Search

検索したいワードを入力してください

厄除けのお守りの効果は?持ち方・置き場所・方角も紹介

Author nopic iconnkskmh
カテゴリ:スピリチュアル

初回公開日:2017年09月27日

更新日:2020年03月04日

記載されている内容は2017年09月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

厄除けのお守りの効果は?持ち方・置き場所・方角も紹介

厄除けのお守りの効果

厄年の人はもちろん、いつ起こるかわからない災難から身を守ってくれるようにという願いを込めて厄除けのお守りを購入し携帯するという方は多いと思います。この厄除けのお守りの効果というのは、上記ですでにご紹介致しましたようにお守りの持ち主を災難から守ってくれるという効果がありますが、同じ厄年のお守りでもその意味はお守りを販売している神社ごとによって異なりますので、厄除けのお守りを購入するときには注意が必要です。

厄除けのお守りの持ち方

神社が販売しているお守りというのは、神様のいらっしゃる場所の代わりとなっているものなので、厄除けのお守りの効果を発揮するためには、常に厄除けのお守りを持ち歩かなくてはいけません。

お守りの最適な携帯場所というのは、一番気を発する心臓に近い場所です。なので、厄除けのお守りの効果を十分に発揮させるためには、持ち歩くときにはスーツなどの内ポケットに入れておくことをおすすめします。

財布

「厄除けのお守りは肌身離さず持ち歩かなくてはいけないので、いつも持ち歩いているお財布の中に入れている」という方は結構多いと思います。基本的に厄除けのお守りはお財布に入れても問題はないのですが、お財布に入れるときには以下の点に注意が必要です。

まず、お財布に厄除けのお守りを入れるときには、お財布をパンツのお尻のポケットなどに入れないようにしましょう。

お尻のポケットに厄除けのお守りを入れているということは神様の居場所である厄除けのお守りにお尻を向けている状態になってしまいますし、座っているときには神様の居場所である厄除けのお守りを踏みつけている状態になってしまいますので、あまり縁起の良い状態ではなくなってしまいせっかくの厄除けのお守りも効果を発揮しなくなってしまいます。

厄除けのお守りの効果を発揮させたいのであれば、お財布の置き場所、入れ場所には気をつけましょう。

さらに、厄除けのお守りは神聖な場所に置かないと効果を発揮しませんので、お財布に厄除けのお守りを入れる場合は、お財布は常にきれいな状態をキープするようにしておきましょうね。

厄除けのお守りの置き場所・方角

厄除けのお守りは神聖な場所をつくり、そこに置くことによって効果を発揮します。なので、自宅に厄除けのお守りを置いておく場合は、神棚に置いておくか、神棚がお家にない場合は洋服ダンスなど高い家具の上をきれいにお掃除して白い紙を敷いてから置くことをおすすめします。

厄除けのお守りは、お札の場合は太陽が南中する南向きに位置する北側の壁に貼りましょう。これが正しい厄除けのお守りの貼り方です。その他にも西側の壁に貼り、朝日が昇る東側に向くように設置するのもおすすめの貼り方です。

厄除けのお守りはプレゼントしていいの?

「自分が購入した厄除けのお守りではなく、ほかの人からプレゼントされた厄除けのお守りでも効果はあるの?」と疑問に思われる方は結構いらっしゃるかと思います。実は、自分以外の人のために厄除け祈願をするということは誰でもできることではありません。厄除け祈願のお守りというのは、ほかの人からもらったものの方が効果がアップすると言われていますし、プレゼントしたものであっても全く問題ないのです。

厄除けが有名な神社の紹介

厄除けで有名な神社というのは、全国各地に存在します。その中でも特に厄除けで有名な神社を以下にいくつかご紹介させて頂きます。

厄除けの効果が高い神社はどこにあるどんな神社なのかお知りになりたい方は、要チェックです!

東京

東京の厄除けのご利益がある神社というと、関東厄除け三大師のひとつである東京都足立区にある西新井大師でしょう。この西新井大師は、かの有名な弘法大師ゆかりの神社で、その昔弘法大師が立ち寄った時に病に苦しむ村人を救うために護摩祈願を行ったところ、清水が湧き人々の病が治ったということからこの神社が厄除けのご利益がある神社であると言われるようになりました。

東京で厄除け祈願とお守りを購入するのであれば、ぜひ、この厄除けのご利益のある西新井大社に参拝することをおすすめします。

京都

京都市内で最も厄除けのご利益のある神社と言えば、なんといっても八坂神社でしょう。この神社の御祭神は素戔嗚尊(スサノオノミコト)で、京都の有名な祇園祭はこの神社が行っている災厄の除去を祈る千百年も続く由緒正しいお祭りです。八坂神社はパワースポットとしても人気の高い神社です。

大阪

大阪の厄除けで有名な神社というと、後ほどご紹介致します住吉大社も有名なのですが、方違神社も厄除けのご利益のある神社として有名です。この神社は厄除けだけでなく、方位や地相、家相などの方災除けの神社としてもご利益があると言われており、遠方からも参拝される方がいらっしゃるぐらいご利益のある神社です。

大阪におとずれる機会があるなら、厄除けや方災除け祈願に参拝することをおすすめしたい神社です。

明治神宮

明治神宮は、明治天皇が祀られている国内からも国外からもたくさんの参拝客が訪れる、厄払いのご利益のある人気の神社です。個人で厄払いをする際に予約の必要がない点も明治神宮の特徴です。明治神宮の神楽殿で受付をした後、巫女が季節の花を手に携え倭舞(やまとまい)を舞って厄払いしてくれます。

佐野厄除け大師

関東の三大師のひとつである佐野厄除け大師も厄除けのご利益のある有名な神社です。厄除けや方位除けの祈願は毎日行われていますので、お休みなどを気にせず祈祷してもらうことができます。

住吉大社

大阪で「初もうでにおとずれる神社はどこ?」と聞くとほとんどの方が「住吉神社」と答えるぐらい人気のある神社なのが住吉大社です。結婚式の場所としても人気がありますが、厄除けのご利益もある神社です。

寒川神社

神奈川県の寒川神社も厄除けのご利益がある有名な神社です。1500年あまりの長い歴史のある由緒正しい神社で、鎌倉幕府をひらいた源頼朝や武田信玄なども信仰していた有名な神社です。さらに、一切の災厄を祓い除くことができる八方除の祈願ができるのもこの神社の特徴です。

信州善光寺

長野県にある厄除けで有名なお寺と言えば何といっても信州善光寺です。かの有名な源頼朝や北条一族もこの信州善光寺を篤く信仰していました。厄除けの御祈願は毎日行われていますので、平日でも日祝日であっても祈願できるのが、この信州善光寺の特徴です。さらに、善光寺は無宗派のお寺なのでどんな宗教を信仰されている方であっても厄除け祈願できる点もうれしいですね。

下鴨神社

世界遺産として有名な京都の下鴨神社も厄除けのご利益があると有名な神社です。厄除けのご祈祷は予約は受け付けておらず、当日受付のみで行われています。下鴨神社の両本殿は国宝にも指定されていますので、紀元前に建立された歴史のある由緒正しい下鴨神社で厄除けのご祈祷をしてもらえば、様々な災厄から身を守ってもらえることでしょう。

鶴岡八幡宮

神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮も厄除けのご利益があると人気の神社です。ご祭神は応神天皇と比売神(ひめがみ)、神功皇后(じんぐうこうごう)で、1063年に源の頼義が源氏の氏神として由比ガ浜に京都の岩清水八幡宮をお祀りしたのが鶴岡八幡宮のはじまりといわれています。

鶴岡八幡宮の御社殿は重要文化財の指定を受けているすばらしいもので、この歴史的価値のある御社殿で厄除けしてもらえば、様々な災厄から身を守ってもらえることでしょう。

成田山新勝寺

千葉県成田市にある成田山新勝寺も厄除けのご利益があると有名なお寺です。成田山新勝寺の御本尊は不動明王で、その御尊像はかの有名な弘法大師に敬刻開眼された霊験あらたかなものです。成田山新勝寺で厄祓いをしてもらえば、お不動様があなたの身代わりとなりあらゆる災厄から身を守ってくれることでしょう。

日枝神社

東京都千代田区にある日枝神社も厄除けのご利益があると人気の神社です。日枝神社は東京一の大社として将軍家や諸大名がご祈祷した由緒正しき神社です。近郊にお住まいの方はもちろん、東京におとずれた時にぜひ厄除け祈願をしておきたい神社です。

大宰府天満宮

学問の神様である菅原道真を祀っている受験生に人気の神社である太宰府天満宮も、厄除けのご利益があると言われている神社です。

天神様が愛されていた梅の木の下でひょうたんでお酒を飲むと災厄から逃れられるという言い伝えから、太宰府天満宮で厄除けの祈願を行うとお札やお守り、御神酒と厄晴れひょうたんがもらえます。太宰府天満宮で厄除けをしてもらえば、きっと天神様のご加護が得られ、あらゆる災厄から身を守ってもらえることでしょう。

法多山 尊永寺

静岡にある厄除観音法多山尊永寺も厄除けのご利益があると言われている有名なお寺です。この法多山の御本尊である観世音菩薩は厄除けと海運にとてもご利益があると言われています。さらに仁王門や金銅五種鈴など4種類の文化財があるすばらしいお寺でもあります。

法多山のご祈祷方法は護摩は、密教の秘法である護摩です。厄除けの霊験あらたかな正観世音菩薩様の前でご祈祷すれば、きっと災厄があなたの身に降りかかるのを防ぐことができるでしょう。

お守りの処分方法

厄除けのお守りは、ほかのお守り同様効果は1年とされています。願いが叶ったとしても叶わなかったとしても、1年たてば神のご加護に感謝して厄除けのお守りはきちんとしたやり方で処分しましょう。

厄除けのお守りの正しい処分方法は、購入した神社やお寺に直接出向いて返す方法です。お寺や神社には、年末年始にはお守りを納める専用の箱が用意されていますので、これまでのご加護に感謝しながら古い厄除けのお守りをその箱に納めましょう。箱の横に賽銭箱が設けられている場合は、お守りの購入金額と同額のお賽銭を入れておきましょう。

もし、お守りを購入した神社がお寺が遠方の場合は、神社の場合は神社に、お寺の場合はお寺にお返しすれば違う場所で購入したお守りであっても受け取ってもらえます。

もし、遠方であってもどうしても購入した神社やお寺にお返ししたい場合は、封筒に厄除けのお守りとお焚き上げ希望と書いた手紙と神様や仏様へのお礼のお金を入れて送れば、お焚き上げしてもらえます。

厄祓いや厄除けお守りで災厄から身を守ろう!

厄年の人もそうでない人も、できれば様々な災厄から自分の身を守りたいですよね。そうお考えの方は、ぜひ、上記でご紹介致しました霊験あらたかな神社やお寺で厄祓いしてもらったり、厄除けのお守りを購入しましょう。そうすれば、きっと霊験あらたかな神社やお寺のご利益であなたの身に災厄がおとずれるのを防ぐことができるでしょう。