Search

検索したいワードを入力してください

1人が好きな人の性格の特徴と心理・向いている仕事6つ

Author nopic iconGG M
カテゴリ:人の心理

初回公開日:2017年05月21日

更新日:2020年06月10日

記載されている内容は2017年05月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

1人が好きな人の性格の特徴と心理・向いている仕事6つ

一人が好きな人の性格・特徴

一人が好きな人の性格

気付くと皆の群れとは距離を置き、一人で行動している、一人で昼食を堂々と食べているなど、一人が好きな性格の人は少なからずいるでしょう。自分の好奇心に忠実で、自分を持っているようにも見えます。

また、大人であり、社会人であって、長く一人で暮らし、さまざまな判断を一人で行い、行動力があるように見えます。必要とあれば、他の人とのコミュニケーションをしっかりと取ることもできます。誰かといることが心の安定につながるタイプの人から見ると、そんな人たちは、自立していて、恰好良く感じることもあるでしょう。

しかし、あまりにいつでも孤独を謳歌しているその様子に、もしかして人間嫌いなのか、話していると愛想が良いけれど、実は自己中心的な性格では?などと勝手に想像されてしまうこともあったりします。一人が好きな人の性格にはどういったものがあるのでしょうか。

一人が好きな人の特徴

一人が好きな人は孤独に強い人です。誰かと一緒に時間を過ごすことや、同じ体験を共有することをあまり喜びません。孤独を感じない性格だからです。

そのため一人が好きな人は、パートナーを求めたり家族を作ったり、趣味を通じで他人と交流するようなことはしません。

一人であることから脱しようと、自分から積極的に特定の人間と密な関係を築き継続するようなことも、ほとんどありません。

Blockquote firstBlockquote second

男性の場合
男性の場合、もともと大勢で行動する方は少ないと思います。基本的に単独行動をすることに抵抗がないのではないでしょうか。そんな中でも一人が好きだという方は、こだわりや考え方が強い人が多い印象です。

Blockquote firstBlockquote second

女性の場合

女性の場合は、無理にまわりにあわせようとするのではなく、一人で過ごすことを選ぶという印象です。男性と比べるとより感情的な面が強いので、自分の気持ちに素直に従っていると言えるでしょう。

一人が好きな人の心理・原因

一人が好きな人の心理

一人が好きだという人と話してみると、一人が好きであることが必ずしも人が嫌いであるということとイコールではないことに気付かせてくれます。むしろ、話せば話すほど、気が利いて優しく、ユーモアに溢れ、周囲の人への配慮ができる人であったりします。こういった人々は、人に気を遣い過ぎて、自分のことができなくなってしまう傾向を備えています。

例えば、誰かとショッピングに行ったとします。自分が好きな商品の場所へ、一人であれば行きますが、このような人々は、自分が好きな商品が扱われている場所に誰かを連れていくということ自体が苦痛にすら感じられてしまうでしょう。「この人が一人だったら本当に見たいものは何だろう?」といつでも感じてしまうからです。「自分に合わせているこの人は果たして今、楽しんでいるのだろうか」と、どんなときにも自然に考えてしまうのです。同じ部屋にいて、自分は寒さに耐えながら、暑がりの人の冷房にひたすら合わせて何時間でも過ごすタイプもこういった傾向を持つ人々です。よく言えば、自分よりも相手を大切にすると言えますし、すこし悪い言い方をすると相手の気持ちをいつでも思い遣るあまり、何も人と一緒に楽しむことができないということもできてしまいます。

しかし、このようなタイプの人に共通して確実に言えることは、人の気持ちに鈍感ではない、ということです。ほとんどの時間を人と一緒に過ごしながら、思い遣りを持てない人がいるでしょう。そういう人に比べると、思い遣りを十分に持っているからこそ、人と一緒の時間を楽しむことができないのがこのようなタイプの、一人でいることが好きな人々です。

一人が好きな人の原因

一人が好きになった背景としては幾つかの原因が考えられます。そして、その多くに、幼少期や多感な十代の頃の体験が色濃く影響しているようです。例えば、とても小さな頃から、周囲の人に気を遣うように育てられたという原因が考えられます。厳しい家庭で育ち、常に周囲の人に気を遣うことを繰り返し親などから厳しく言われ続けてきた養育環境は、幼い子供の権利ともいえる、ただ一方的に周囲に甘えるという必要な成長過程を許していません。人といる時間は、楽しく寛いだひとときではなく、本人にプレッシャーを与え続けるだけの時間になってしまうのです。「気が利かない子だね」「お姉ちゃんなんだからもっと我慢しないと」と繰り返し周囲の大人が本人に対して言ってしまうなど、他者への配慮を過度に期待され続けたこういった育ち方は、大人たちの思惑とは離れて、一人が好きになる要因を育んできたといえるかもしれません。

あるいは、周囲の大人の人間関係があまりにも複雑過ぎた場合です。子供にとっては知りたくない大人の事情や、大人の心理といったものに、否応なく囲まれざるを得なかったという養育環境も、一人でいることがほっとする、といった心理を育てたであろうことは想像が難くありません。子供時代には、じゅうぶんに子供でいられる時間と環境の中に身を置けることが、とても大切です。

一人が好きな人が苦手なこと

妥協すること

一人が好きな人の多くが本能的に苦手としてることにはどういったものがあるでしょう。まず、ストイックで、どこまでも自分がなりたい姿を追及する人の中にも、一人でいることが好きな人が多いようです。

誰かと一緒にいるということは、妥協することだと言い換えることもできます。人と過ごすことは、予定を合わせ、好みを摺り寄せ、価値観を重ね合わせることですので、妥協の連続だとすらいえるでしょう。もともと備わった能力が高い場合や、自分の信念を強固にしっかりと持っている人の場合には、他の人の存在を必要とすることもなければ、また、自分を変えてまで人と何かを分かち合う必要も、それほど感じないのかもしれません。あまりにも確立された自我がこのように強すぎる時には、近くにいる誰かの存在そのものを疎ましくさへ感じてしまうこともあるようです。近くにいる人も、気持ちが安らぐことがなかなかできないでしょう。

人にスケジュールを合わせること

自由になる時間のほぼ全てを自分の思い通りに使いたいと感じる人もまた、一人が好きな人の中に多くいるようです。行きたい舞台がある。参加したい個人のスポーツ大会がある。家族のことよりも優先させて、常に仕事で良い評価を出したい。こうして列挙すればきりがないほどに、現代は一人で満喫できる喜びに満ちた時代だともいえます。

一人で楽しみたいことが時間が足りなく思える程あり、一人だけで満足感をじゅうぶんに覚えることができるので、誰かとスケジュールを合わせたいとは思わないでしょう。

人と一緒に暮らすこと

一人が好きな人にとって、苦手なこととしてあげるなら、人と一緒に暮らすことでしょう。パートナーや夫婦であるケースばかりでなく、親や祖父母、兄弟といった、自分の意思決定でスタートをしたわけではない場合でも、人間関係の中で一つ屋根の下に暮らすという日々は、一人が好きな人にとっては苦痛です。誰が悪いわけではなく、一人のときに心から安らぐという場合もあるでしょう。自分の人生の大半を振り返りながら、人とは暮らせなかったがこのペットは最良の相棒だよと微笑む人もいるでしょう。

一人が好きな人に向いている仕事

一人が好きな人に向く仕事にはどういったものがある?