Search

検索したいワードを入力してください

損得勘定の意味・損得勘定で考える人の特徴7つと改善方法

Author nopic iconair.ryo
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2017年12月07日

更新日:2020年03月14日

記載されている内容は2017年12月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

損得勘定の意味・損得勘定で考える人の特徴7つと改善方法

損得勘定とは

損得勘定とは、物事を判断したり実行に移したりするとき、常にプラスかマイナスかで判断をすることをいいます。

そのため損得勘定が強い人は、結果がプラスでないことに対して不安や苛立ちを感じます。マイナスを意識しがちな人は、その分マイナスの記憶が残ってしまいます。

損得勘定の強い人は打算的な考え方をする人です。「これは損だ」「あれが得だ」と、損得勘定で動いていることを誇らしげに言うこともあるほどです。

損得勘定の読み方

「損得勘定」とは「そんとくかんじょう」と読みます。

損得勘定の勘定の「勘」は考える、「定」は決めるという意味です。もともとは漢語で「いろいろ考え合わせた末の結果」という意味があります。平安時代から江戸時代にかけて、金銭や見積もりの計算という意味で使われるようになりました。

損得勘定の意味

損得勘定の意味は、損か得かだけを考えて、利害を第一として物事を判断することです。

損か得かを判断するのはその人自身です。損得勘定とは、あらゆることに対してメリットとデメリットを判断し、見返りを求める考え方をするという意味です。

このような人は、損と判断したことに関してはハッキリと批判することもあります。損得勘定をもとにした行動が、対人関係などのつながりをもとにした行動よりも比重が高いためです。

損得勘定で考える人の特徴

損得勘定が強い人の特徴はたくさんあります。

「美人、イケメン」
「過去を振り返ると失敗した記憶ばかりが思い浮かぶ」
「損しないかをまず検討する」
「悩みや弱みを打ち明けない」
「感情的になることが少ない」
「大当たりよりも堅実に生きたい」
「人のミスが目に付く」「冷たい人、冷静な人といわれる」
「はっきりとモノを言う」

このような人は損得勘定が強い人です。以下に損得勘定で考える人の特徴をあげていきます。

特徴1:他人を信用しない

損得勘定の強い人間は、悩みを打ち明けるような交友関係がないという特徴もあります。

これはどういう意味かというと、損得勘定の強い人間にとっては悩み、つまりは弱みを打ち明けるということはマイナスでしかないからです。そのため損得勘定で考える人間は、顔が広い・交友関係が広いという風に見えても打算的なつながりであることが多く、悩みを打ち明けられるような深いつながりのある人が少ないことが特徴です。

特徴2:要領がいい

損得勘定で考える人間は容量がいい人が多いことが特徴です。

これが示す意味は、損得勘定で考える人間は打算的なので、常に物事を冷静に判断しているからです。損得で立ち舞われるという意味は、要領がいいという意味です。

損得勘定で考える人間は、常に自分が得をする立場に身を置く、要領がいい人間だという意味になります。

特徴3:見返りを求める

損得勘定が強い人間に見られる特徴としては、行動に関して見返りや報酬を求めるということです。

特に対人関係に見られることが多く、これが意味する内容は明白です。損得勘定で考える人間は得があることしか行いません。そのため、損することはしないという意味になります。

見返りを求める行動は、多くの人が無意識にしていることになります。しかし損得勘定の強い人は、気持ちよりも見返りという実態だけを、特に強く求める人たちのことを指します。

特徴4:出世欲がある

損得勘定が強い人には、出世欲が高いなどの貪欲な特徴を持つ人がいます。これが示す意味は、将来を考えた時に出世をしておくと得だという判断があるからです。

この考え自体の意味は普通ですが、損得勘定が強い人は、出世のためならば人に嫌われるようなことであっても後ろめたく感じるような仕事内容であってもこなします。そういった姿が、損得勘定で考える人間は周りからは出世欲の高さにとらえられています。

特徴5:時給換算して考える癖がある

損得勘定が強い人間は、時給換算して考える癖があります。

たとえば遊ぶときでも、もしこの時間を働いていれば時給いくらで換算するという意味です。趣味をやるときでも、損得勘定で考える人間は時給換算して損だと思うとやりません。

このように損得勘定で考える人間は時給換算をすることが多いので、趣味よりも実益を優先する人が多いです。

特徴6:計算高い

損得勘定の人の生き方は、常に打算的です。

それが悪いことではありません。しかし損得勘定の強い人は幸せや幸福の記憶を、すぐに失敗や不幸で上塗りしてしまいます。それは、マイナス面を意識するからです。前向きな性格の人は楽しい思い出ばかりを覚えているのと同じ意味です。