Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】車の運転が下手な人の特徴・下手な運転で酔わない方法

Small 1e5dd230 5266 4f70 a3f0 c61cff3fbc7esyshot
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年02月21日

更新日:2020年03月11日

記載されている内容は2018年02月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】車の運転が下手な人の特徴・下手な運転で酔わない方法

男性・女性別の運転が下手な人の特徴

車を運転する人は、免許取得のために教習所に通って車の免許を取得しています。初心者は、運転の経験も少なく運転技術が未熟といえるでしょう。また、免許を取得しても身分証明書という役割が大部分で車の運転をしないペーパードラーバーの人も多い傾向があります。

運転技術の上達は、日常生活の中で運転をしているか、していないかで運転技術は、変わってくるでしょう。また、運転をしていても運転が苦手だと感じている人も多いのではないでしょうか。車の運転が下手な人の特徴や下手な運転で酔わない方法などをご紹介します。

運転下手な男性の特徴

運転が下手な男性は、運転を日頃していない人が多い傾向があります。休日の移動手段として車を運転する男性も多く、たまにの運転で感覚を取り戻すまで多少の時間がかかってしまうこともあります。運転がギクシャクして、急発進や急ブレーキが多い原因となります。

また、運転が下手な男性は、信号のある交差点や標識などの認識不足などで判断に迷いが出てしまうことが特徴です。信号が青信号から黄色信号、赤信号に変わるときなど停止するかどうか一瞬、迷ってしまう男性も多いでしょう。また、標識などに気を取られてしまい運転がおろそかになっている場合も多いことも運転が下手な男性の特徴でしょう。

運転下手な女性の特徴

車の運転は、男性よりも女性の方が運転が下手だといった認識が強い傾向があります。しかし、性別関係なく運転のセンスやある程度の運転の経験がないと運転が下手になってしまいます。運転の下手な女性の特徴は、周りの車やバイク、自転車などを気にせずに自分の運転だけに集中してしまうことが多い特徴を持っています。

女性の運転は、周りの車を気にしていないために車線変更などもタイミングが計れずに強引に合流してしまう傾向が多くなってしまいます。また、左折の巻き込みなどをサイドミラーで確認しない女性も多いことから女性で運転が下手な人は、バイクや自転車、歩行者を巻き込んでしまう事故が多くあります。

女性に運転が下手な人が多い理由

最近では、大きいワゴン車を運転してする女性も多く、車を上手くコントロールできずに狭い道路などで立ち往生してしたり、歩行者を危険にさらしてしまう場合もあります。女性は、車を単純に便利な移動手段のひとつと考えていることが多い傾向があります。車に対してさほど興味がないために乗っている車の仕様をよく認識していないことも多いでしょう。

男性に比べて女性は、空間認識や危機管理予測の能力が劣っているといわれています。車を運転している女性は、自分の車の大きさの把握や車両間隔、スピードの速度などを認識しすことが苦手な特徴を持っています。また、女性が運転する機会が少なく、運転経験も乏しいことから女性に運転が下手な人が多い原因ともなっています。

運転が上手い人と下手な人の違い

運転免許を取得するときに、どのような心構えで教習所に通っていたでしょうか。車に対する興味や運転に対する気持ちなどで運転が上手い人と下手な人の違いが表れてくることも少なくないでしょう。車の免許が必要だったり、自分で車が運転したいと思い教習所へ通う人もいれば、ただ単に車の免許を取得する年齢に達したからという人もいるでしょう。

車が好きで早く自分で運転したいと感じ教習所に通うという人は、運転が上手になる人が多い傾向があります。車や運転に対して好奇心や興味があることで、自分から車のメカニズムの知識や運転の方法など吸収し実践することで運転技術が向上することが多いのでしょう。

性格

人の性格も運転が上手になるか、ならないか左右される要因のひとつでもあります。アクティブな性格でアウトドアが好きな性格の人は、外出することが多く車を運転して目的地に行く機会も多くなるでしょう。ドライブを趣味に楽しむ人もいるでしょう。運転する機会が多いことで運転する経験を積み重ねて運転技術も向上する要因となっています。

運転免許をとりあえず取得した人やインドア派な性格の人は、車の運転する機会も少なくなるでしょう。また、車に対する興味もないので利用する交通機関は、電車やバスなど利用する傾向が多いでしょう。運転する機会もなくなり、自然にペーパードライバーになっていく場合が多く運転技術も身に付かないため運転が下手になってしまう要因になっています。

運転が下手な人が起こしがちな事故

運転が下手な人は、自分が運転技術が乏しいと自覚していれば、無理にスピードも出したりしないので大きな事故に繋がることは少ないでしょう。運転が下手な人の特徴として、右折やバック、車線変更などのときにタイミングが計れずに迷いながら曖昧な運転することで事故に繋がってしまうことが多い傾向があります。

また、広い駐車場で車を止めるときに切り返しの方向がわからなくなってしまうことも運転が下手な人が事故に繋がる原因となります。バックをして切り返しが上手くいかずに立ち往生してしまったり、そのままバックしてしまったりと周りの車との距離感の認識の甘さから車をぶつけてしまうといった事故は、少なくないでしょう。

運転下手の克服の仕方

運転の上手な人は、ドライバーとしてのセンスを持っている人が多いです。運転が下手な人は、運転の経験を重ねても運転技術がさほど上達しない人も少なくありません。運転が苦手で下手な人にとっては、運転することがストレスになってしまっている人もいるでしょう。運転するときに運転しなきゃならないといった気持ちになってしまうことも多いでしょう。

運転が上手になるには、運転の機会を多くして運転の技術を磨くというよりは、運転するコツをつかむことが大切でしょう。運転のする機会を多くすることで運転に慣れることが大切です。運転を続けることで迷わずに判断するコツや周りを冷静によく見ることができるでしょう。運転することを苦手に思わずに徐々にスムーズに運転できるよう心がけましょう。

練習方法

まずは、周りの人に迷惑をかけないように車庫から出し入れできるか確認しましょう。車のバックのイメージを習得しましょう。車を車庫から真っ直ぐ出して真っ直ぐバックする。次は、少し車を道路に出して、そこから車庫にバックで入れるといったように何度もトライするとバックすることに抵抗がなくなり自信もついてくるでしょう。

バックの運転の確認ができたら、路上に出て運転してみましょう。よく行くスーパーマーケットまで運転して行き駐車することから徐々に運転を始めて慣れることを心がけましょう。また、左折などのときに歩行者や自転車などに気を配ることも重要です。運転の練習方法は、さまざまですが自分のペースで無理なく焦らないで練習することが重要です。

右折、車線変更などの練習