Search

検索したいワードを入力してください

感化されるとは?感化されやすい人の特徴5コ・触発/影響との違い

Small d6d26d8c d426 4b6d b4bf aeb5574c7ffelikelitght
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年01月21日

更新日:2020年03月08日

記載されている内容は2018年01月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

感化されるとは?感化されやすい人の特徴5コ・触発/影響との違い

人の言葉や気持ちなどに感化されることが多い中では、人の行動にも感化されることがあります。人の行動を見てすぐに感心をしたり、あこがれをもったりすることで他人の行動に感化されやすい人もいます。

人の行動に感化される人は、柔軟性がある反面、自分の行動がブレてしまうこともあり、周囲の人からは、調子のいい人という印象を与えてしまうこともあります。

特徴5:言葉に感化される

感化されやすい人の多くは、言葉に感化されることが多い傾向があります。言葉に感化される人の特徴としては、普段の言葉遣いや丁寧語・尊敬語などの言葉の使い方に自信がない人や、自分の感情を言葉で表現することが苦手な人に多いです。言葉に対する表現力や使い方に自信がなかったりすると、感化されやすくなります。

言葉によって良い意味でも悪い意味でも、人に感化されやすい人は、少なくないでしょう。良い意味で感化されたい言葉の使い方のひとつに尊敬語があります。

言葉の使い方において周囲の人から感化されるようになりたい人におすすめな「敬語の使い方が面白いほど身につく本」をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

感化の類語と違い

「感化」には、どのような類義語があるのでしょうか。「感化」の類義語とともに言葉の意味の違いをご紹介します。

触発

「感化」という言葉の類義語に「触発」という言葉があります。「触発」とは、感情や衝動などを急に誘発することです。

「触発される」という言葉は、何か変化が起こることで行動を起こすという意味で使われる言葉で、感性に変化があることによって、物事が変わるきっかけとなる事を意味します。 

影響

「感化」という言葉の類義語に「影響」という言葉もあります。「影響」とは、一方の作用や働きが結果として他人に変化や反応をもたらすという意味で使われる言葉です。

「影響」という言葉だけでは、「感化」などの感動するなどといった情緒の表現はできません。

感化されやすい

感化されやすいということは、多くの人と出会い、コミュニケーションをとっていく中で、他の人の良いところを吸収できるという利点もあります。人生は、人の影響力や出会いによって変化することは多いです。

特に目上の人や尊敬している人などに感化されることによって、大きな人としての成長へとつながっていくこともあります。

感化に類似した表現も使いこなそう

「感化」に類似した表現の言葉で「薫陶を受ける」という言葉をご存じでしょうか。「薫陶を受ける」の意味や使い方などを詳しくご紹介します。また、「感服を受ける」という言葉も「感化」に類似した表現の言葉です。「感服」の意味と使い方を詳しくご紹介します。