Search

検索したいワードを入力してください

「物事を気にしない」人の心理や特徴|他人との人間関係や悪口など

Author nopic iconGG Media編集部
人の心理 / 2019年01月16日
「物事を気にしない」人の心理や特徴|他人との人間関係や悪口など

物事を気にしない人の心理・特徴とは?

物事を気にしない人は「マイペースである」

物事を気にしない人は、マイペースな人であることが多いです。自分の都合やタイミングが行動の基準であり、周りに合わせるということを嫌います。周りがどんな状況であろうと、自分のやるべきことを優先し、淡々と行動します。

しかしこれは、自己中心的であるとも言えます。あまりに周囲を見ずに行動するため、反感を買ってしまうことも多いでしょう。しかし、マイペースな人は、そうした周囲の反応も気にしないのです。周囲に左右されずに動けるということは、常に自分の行動に自信をもっているということなのでしょう。

物事を気にしない人は「他人に興味を示さない」

気にしない性格の人は、あまり他人に興味をもっていません。そのため、他人が何を言ってきても、それほど深刻なダメージを受けずに済みます。自分が興味のないことは、すぐ忘れてしまいますよ。それと同じことで、他人に興味がないと、その人が言ったこともすぐに忘れてしまうのです。

また、あまりに興味がなさすぎて、悪口や陰口に気づかないという場合もあります。先述したように、周囲から反感を買っても気にしないのは、こうした理由からです。周囲の人の反応に興味がないのです。これは、人の話に共感したり、心情を汲むといったことも少ないということです。そのため、物事を気にしない人は、冷たい性格であるという印象を与えることもあります。

物事を気にしない人は「執着心がない」

物事を気にしないということは、物事に執着しないことでもあります。例えば、とても欲しいものがあって、それを手に入れることができなかったとします。普通は悔しくてたまらないでしょう。ショックを長く引きずるかもしれません。

しかし気にしない人は、手に入らなかった時は、きっぱりと忘れるのです。どうにもならないことには、いつまでもこだわりません。これは人間関係も同じで、気が合う友人と離れることになったとしても、実はそれほど気にしていません。他人にも執着しないのです。これは、物事をありのままに受け入れ、それに合わせて柔軟に切り替えられるということなのです。

物事を気にしない人は「自分に自信がある」

気にしない人は、他人に興味がないだけでなく、自分に自信をもっています。常に自分の行動に自信をもてるのは、自分自身を信じる強い心があるからです。だからこそ、他人の悪口や陰口も気になりません。

また、気にしない人は、その自信ゆえに常に余裕があります。そのため、悪口や陰口を、ひとつの意見として冷静に受け止める広い心をもっています。たとえ悪意をもって投げかけられたものでも、それを貴重な意見と捉えることができるのです。つまり、物事を気にしない人にとっては、悪口や陰口などは存在しないとも言えるでしょう。このように、気にしないということは、自分を信じて前向きに生きるということでもあるのです。

物事を気にしない人は「失敗も気にならない」

物事を気にしない人は、失敗も気にすることはありません。例え失敗しても、それを次につなげる糧として捉えているのです。これは、悪口を意見として受け入れることとも共通しています。マイナスの要素をプラスに変えるポジティブな思考をもっています。

このため、失敗しても、自分のことを愚かだとか、情けないと思ったりはしません。自分を哀れむということがないのです。また、失敗を他人のせいにするようなこともありません。失敗は、あくまで成功するための通過点として考え、決して不必要な悲観はしないのです。失敗に対するこうした考え方から、物事を気にしない人は、「失敗は成功の基」という言葉を正しく理解している人と言えるでしょう。

物事を気にしない人は「どうにもならないことは考えない」

物事を気にしない人ほど、自分の手に負えないようなことは深く考えません。例えば、天候は自分ではどうやっても変えることはできないものです。気にしない人というのは、大雨で楽しみにしていた予定が台無しになったとしても、それをいつまでも悔やんでいることはありません。それならそれで、室内での過ごし方を充実させることを考えます。

また、交通渋滞なども、同様に個人の力ではどうすることもできません。そうした場合にも、気にしない人はイライラせず、その状況をありのまま受け止めているものです。このように、気に病んでも決して変わらないことは、早々に諦めるのが気にしない人の特徴です。無駄なことにはエネルギーを使わず、素早く切り替えができる人なのです。

物事を気にしない人は「ひとりの時間が苦にならない」

気にしない性格の人は、ひとりきりの時間がまったく苦にならない人が多いものです。誰かと一緒にいないと気が済まないという人もいますが、物事を気にしない人は、ひとりの時間を嫌うどころか、むしろ大切にしています。

気にしない人というのは、他人に依存しすぎることがなく、あくまでも適度な距離感を保っています。そうすると、他人のために割く時間は少なくなり、必然的に自分の自由な時間が増えていきます。このため、自分の時間を有意義に使うことを心得ているわけです。気にしない性格の人ほど、他人といる時の沈黙が気にならないという人が多いのはこのためです。ひとりの時間に慣れているのです。

物事を気にしない人は「結果を急がない」

マイペースであることとも共通しますが、物事が気にならない人は、何かの結果を急ぐということがありません。どんなことにも大きく構えて、自然体で結果を待つのです。これは、自分に自信をもっていることもありますが、もし失敗しても、他の人よりはダメージが少ないことも大きいでしょう。

気にしない性格の人は、物事に執着しないため、切り替えが早いことが特徴です。何かに失敗しても、必ずそれを糧にして、別の方法を考えます。結果を待っている時点で、すでに次の一手を考えている場合もあるかもしれません。

結果を急ぐ人は、あまりに急ぎすぎて、安易な近道や楽な方法に流れてしまうこともあります。しかし、結果を過度に気にすることがなければ、そのようなこともありません。常に自然体であることが、気にしないことのコツなのです。

物事を気にしない人は「他人を羨まない」

物事を気にしないということは、他人を羨んだりすることもなくなります。そもそも他人に興味がなく、自分を信じる強い心をもっているのですから、羨む必要がないのです。嫉妬したり妬んだりすることも少ないでしょう。このような理由から、他人の成功は手放しで祝福することがでるのも、気にしない人の利点です。他人に興味がない一方で、祝福することを妨げるようなしがらみもないため、祝うべき時には何も迷うことがないのです。

物事を気にしない人は「過去を振り返らない」

物事を気にしない人は、当然、過去も気にしません。過去のことを悔やんでストレスを溜め込むというのはよくあることですが、気にしない人は、そもそも過去を振り返ることが少ないです。これは、過去を振り返ったところで、変えることはできないという考えをしっかり持っているからです。また、切り替えが早く、すぐ忘れられることも要因でしょう。

さらに、失敗を反省して次へのステップにしているため、いつまでも考える必要がないという理由もあります。常に前を見据えていることで、余計なことを気にしない過ごし方ができるというわけです。

物事を気にしない人は「チャレンジ精神がある」

気にしない性格の人は、失敗を恐れないため、チャレンジ精神に溢れた人が多いです。これは、自分に強い自信をもっていること、失敗しても必ず次へつなげられることが大きく影響しています。そのため、多くの人が感じる不安を払拭することができ、大胆な行動をとることが可能となります。

また、何か大きなチャレンジするときには、周りからはその危険性や無謀さを注意されたり、ときには貶されたりすることもあります。しかし、気にしない性格であるが故に、そうした障害も乗り越えて行けるのです。気にしていないのですから、そもそも障害とは思っていないのかもしれません。

物事を気にしない人は「健康的な人が多い」

他人の目を気にしないということは、ストレスフリーな生活ができるということでもあります。そのため、物事を気にしない人には、精神的に健康な人が多いです。ストレスというのは、健康を考えるなら決して軽視できない要素です。ストレスが溜まり過ぎると、うつ病などの深刻な病気なる可能性が高くなります。それが悪化していけば、最終的には命に関わることになります。

物事を気にしない人は、他人の目や言動を気にしないだけでなく、過去を振り返ったり、失敗を悔やんだりすることも少なく、生活の中でストレスを感じる場面があまりないのです。そのため、いつも溌剌として健康的なイメージがあります。周囲を気にせず、自信をもって暮らすことは、健康の維持にも有効な生活スタイルと言えるのです。

物事を気にしないで過ごすために意識すること

時間が解決してくれることを意識する

人から悪口を言われた時は、とても傷つきますし、腹も立ちます。しかし、そうした感情は、時間の経過とともに徐々に薄まるはずです。そのことを常に意識しておきましょう。それだけでも、気にしないということには効果があります。

嫌な気分をずっと引きずったままでは、他のことに手がつかなくなってしまうでしょう。そうではなく、嫌な気持ちもそのうち忘れることを意識し、本当にやるべきことや大切なことの方に集中するのです。気にしないためには、嫌なことを頭の中で何度も追体験するのは、極力避けなければなりません。少しでも他のことを考える余裕ができれば、嫌なことを思い出す回数も減らすことができます。

悪口を深刻に受け止めない

悪口を気にしない人は、悪口を冷静に意見として受け止める余裕をもっています。また、悪口であることに気がつかない場合もあります。いずれにしても、悪口をダイレクトに受け止めることはありません。気にしない人のように意見として考えるのは難しくとも、そのまま受け止めないように意識することはできるでしょう。

悪口を受け止めて、反論したり、間違いを正そうとすることもおすすめしません。正面からぶつからず、なるべく逸らしたり、いなしたりするイメージで対応しましょう。日常的に悪口を言うような人からは、自然と人が離れていくものです。悪い行いは、必ずその人へ帰っていくということを頭の片隅に置いておきましょう。それなら、あまり真剣に考えることもなくなるでしょう。

相手の心理を想像してみる

悪口や陰口を言う人は、劣等感などから他人を攻撃している場合があります。他人を執拗に傷つけることで、自分の惨めさを抑えようとしています。悪口を気にしないようにするには、そのような、相手の心の弱さに目を向けてみるのも、ひとつの方法です。

悪口を言ってくる相手が、そうすることでしか心のバランスを保てない人間だと思えば、その人が憐れに思えてくるでしょう。そのように考えることができれば、悪口や陰口のダメージを減らすことができるはずです。

すべての人から好かれることはないと理解する

人間にはいろいろな人がいます。考え方も実にさまざまです。そのことを思えば、すべての人から同じ評価を得ることなど不可能なことが分かります。自分のことを好意的に見てくれる人もいれば、悪く思う人もいて当然なのです。他人からの攻撃を気にしないようにするには、そのことをしっかり理解しておきましょう。

たとえ悪口を言われても、それはあくまで相手の主観に基づく発言です。正しいことの定義は、人それぞれなのです。必要以上に気にすることはありません。それよりも、自分が評価されたことの方を考えましょう。人は非難されたことの方を強く覚えていたりするものですが、そうではなく、プラスの面を意識することで、気にしない過ごし方ができるようになります。

言われたことを改善してみる

悪口や陰口は、根も葉もない誹謗中傷であることもあれば、実は耳の痛い話である場合もあります。もしそう感じて、その悪く言われた部分を直すことが可能ならば、改善してみるのも良いでしょう。物事を気にしない人には、悪口もひとつの意見として受け入れ、直すべきところはしっかり直すという特徴があります。

それを見習って、悪口の原因となっていることを改善してみるのです。付け込まれる隙がなくなれば、それ以上は攻撃できなくなるはずです。言われた時は腹が立つでしょうが、一旦冷静になって問題点を改善できれば、それ以降は悪口を気にしないで過ごすことができるのです。

自分を褒める

悪口を言われたりすると、自分自身を否定してしまいがちです。そんな時は、何でも良いので自分を褒めてみましょう。「あんなひどいことを言われたのに耐えたのは凄い」「こんなに嫌な思いをしても普通に生活できている」など、どんなことでも構いません。とにかく自分を肯定するのです。

物事を気にしない人は、自分に自信をもっていることが多いものです。それによって、悪く言われても動じることがありません。したがって、気にしない人になるには、自信をもつことは重要です。自分を肯定し、自信をもって過ごすことができれば、自然と周囲のことを気にしなくなるでしょう。

発想を逆転させる

他人から悪く言われるということを、逆に考えてみましょう。自分が注目されているから反発も多くなると考えれば、それは長所とも言えるはずです。本当に嫌われている時は相手にすらしてもらえず、徹底的に無視されるという話があります。

それを思えば、悪口を言われているうちは、まだそれほど深刻な状況ではないと考えることもできます。特に職場などでは、ライバル視されているが故に攻撃されるということもあるはずです。その場合は、ある意味で相手もこちらを認めているのだと考えましょう。このように、物事をポジティブに考えることが、気にしないことのポイントとなるのです。

自分のことだけに集中する

職場で孤立したというような場合も、気にしない人は飄々としているものです。普段と変わらず、淡々と仕事をこなしているでしょう。それを見習って、たとえ孤立したとしても、自分の仕事を完遂することに全神経を傾けてみましょう。

何と言っても孤立しているのですから、無駄話などに付き合わされることもありません。仕事に集中するにはもってこいの状況だと考えましょう。また、孤立したことで仕事の効率がアップすれば、今までどんなに余計な時間を使っていたか気づくことができるでしょう。

実はメリットもあることを意識する

周囲から悪口や陰口を叩かれ、ついには孤立してしまったとしても、実は悪いことばかりではないと分かれば、それほど気にしないで済みます。例えば、孤立していれば、飲み会になど誘われるはずがありませんよね。それまでなら、出席したくない飲み会を断るために、理由を考えるのに苦労したこともあるでしょう。しかし、誘われないならそのような心配もありません。

最初は少し寂しく感じても、自分のお金や時間を節約できると思えば、そんなに悪い気はしないというものです。仕事が終わったら、他人のことなど気にしないで、自由な時間を満喫しましょう。

他の人と付き合う

悪口ばかり言われるときは、無理に付き合うことはありません。物事を気にしない人は、他人にも執着がないので、関係がこじれても修復に労力を費やすことはありません。それならそれまでと、きっぱりと切り捨てます。

そのため、こちらからは近寄らず、距離を置いてしまいましょう。切り替えて別の人間関係をつくっていくのです。職場で孤立した場合でも同様です。職場内での人間関係にこだわらず、職場の外で自分の居場所を見つけましょう。職場以外の人間関係ができれば、世界が広がって見えるはずです。そうすれば、職場は仕事のための場所でしかないと割り切ることができます。そのように考えられれば、もう周りを気にしないで仕事に集中できるでしょう。

今は通過点だと考える

物事を気にしない人は、たとえ失敗しても、それを次の糧にしようとする気持ちが強い人です。そのため、たとえ職場で孤立するようなことがあっても、今はステップアップに必要な時期と考えるようにしましょう。

今よりもっと高い目標を掲げれば、そのための勉強をしたり、スキルを磨いたり、やることがたくさん出てきます。それらに集中して取り組めば、悪口や陰口を気にして悩んでいる暇はないはずです。そうすると、職場内での評価もそれほど気にしないで済みます。常に先を見据えて、ポジティブに過ごしていきましょう。

周囲に期待しない

物事を気にしない人は、他人への興味が薄いため、期待し過ぎるということがありません。気にしない生活をするには、最初から他人に多くを求めないことが大切です。そうした考えをもっていれば、職場で孤立したような場合にも、無駄に動揺したりせず、冷静に自分のことだけに集中できるでしょう。

また、仕事ができる人は、あまり群れることがないという考え方もあります。周囲に振り回されない状況なら、良い仕事ができるのだと考えましょう。そうすることで、周りから孤立していることも気にならなくなります。

物事を気にしすぎないようにしましょう!

物事を気にせず行動するということは、メリットも多い反面、反感を買うことも多いものです。しかし、至るところにストレスが溢れ返っている現代では、あまり気にし過ぎるのも危険なことです。時には、周りを顧みずに行動することも必要になってくるでしょう。そんなときは、物事を気にせず過ごす方法を思い出してみてください。それを参考にして、苦しい状況に突破口を見出すことができたなら、その先には、きっと有意義な生活が待っていることでしょう。

今の職場が合わないな、と思ったら。

今の職場は、自分に合っていないのかもしれない...

もっと良い条件の職場で働きたい...

そんな悩みを抱えている人は、他の労働環境や条件について知る機会を持ってみましょう。

今の職場身につけたスキルは、転職時に高く評価されることもあり、転職によって年収が上がる可能性も大きいです。
「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」と心配な場合は、転職エージェントに聞くことで知ることができ、かつ自分に適した環境を提案してくれますよ。

どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連記事

Related