Search

検索したいワードを入力してください

一人称が自分の名前の人の心理・一人称が自分の人の心理

Author nopic iconaki
カテゴリ:人の心理

初回公開日:2017年10月03日

更新日:2018年01月19日

記載されている内容は2017年10月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

一人称が自分の名前の人の心理・一人称が自分の人の心理

一人称が自分の名前なのは幼さのあらわれ?

初めて会った人の一人称が自分の名前だった場合、あなたはその人にどのような印象を受けますか。多くの人は、相手に幼い可愛らしさを感じ小さい子供のような印象を受けるでしょう。

一人称が自分の名前の人の心理と相手が受ける印象はとても似ています。それは、子供のような幼さが強い事です。自分を基準に物事を考えやすく、自分を見てほしいという心理状態が一人称を自分の名前で呼ぶという行動として表れています。

ただし、一人称を自分の名前で呼ぶという行動が幼さの表れではない場合もあります。それは、幼いころからの癖で直すきっかけもなく今まで使っていた場合です。他にも女性が一人称を自分の名前で呼ぶことには幼さが表れている以外に女性ならではの理由があります。女性が一人称を自分の名前で呼ぶ場合どのような理由があるのかみていきましょう。

女性の考え方の傾向と一人称

あなたの周りで一人称を自分の名前で呼ぶ人は、男性よりも女性のほうが多いのではないでしょうか。その理由として挙げられることが2つあります。

まず1つ目の理由は、女性の考え方の傾向です。女性は男性に比べて上手く人間関係を作りたいと考える傾向があります。自分の名前を相手に示すことで、自分は相手にとって無害な存在であり良好な人間関係を作ることができることを示しています。そして、相手と親しい関係になりたい気持ちが一人称を自分の名前で呼ぶという行動として表れていると言えるでしょう。

一人称が「私」に違和感がある?

次に2つ目の理由です。女性の一人称は基本的に自分の名前以外に「私」の1つしかなく、「私」という一人称に違和感をもっている場合です。男性は「私」「俺」「僕」と3つの中から選ぶことができるので、3つの一人称の中から自分に合うものを選んで使うことができます。

男性のように自分に合う一人称を選べればよいのですが、女性は選ぶことができません。そのため、「私」という一人称に違和感があり使いにくさを感じてしまう女性もいます。幼い頃から呼びなれている自分の名前のほうが使いやすいので、一人称を自分の名前にしているのでしょう。

自分の名前呼びが与える周囲への印象は?

子供のような幼い印象を受ける自分の名前呼びは、10代であれば可愛らしいですむかもしれませんが、社会人やいいお大人と言われる年代が使っていると周囲は違和感をもってしまいます。

自分の名前呼びは「私」という一人称に比べて自分を主張しているように聞こえやすく、わがままな印象や目立ちたがりな印象をもたれやすいです。実際は協調性のある性格でも、それが周囲に伝わりにくい可能性が高いので、あまりこだわって使っているわけではないのであればこれを機に「私」という一人称に変えてみてはいかがでしょうか。

自分の名前呼びは男性からみてNG?

一人称が自分の名前だからと言ってNGだと判断する男性は少ないのですが、一人称を自分の名前で呼ぶ女性に可愛らしい印象だけではなくわざとらしさも感じてしまう場合もあります。

20代後半を過ぎると大人の女性としてみられることが多くなりますので、大人の女性が一人称に自分の名前を使っていることに違和感やわざとらしさを感じてしまうのは仕方のないことでしょう。

男性から大人の女性として見てもらいたい気持ちがあるのであれば、自分の名前ではなく「私」を使うことをおすすめします。

社会人になったら「私」を使いましょう

幼い子供のような印象を与える自分の名前呼びは、好感を持ってくれる人とそうでない人に分かれやすい一人称です。社会人になると周囲から1人の大人としてみられる機会が多くなりますので、誤解をされないためにも「私」という一人称を使うように意識することは大切なことでしょう。

いきなり「私」という一人称が使いにくいなら、職場など大人として扱われる場所では「私」を使い、気心のしれた仲間や家族のまえでは自分の名前呼びにするなど使い分けから始めてみると良いのではないでしょうか。

一人称が「自分」の人の心理

一人称に「自分」を使う人に対して硬派な印象や誠実な印象を受ける人も多いでしょう。一人称に「自分」を使う人の心理には2つのパターンがあります。それは、自分に自信があり自分をアピールしたい気持ちの強さが表れている場合と、自分に自信がなく一人称に「自分」を使うことで硬派で誠実な人と思ってもらいたい気持ちが表れている場合です。

自分に自信がある場合は自分の考えを曲げられない事が多く、周囲が気を使っている可能性があります。そして、自分に自信のない場合は慎重で寡黙な印象を周囲に与えやすいでしょう。

ネット上で一人称が「自分」の人の心理

普段からの癖で使っているわけではなくネット上で一人称が「自分」の場合、自分を特定されたくない気持ちや縛られたくない気持ちが表れています。一人称の「自分」は性別に関係なく使うことのできる一人称であり、捉え方を変えればネット上や顔を確認できない場では性別がわからない一人称です。

性別がわからないと個人を特定することが難しくなります。自分を特定されない環境は、普段から自分の意見や考えを言えない人にとっては自由に発言しやすい環境です。一人称の「自分」は、誰かに縛られることなく自由に発言しやすいネット上で使いやすい一人称と言えるでしょう。

一人称が「自分」はオタクみたい?

一人称が「自分」は硬派で誠実な印象を与えやすくオタクというより、どちらかというと体育会系や軍人のような印象を周囲は感じています。そして、硬派な部分も堅苦しさや生真面目さに映る場合もあるでしょう。

社会人になると、相手や場面によっては不適切な一人称になることもあります。周囲の人に与える自分の印象に違和感があり、昔の癖というだけで使っているのであれば一度自分の一人称を見直してみるのもいいかもしれません。

一人称が自分なのはおかしい?