Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】帽子が似合わない人の特徴・似合わない理由|頭/顔

Author nopic icon24773
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年01月26日

更新日:2018年01月26日

記載されている内容は2018年01月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】帽子が似合わない人の特徴・似合わない理由|頭/顔

帽子が似合わないのはどんな人?

自分で帽子を被って見る、あるいは他人に自分が帽子を被っている姿を見てもらう事によって、自分が帽子が似合う顔立ちなのか似合わない顔立ちなのかがわかります。しかしそれがわかっても、理由は「なんとなく」と言った曖昧な意見が多い事でしょう。服やアクセサリ―と同様に、誰に何が似合うのかは見た人の主観によるからです。

しかし帽子は顔つきや顔の大きさ、形などによってある程度似合う・似合わないを判別する事ができます。つまり帽子が似合わないと悩んでいる方は、自分の顔の特徴に合わない帽子を選んでいる可能性があると言う事です。

帽子が似合わない理由とは

帽子が似合わない理由の第一に挙げられるのは、やはり顔の特徴に合わないものを選んでいる点です。帽子はその形によってさまざまな視覚効果を生み出すため、自分の顔の特徴を助長する事も抑える事もできてしまいます。

顔つきが縦に長い・短いなどの直接的な特徴からどこに視線が集中しやすいかなどの複雑な特徴まで、帽子は敏感にそれらを捉えます。自分の顔・頭はどのような形をしていてどのような特徴を持っているのかを、まず考えていきましょう。

頭が大きい

頭が大きい人の多くは帽子が余り似合わないと言われています。特に浅く被るタイプの帽子は帽子が浮いてしまう事もあるため、頭の大きい人が身につけるには少し苦労のいるアイテムです。

加えて、頭の大きい人はニット帽のような伸縮性を用いて頭に留める帽子を被るのが非常に難しいです。頭の形が悪い人は特に、ニットの伸縮性があだとなって帽子が脱げてしまいます。頭の大きい人が帽子を選ぶときは、大きさだけでなく被り方にも注意が必要になります。

顔が大きい

頭ではなく顔面の面積が大きい人も帽子が似合わないと言われています。理由は、帽子の多くが顔の大きさを助長してしまうアイテムだからです。帽子の中には小顔効果を持たせるものも存在していますが、顔が大きい人は余計に顔の大きさを目立たせることになってしまいます。

顔が大きい人はキャップを深く被る・つばの大きいものを選ぶなどの工夫が必要ですが、大きいものを選ぶと言う選択が逆に顔の大きさを演出させてしまうこともあるので注意が必要です。顔の大きさに似合わないものを選ぶよりも、寒色系の色で引き締めて見せる方が顔の大きさを目立たせないための得策でしょう。

小顔すぎる

大きい頭・顔をしている方で帽子が似合わない方はたくさんいらっしゃいますが、実は小顔の方も帽子が似合わない事で悩んでいる人も少なくありません。小顔の方は自分に頭に合うサイズを見つけるだけでも苦労しますが、デザインが似合わないと言ったトラブルも抱えています。

小顔すぎて帽子が似合わないと言う方は、おそらく帽子を被っているのではなく帽子に被られているような幼稚な似合わなさがあるのでしょう。だから、大人っぽいデザインのものが似合わない事があります。そういう場合は、キャップやニットと言った全世代で似合うデザインのものを選ぶと失敗しません。

面長

面長の方は顔の視線が上下に伸びてしまうため、その長さをさらに加速させるような帽子が似合わない事があります。特にハットや中折れしにくいニットと言った縦に長い帽子類は、面長の方には着用が難しくなっています。

面長の方が帽子を選ぶときは、つばなどが横に広いもの、またハンチングやキャスケットと言った横面積を持たせてくれるものがよいでしょう。視線が自然と横に伸び、顔の長さを和らげてくれる効果が生まれます。

エラが張っている

エラが張っている方で特に女性の方は、帽子との形のアンバランスが原因で似合わないと感じる方が多いでしょう。エラが張っている顔つきの方は男性的な顔立ちの印象を与えて今うため、フェミニンな帽子が似合わない事がよくあります。

エラ張りのホームベース型の顔つきをしている方は、すっぽりと深くまで被る事のできる帽子が似合います。大きめのベレー帽やつば広ハットなどにコサージュなどをつけると、よりエラを目立たせずフェミニンな印象の顔つきに仕上げる事ができます。

ランニングの帽子が似合わないのはどんな人?

ランニング中などに使用される浅めでつばのあるキャップタイプの帽子は、顔の大きい方や髪の毛が長めの男性にはあまりに合わないアイテムです。ランニング帽はスポーツで使われる事を意識してデザインされているため、文学系の顔つきをしている方は不相応に見えてしまいます。

ランニング帽が似合うのは、すっきりとした顔立ちで男性は短髪、女性は短髪あるいは後ろで髪をひとまとめにしている人です。スポーツが得意な人によくある顔立ちでしょう。特に清潔感や爽やかさを持っている方はランニング帽が似合う顔立ちと言えます。

キャップタイプの帽子が似合わないのはどんな人?

キャップタイプは比較的どの世代のどの顔つきの男女にも似合うアイテムです。しかし、一つだけキャップタイプの帽子が似合わない特徴があります。それは、後頭部が絶壁になっている人です。

キャップは横などから見ると後頭部の形に沿って被られている事が分かります。しかしそれは同時に絶壁の頭を露出させている事に他なりません。絶壁の人はキャップを被った時後頭部の薄さが違和感となって現れるため、被るのはあまりおすすめできないアイテムとなっています。

帽子が似合わない男子には実はイケメンが多い?

実は、帽子が似合わない男性にはイケメンが多いと秘かに囁かれています。特に高身長で個性的な顔立ちをしているなどの要素を持っていると帽子が似合わないと言われています。

背の高い人が帽子を被ると浮いて見える事は避けられません。加えて個性的な顔立ちだと帽子によって顔が誇張されたり、帽子が映えなくなったりするのが原因でしょう。帽子は比較的無個性な顔立ちの人が似合う傾向にあるのがうかがえます。