーンは多く、精神的な強さが求められるところからも、一人が好きだというタイプに向いた職種です。加えて、夜の闇や静寂が怖くなければ天職だともいえるでしょう。同僚とも気が合うと語る人が多く、各年代層から勤務を開始し、長く続ける人が沢山いる職種です。

学者

研究の対象物に向き合ったり、自分の持論を根気強く組み立てるという姿勢が求められる学者の仕事も、一人が好きなタイプによく合う仕事です。自分が前日にやり残した仕事が、そのままの形で次の出勤時に気丈に保たれていることが日々の静かな喜びに繋がるという、まさにコツコツ努力の人タイプです。同僚との密なコミュニケーションを毎日の業務では必要とはしなくても、未来の人類への貢献度は大きい職種です。

ホームヘルパー

細やかな点によく気づくタイプの一人が好きな人には、在宅の介護や介助の仕事が適しています。事業所の密室の中で、他の職員とのコミュニケーションを毎日長時間求められることを苦手だと感じるタイプであっても、仕事にはまったく支障がありません。仕事の作業については基本的に一人が好きなのですが、人ひとりの気持ちというものを普段から大切に思っていて、ご利用者さまやそのご家族さまに対して真摯に向き合うことを得意とします。

カルチャーセンター講師

一人が好きと言う人の中に手に技を持っている人が多いのは、やはり、長い間の自分時間の積み重ねの成果でしょうか。カルチャーセンターに講師として招かれたり、決まった場所に教室を開いたりといったことをする人の中には、日々違う生徒に合うのが楽、一人で違う場所を訪れる通勤形態が自分によく合っている、という心情を持つ人も少なからずいるようです。このような人が日々その専門技術を更に向上させるための時間も、やはり一人作業が多くなります。

時代はおひとり様を求めている!?

一人が好きな人が集って参加するツアー旅行が人気のわけ

旅行会社の広告や宣伝に小さな文字で「おひとり様でも参加可能」と書かれていた時代は長く続きましたが、現在は、おひとりさま専用のツアーが盛況だそうです。旅先で一緒に食事をしたり、観光地を廻ったりは心地よいけれど、ツアーそのものには一人で参加したい、という心理です。こういったツアーの企画増加は、一人が好きな人が増えている時代を語っているのかもしれません。ツアーの参加者たちは、このツアーに同性や異性との出会いを求めているわけではなく、本当に一人が好きな人が多いらしいのです。

一人が好きな人同士は、相性がよい?

一人が好きだという人の中には、自分自身との豊かな対話を多く持っている人や、自分の専門分野を深く掘り下げている人が多くいます。そのため、誰かと話を始めると、相手を魅了するほどの、専門分野での造形の深さを披露してくれる人も少なくありません。自分の世界を持つこうした人同士の会話は、互いの分野こそ違っても、哲学的に噛み合う部分が多いため、愉快なムードのままの会話が長く会話が弾むことがあるようです。また、普段の人との距離の取り方が似ている者同士、話が噛み合うのかもしれません。もしかすると、人知れず長く背負ってきたものにも共通の何かがあるのかもしれません。

一人が好きならば、何でもできる

日本にはその昔から、和を尊ぶ風潮があるので、一人が好きだと公言できる人はなかなか少ないかもしれません。けれども一人が好きな人の多くは、人の手を借りなくても多くのことを自力でできる、能力の高い人だということはやはりできそうです。そういった人は、根っからのさびしがり屋や、いろいろな事情から自立が容易ではない人がいる一方で、一人でもじゅうぶんに人生を謳歌することが適いますので恵まれているということもできます。

そして、そもそももともとの能力が豊かですので、一旦自分と話の合う人に出会ったならば、譲歩したり、共感したりということが、実は難なくできてしまう器用な人も多くいます。一人で生きるのか、誰かと生きるのか、人の中で生きるのか。選択肢があるうちは、実は幸せです。一人で生きることをこれからも続けていくのかを、時にふと考え直す時間を人生の節目、節目で持つのも、悪くはないでしょう。

一人が好きな人に似ている性格

目を合わせない人

Blockquote firstBlockquote second

「人の話を聞く時は相手の目をちゃんと見る。」誰でも一度は聞いたことのある言葉です。しかし、話をしているときに目を合わせない人もいます。またはどうしても目を合わせることか苦手な人もいるでしょう。目を合わせない人はどんなことを考えているのでしょうか。

人間関係リセット症候群

Blockquote firstBlockquote second

「人間関係リセット症候群」という名前を、皆さんはお聞きになった事はありますか?名前を聞くだけでも、なんとなく、想像のしやすい名称ではありますが、一体どんな症候群なのでしょうか?人間関係リセット症候群について、色々、掘り下げてみましょう。

一人が好きな人に合った職に就こう。

一人が好きな人に合った職に就くために、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントとは、的確なアドバイスをしながら、一人が好きな人に合うような就職先を一緒に探してくれる人材紹介サービスです。面接の練習を行ってくれるところもあります。

一人が好きな人の転職を成功させるために、転職エージェントをおすすめします。