Search

検索したいワードを入力してください

感化されるとは?感化されやすい人の特徴5コ・触発/影響との違い

Small d6d26d8c d426 4b6d b4bf aeb5574c7ffelikelitght
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年01月21日

更新日:2020年03月08日

記載されている内容は2018年01月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

感化されるとは?感化されやすい人の特徴5コ・触発/影響との違い

感化とは

日常生活の中で「感化される」という言葉を耳にしたことはないでしょうか。感化されるという言葉は、人の性格について表しています。感化されるとは、どういうことなのか、感化されやすい人の5つの特徴と、「感化」と「触発」「影響」との意味の違いについてご紹介します。

感化されるとは

人に感化されるということは、どういうことなのでしょうか。感化されるとは、人の意見や気持ちに影響を受けて、自身の内面の感情や考え方が変わっていくことを意味します。感化されやすい人は、他の人の言動などに大きく影響を受けることが多い傾向があります。

感化の使い方例文

「感化」という言葉は、影響を与えて心の動きや考え方を変化させるという意味の言葉です。また、本来持っていない考えに影響を受けたという意味でも使われることがあります。感化の使い方例文としては、「父親の感化のおかげです」「女の人の感化が必要です」などの使い方をします。

例文1:感化される

「感化される」という言葉を用いた例文をご紹介します。「映画を見て感化される」「友人から感化されることが多くある」などの使い方をします。「感化される」という言葉は、気持や行動など、他の人から何らかの影響を受けるという意味で使われます。

例文2:感化を受ける

「感化を受ける」という言葉を用いた例文をご紹介します。「先生の言葉に感化を受ける」「母親から深い感化を受けて育った」などの言葉の使い方をします。「感化を受ける」という言葉は、目上の人に感化されたことを説明するときなどに「感化を受けました」という使い方をする場合もあります。

感化されやすい人の特徴

感化されやすい人とは、どのような特徴をもっているのでしょうか。感化されやすい人の特徴を知ることで、自分が感化されやすいタイプかどうか認識することができます。

感化されやすい人の特徴についてご紹介しますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

特徴1:争いごとが嫌いな人が感化される

感化されやすい人の特徴は、争いごとを好まないタイプの人が多い傾向があります。自分の意見と相手の意見がかみ合わない場合などは、自分を表現することなく何事も穏便に済ますことを考えます。

日常生活から争いごとを避ける人は、自分の意見をまったく持っていないわけではありません。しかし、周囲の人には、感化されやすい人と勘違いされることもあります。

特徴2:自信のない人ほど感化される

自分の言動や気持ちに自信のある人は、他人の言動に簡単に感化されることは少ないでしょう。自信がない人は、他人の意見や気持ちに流されやすい傾向があり、他人の言動に感化されるといわれています。

人の言動に左右されてしまう人は、自分に自信がなく、他の人の言動や気持ちが正しいと思う人が多く、簡単に人に感化される特徴があります。

特徴3:個性を活かせない人が感化される

自分と他人を比較してしまうことで悩んでしまう人ほど、人に感化されやすくなります。自分の個性に気付かなかったり、協調性を強く重視してしまう人などは、感化されやすい傾向があります。

何かをやろうと思ったときに自分自身で決めたことが、他人に敬遠されたり、否定されてしまうことで、個性を活かそうとはせずに他人の意見などに感化される特徴があります。

特徴4:行動に感化される