Search

検索したいワードを入力してください

次男の特徴と性格・次男に多い名前・次男との結婚の現状

Small 7aaa5c49 526a 446b b552 7b964cdfb039西原広大
性格・タイプ / 2018年01月19日
次男の特徴と性格・次男に多い名前・次男との結婚の現状

次男の特徴や性格の紹介

次男の特徴と性格・次男に多い名前・次男との結婚の現状

兄弟構成の中で先に生まれた男の子が長男。次に生まれた男の子は次男とされています。性別としては同じ男の子ですが、長男か次男によって特徴や性格が違っています。

長男だから次男だからというよりはそれぞれの育つ環境の違いや親のしつけ方の違いなどによって違いが出てくるようです。全ての次男が同じ特徴や性格を持っているというわけではありませんが、ほとんどの部分でそれらは共通しています。

平和主義

次男は基本的に平和主義である場合が多いです。小さいころは暴れん坊だったり、長男と喧嘩をすることもありますが、次第に長男には絶対に敵わないということを知り、いつの間にか争いを好まない平和主義になるようです。

もともとは長男に対して恐怖を感じて平和主義になりますが、小さい頃に自分の敵わない絶対的な存在を知ることで大きくなってからもその平和主義の性格は続くようです。勝てないから争わないのではなく、そもそも争うこと自体が嫌いということもあり、平和主義に加えて優しい性格である場合も多いです。

自由奔放

長男に限らず第一子の場合、親は日々分からないことと闘いながら手探りで子育てを進めていきます。どれぐらいの時期にどんなことが出来ていればいいのか具体的なことも分からず、他の子が出来てわが子が出来ていないと躍起になってそれを教えたり、厳しく子育てをすることが多いようです。

しかし次男の場合は親もある程度経験を積み、子育てに対してラフな気持ちで取り組むことが出来ます。長男に比べればしつけも甘くなり、自由に伸び伸びと育つ場合が多いようです。

何をやっても怒られませんし、また長男のものを奪ったとしても親がそれを許してくれます。甘やかされて育つ傾向にある次男は自由奔放な性格でもあると言えます。

世渡り上手

次男は基本的に長男の真似をして育ちます。長男がやっていることであれば何でも自分もやってみるため小さなうちから様々な物事を経験します。そのため何をどうすればいいのかコツを掴むのが早かったり、どのように振舞えば怒られないのか、親は喜ぶのかを小さいうちに覚えます。

コツを掴むのが上手く、立ち回りも上手いため器用な人が多く大抵のことは難なくこなしてしまいます。しかも自分をアピールする方法も知っているためアイドル的な存在になることもしばしばです。

平和主義で、自由奔放と一見のんびりした印象を持たれる次男ですが、意外に策士な一面も持ち合わせており、世渡り上手な人も多いです。

次男に多い名前

次男の特徴と性格・次男に多い名前・次男との結婚の現状

子供の名前を決めるというのは非常に重要なイベントです。名前は親からの最初の贈り物と言われているように、子供の名前を考えるのは楽しいことである反面、難しくもあり緊張するものです。

次男に多い名前と言えば安易に次郎や二郎を思い浮かべる人も多いですが、実際はそうではありません。仮に長男が一郎や太郎であってもそうでない場合もありますし、長男でも一郎や太郎といった名前は少なくなっています。

では現在はどのような名前が多くなっているのか、それには何らかの法則があるようです。

次、二が入る名前は多い

次郎や二郎というどこからどう見ても次男と分かる名前は減ってきていますが、それでも次男には次や二を名前に入れることは多いようです。

例えば慎二や浩次のように名前の後半部分に次や二を入れることが多いようです。また最近では二胡(にこ)などのように男の子でも可愛い名前を付けている人も多いようです。

長男との関係性のある名前

次男だけで名前を考えるのではなく、長男の名前と関係していたり、他の兄弟姉妹と関係性のある名前を付けることも多いようです。

例えば陽介と大樹のように、太陽が樹木を育てるということに合わせて名づけたり、龍輝と虎太郎のように兄弟で龍虎を揃えるなど、兄弟間でリンクしているあるいはストーリーのある名前を付けることも多いようです。

次男との結婚の現状

次男の特徴と性格・次男に多い名前・次男との結婚の現状

結婚するとなると相手の性格は非常に重要になります。自由奔放で平和主義の次男とはどのような女性が相性がいいのでしょうか。

また結婚では兄弟構成というのも重要になります。長男と結婚するのであれば、良くも悪くも相手親との距離が近くなったりしますが、次男の場合はそうではありません。もちろん家庭によって違いますが、メインで関わるのはやはり長男夫婦と言えます。

相手の親との関係性は薄く主に二人の相性だけに焦点が絞られますが、次男にとって相性の良い女性悪い女性はあります。相性だけで全てが決まるわけではありませんが、結婚では非常に重要な問題になるので慎重に見極める必要があります。

嫁が末っ子

嫁が末っ子の場合は次男との相性はそれほど良くありません。末っ子の女性も次男と同じように自由奔放で世渡り上手な特徴があります。また他人に甘えることが上手で、振り向いてくれる相手を好みます。

末っ子女性と次男だとお互いに自由奔放なため意見が合致しないことがほとんどです。次男は平和主義でもあるので渋々折れることはありますが、ストレスが溜まっていることも多いです。また末っ子女性は相手に甘えたいのに対し、次男も自由な性格なので自分のタイミングでしか構ってくれません。

お互いに全てのタイミングが合えば上手くいきますが、タイミングが合わなければ気持ちのすれ違いが激しくなります。

長女など

長女や一人っ子と次男の相性は良いいと考えられます。長女や一人っ子は正義感が強かったり、しっかりと自分の意見を言う人も多いです。下に兄弟や姉妹がいる場合には人を従えることにも慣れているので次男は尻に敷かれる場合が多いです。

しかし長女や一人っ子は管理能力にも優れているため次男は尻に敷かれてある程度の自由を奪われた方が色々なことが上手くいくことも多いです。

次男は次男で長女や長男など上の立場の人には逆らえないということを知っているので一度上に立たれると立場が逆転することはありません。そうなれば平和に過ごすことに努めるので大きな喧嘩もなく、穏やかに過ごしていくと言えます。

血液型別次男坊の特徴

次男の特徴と性格・次男に多い名前・次男との結婚の現状

血液型占いでは血液型によってそれぞれの性格や特徴の違いを大きく分類しています。A型であれば几帳面、B型は自己中心的、O型は大雑把、AB型はミステリアスなどのようにそれぞれの特徴を知っている人も多いです。

しかし血液型占いはそれだけではなく、次男という特徴によってもそれぞれ変化していきます。血液型によっては次男の特徴や性格が色濃く表れたり、逆に薄れる場合もあります。

O型

O型は大雑把、大らかというイメージがありますが、言い換えれば広い視野で物事を見ているということになります。次男はもともと世渡り上手なタイプで、O型の次男は視野の広いさらに世渡り上手なタイプだと言えます。

視野が広くなったことで非常にバランス感覚に優れています。他の血液型と比べても随一の安定感があると言えます。

B型

自己中心的と言われるB型では次男の持つ自由奔放な特徴がさらに色濃く反映されます。B型の次男は自分の世界を大切にし、そして何よりも自由を好みます。誰が何と言おうとわが道を行く、自由人タイプだと言えます。

A型

几帳面な印象のあるA型では次男の自由奔放な特徴は影を潜め、A型の特徴が色濃く表れます。几帳面さが強く出ることが多く、次男特有の伸びやかさは失われますが、世渡り上手な面もありますのでビジネスなどでちゃっかりと成功するタイプでもあります。

AB型

ミステリアスなイメージのあるAB型ではその印象と次男の自由奔放な特徴が融合します。自分の世界を大切にするところはB型と同じですが、外に自由を求めるのではなく、自分の内側に自由を求める芸術家タイプになります。

自分の世界が絶対であって意志も強く、世渡り上手であったり平和主義な部分は影を潜めます。自分の世界を貫いていくタイプだと言えます。

次男と相性のいい人とは

次男の特徴と性格・次男に多い名前・次男との結婚の現状

どことなく掴みどころのない次男ですが、実は自分の中に譲れないこだわりを持っていることも多いです。そんな次男と相性のいい人は長女のようにしっかり自由な次男をコントロールできる人。あるいは自由な部分やこだわりを丸ごと受け止めることが出来る包容力のある女性だと言えます。

次男は甘やかされて育つ人が多いので自分を甘やかしてくれる人を好みます。しかしただ甘やかすだけではどこまでも自由に、そして自堕落になってしまいますので、甘やかしながらも上手に手綱を握れる管理能力の高い女性と次男は相性が良いと言えます。

次男は優しさに溢れている

次男の特徴と性格・次男に多い名前・次男との結婚の現状

自由奔放だったり、伸びやかでのんびりとしたイメージの強い次男ですが、争いを好まず優しい性格の人も多いです。甘やかされて育っている人も多いですが、それはたっぷりと愛情を注がれて育ったということでもあります。愛情を注いでもらった経験のある人は他人に対しても愛情を振りまくことが出来ます。次男は優しさに溢れ、そして愛に溢れた人なのです。

関連記事

Related