Search

検索したいワードを入力してください

【相手別】おすすめの誕生日メールの書き方・返信の例文|脈あり

Author nopic iconみゃーび
プレゼント / 2018年03月29日
【相手別】おすすめの誕生日メールの書き方・返信の例文|脈あり

相手別おすすめの誕生日メールの書き方

誕生日はその人にとって1年に1度だけの特別な日です。親しい友人であったり、職場の上司であったり、家族や大切な人であったり、ささやかながらお祝いのメールを送るという人も少なくないでしょう。

長らく連絡を取っていない相手でも、誕生日メールは毎年送り合うという関係を続けている人もいるでしょう。誕生日メールをきっかけに頻繁に連絡を取るようになったという場合もあります。

誰だって自分の誕生日にお祝いメールが届くと嫌な気はしません。誕生日は誰にでもあるもので365日の中のたった1日です。その日をちゃんと覚えてメールを送ってきてもらえるというのは、嬉しいものです。

ただし、誰にでも同じお祝いメールを送るというのもあまり好ましくありません。相手にとっての自分の立場に合わせて誕生日メールの言葉も工夫しましょう。

友達

親しい友達であれば、誕生日メールもあまり堅苦しくなる必要はありません。変に難しい言葉を使わず、普段どおりの言葉で友達の誕生日をお祝いしたいという気持ちをそのままメールにして送るのがベストです。

だからといって「お誕生日おめでとう」だけではあまりにも素っ気ないです。まずは相手の名前をちゃんと付けましょう。理想的な、相手の幸せを願う言葉でよくある文としてはこのようなものがあります。

「○○ちゃん、誕生日おめでとう。○○ちゃんにとって良い年になりますように」


近々会う予定があるならば「今度会う時にご馳走させてね」などと伝えておくのもよいでしょう。

相手が自分と同じ歳で、自分の方が誕生日が早ければ「○歳にようこそ」など遊び心のあるメールもオススメです。

片思い・好きな人

片想いや好きな相手に送る誕生日メールは、やはり相手に印象を持ってもらえるものが良いです。告白する勇気は無くとも、好意をもっているということが伝わるメールが理想的です。好きな相手だと面と向かってなかなか言えない言葉も、誕生日の特別感とメールという間接的な方法でなら伝えることもそこまで難しくないでしょう。

「産まれてきてくれてありがとう」や「お祝いさせてほしい」など、自分は相手のことを心からお祝いしたいと思っているという気持ちをちゃんと伝えるようにしましょう。

今後の進展や相手の反応を知りたいのなら、相手からの返信がもらえるような内容にするのも良いでしょう。例えば「今日って誕生日じゃなかった?」「お誕生日のプレゼント贈りたいんだけど何か欲しいものある?」など、メールの中に質問をいれるようにするのがオススメです。

上司

上司に誕生日メールを送るとなると、言葉選びにも慎重になってしまいます。友達のようにくだけすぎるのも良くないですが、逆に堅苦しくなりすぎるのも業務上の連絡事項のようになってしまうので注意が必要です。

上司や目上の人に送る誕生日メールに入れると良い言葉は「益々のご活躍をお祈りします」や「ご健康とご多幸を祈っております」など、相手の幸運を願う言葉です。ただ、それだけだといかにも業務上の言葉っぽくなってしまうので、個人的な相手とのエピソードなども忘れず添えるようにしましょう。

「いつも○○さんにご指導していただき感謝しています。今後ともよろしくお願いします」
「素敵に年齢を重ねておられる○○さんは私の憧れです」など、相手の立場や状況に適した言葉を選ぶようにしましょう。

義理の母など

身内という関係でも、義理の母などになると多少の気遣いは必要になる間柄です。嫁姑問題という言葉がずっと定着していることからもわかるように、身内といっても赤の他人、こじれてしまうとなかなか厄介な関係性ともいえます。

まず、義理の母に誕生日メールを送る際、「〇歳のお誕生日おめでとうございます」など、わざわざ年齢を書くことは避けましょう。還暦などお祝いの歳であればいいですが、基本的に女性は年を重ねていくほど年齢をハッキリと告げられるのを嫌がる傾向にあります。あえて年齢を書かなくとも「お誕生日おめでとうございます」だけで充分です。

「いつまでも元気でいて下さい」「いつまでも若々しい自慢のお義母さんでいて下さい」など、相手の健康や若さを願う言葉も添えましょう。「〇月には家族で遊びに行きますね」「また一緒に○○に行きましょう」など、会えるのを楽しみにしているという言葉もあるとさらに良いです。

誕生日メールの返信の書き方と例文

自分の誕生日にお祝いのメールが届くと誰でも嬉しいです。誕生日メールをもらったら、ほとんどの人が送ってくれた相手に返信をするでしょう。例えば自分が人に誕生日メールを送った際に、返信が何も無かったら、「ちゃんと届いたのか?嫌われているのか?」と不安にもなってしまいます。

たくさんの人から誕生日メールが届いたら返信も大変かもしれませんが、どういう関係性であれ、人の誕生日をちゃんと覚えてメールを送ってくれる相手には返信をするのは礼儀です。ただ、相手によって返信の内容も多少違ってきます。

簡単な例文も交えて、お誕生日メールの返信の書き方を相手別に紹介していきます。

友達

友達からの誕生日メールの返信なら、いつものやり取りと同じ感じの言葉で送るのが理想的です。お誕生日おめでとう以外にも相手が何かエピソードを添えてきたのなら、それに応える言葉も忘れないようにしましょう。また、自分から相手への特別なエピソードを書き加えるのも良いです。

例えば、お祝いの食事などに誘われたなら「メールありがとう。私も〇〇ちゃんに会いたいって思ってたから楽しみ。〇日なら空いてるよ。〇〇ちゃんの誕生日の時は私にご馳走させてね」と、お礼と相手の誘いを受ける言葉、また、自分だけでなく相手の誕生日もお祝いしたいという意思を伝えることも大事です。

相手が自分と同じ年で先に誕生日を迎えている人なら「メールありがとう。ついに私も〇〇ちゃんと同い歳だね(笑)」など、遊び心を交えるのも良いでしょう。

片想い・好きな人

好きな人から誕生日メールが届いたら、誰だって嬉しいです。特に片想いしている相手なら、相手も自分の事を少しは特別に思ってくれているのではないかと期待も高まります。より仲良くなれるチャンスとなると、返信にも気合いが入ります。

しかし、片想いという段階では言葉選びにも慎重になります。好きという気持ちが見え見えの言葉を送って逆に相手に引かれてしまうという可能性もあります。

誕生日メールをもらって嬉しいという気持ちはハッキリと伝え、好意の気持ちはやんわりと匂わせる程度が良いでしょう。「誕生日覚えててくれてありがとう!メール嬉しかったよ。寂しく1人酒してたけど一気にテンション上がった!また近いうちに一緒にご飯でも行きたいな」などと、ありがとうという気持ちだけでなく、自分に恋人がいない事や相手と会えるきっかけを作る言葉を送るのも良いでしょう。

目上の人

上司や先輩など、目上の人から誕生日メールをもらった時、その返信内容に悩む人も多いです。返信の言葉を考えているうちに送りそびれるなんてことがあっては相手への失礼に値します。誕生日メールをもらったらその日のうち、遅くとも翌日には返信するようにしましょう。

返信のメールはあまり長くならないようします。感謝の言葉を書くのは当然ですが、だらだらと長い内容を送る必要はありません。

「わざわざありがとうございます。覚えていて下さって嬉しいです。1つ歳をとり、年齢だけでなく内面も成長していきたいと思っております。」などと、誕生日メールに対する感謝とともに、仕事や生活面での向上心がみえる言葉をそえることで、好感度も高くなります。

男女別おすすめの誕生日メールの書き方

誕生日メールを送る際、相手によって言葉の選び方を変える人は多いでしょう。もちろん「誕生日おめでとう」という気持ちを伝えるという点は皆同じです。例えば友達であっても男性と女性ではやり取りも変わります。

男女別におすすめの誕生日メールの書き方を紹介します。

男性への誕生日メール

男性は基本的に、ダラダラと長い文章よりも用件がわかる短い文章の方が読みやすいと感じる傾向にあります。誕生日メールも画面をスクロールしなければいけない程の長文ではなく、シンプルにおめでとうを伝えるほうが良いです。

男性から男性へ送る場合は「誕生日おめでとう。また今度呑みに行こう」など、シンプルな言葉と今後の付き合いを約束する言葉を付けて送るのが良いでしょう。

女性から男性へ送る場合は「誕生日おめでとう。〇〇くんにとって良い年になるといいね」など、相手の幸運を祈る言葉を付けて送るのが良いでしょう。また、女性から送る場合は文章はシンプルでも絵文字やスタンプを使って少し可愛らしく装飾するのもおすすめです。

女性への誕生日メール

女性は年齢を重ねていっても特別感やロマンティックなものが好きです。誕生日メールもお祝の気持ちや愛情が丁寧に伝わる文章が理想的です。

女性から女性へ送る場合は「誕生日おめでとう。いつも仲良くしてくれてありがとう。今年もいっぱい遊ぼうね。○○にとって良い年になりますように」など、お祝いの言葉と共にあなたに出会えて嬉しいという気持ちや相手の幸運を願う言葉を送りましょう。

男性から女性へ送る場合は「誕生日おめでとう。今度また飯でもおごらせて。それにしても全然老けないな(笑)」など、なかなか会えない友達なら機会があれば会おうという程度の言葉を付けておくと良いでしょう。また、女性の年齢には直接触れずに若く見えるねというスタンスの言葉を送ってあげるのもオススメです。

彼氏や彼女におすすめの誕生日メールの書き方

恋人同士にとって、交際日と相手の誕生日は絶対に忘れてはいけない記念日です。相手の誕生日をうっかり忘れてしまったなんてことがあると、今後の交際関係にも亀裂が入りかねないともいえます。

理想としては、一緒に誕生日を過ごしてお祝いできることがベストでしょう。しかし、仕事の都合などで一緒に過ごせないこともあります。そんな時は、誕生日メールでおめでとうを伝えるという方法があります。電話だと、タイミングが合わず出られないということもありますが、メールなら必ず相手に届きます。削除しない限りずっと残しておけるので思い出にもなります。

「生まれてきてくれてありがとう」「これから先も毎年誕生日をお祝いしたい」など、愛のある言葉はもちろん、大切にとっておきたくなるような工夫も必要です。

画像メール

文章だけでなく、画像を添えるとより素敵なメールになります。今は携帯電話やスマートフォンにカメラ機能があるのが当たり前の時代です。デートの時などに一緒に撮った写真を残している人も多いでしょう。2人だけがわかる思い出の画像を送るともらった方も嬉しくなります。

ただ本文に画像を添えるというだけでもいいですが、余裕があれば画像加工で文字などの装飾をいれるとより特別感が高まります。画像の装飾が簡単にできる無料アプリもたくさんあるので、簡単に作ることができます。

2人の写真でなくとも、例えばハートをモチーフにしたものや特別感のあるものの画像を送るというのも良いですし、相手の誕生花や愛の言葉を持つ花の画像などもお洒落な演出になります。

メールを送る時間

メールは電話と違い、相手がすぐに見れなくとも送信できるという利点があります。なので、送信者側の送りたい時間、タイミングで届けることができます。その強みを利用することで、誕生日メールのロマンティック度もグッと高めることが可能です。

誕生日メールを送るとき、誕生日当日に送るのは当然ですが、もう少し工夫して、日付が変わった瞬間に送るという演出をしてみるのも素敵です。誰よりも1番最初にお祝いしたかったという気持ちを見せることで、相手はより嬉しくなります。メールは日付と時間も記録されるので誕生日の0時丁度に届いたメールというのはそれだけで特別感が高まります。

他にも、相手の生まれた時間を知っているなら、その時間丁度に誕生日メールを送るというのも素敵です。メールの内容を考えるのが苦手な人でも、時間で特別感を演出できます。

番外編:こんな誕生日メールも素敵

恋人の誕生日は一緒に過ごすことができたという人も多いでしょう。いつもよりグレードの良いお店で食事をして、デートをして、プレゼントを渡してというのはとても理想的です。そこに誕生日メールを追加してより素敵な演出をすることもできます。

例えば恋人の服のポケットやバッグ、家にいるなら家具のどこかにプレゼントを隠してその場を離れ、お誕生日メールを恋人に送ります。

メールの内容は「お誕生日おめでとう。今日は〇〇の誕生日を一緒に祝うことができて本当に嬉しかった」などと、ありきたりな言葉で構いません。メールの最後にプレゼントの隠し場所を指示する内容を添えて、相手にプレゼントを見つけてもらいます。

少しキザったらしい演出ですが、誕生日という特別感で、ロマンティックにもなります。

脈ありな誕生日の返信メールの見分け方

好きな人の誕生日を知っていたら、直接会ってお祝いはできなくとも誕生日メールは送りたくなります。それは、自分が相手をお祝いしたいという気持ちも大きいですが、やはり相手からの返信や反応がほしいという気持ちもあるでしょう。

よほど嫌われていないかぎり、誕生日メールをもらったら相手は喜んでくれます。ただ、喜んでくれた=脈ありというわけではありません。返信がきたらそれだけでも期待は高まりますが、返信内容によっても脈なしというパターンもあります。

では、脈ありな返信かどうかはどのように見分けるべきか、簡単に説明します。

返信なし

まず、返信がないというのはほぼ期待薄と考えられます。友人であれ同僚であれ、誕生日メールをもらったらほとんどの場合、返信するのが一般的です。もし返信がこないなら、相手にメールが届いていないか、返信する暇もないほど忙しいか、返信をしたくないと思われているということになります。

忙しい場合はどうしようもありませんが、メールが届いていないならメールアドレスを変更して教えられていない、返信をしたくないと思われているならそれだけの存在ということです。

また、数日後に返信があった場合「忙しかった」などの言葉がなければ、恋人もしくはそれ相応の相手と誕生日を過ごしていたということが考えられます。もし、「忙しくてメールが見れなかった」などの言葉があれば、それが真実かどうかはともかく返信が遅くなった言い訳をしているという点で、相手もあなたに嫌われたくないと思っているという期待がもてます。

定型文

返信があっても、その内容がいかにも定型文を貼り付けただけのものなら、期待は薄いです。定型文は、もともとスマートフォンや携帯電話に登録されている言葉で、自分で文章を考えるのが面倒くさい、適当に返信したいという時に使用される場合が多いです。

「メールありがとうございます」など、ひと言だけで、誰にでも送った誕生日メールに対するコメントも何もない内容なら、色んな人に同じ言葉をまとめて送っているという可能性もあります。もし、もらって嬉しい相手なら自分で返信の言葉を考えるのが普通です。素っ気ない定型文のみの返信は脈なしと考えられます。

お誘いなど

好きな人から誕生日メールの返信がきたらそれだけで嬉しくなってしまうものですが、さらにお誘いがあれば脈ありと期待しても良いでしょう。相手も自分の誕生日という特別な日でテンションが上がっているというのもありますが、それでも興味のない相手をデートに誘おうとは思いません。

相手からのお誘いがくる可能性を高める方法として、誕生日メールを送るときに「近いうちにまたご飯でも一緒に行きたいね」など、こちらからアクションを起こしておきましょう。もしも返信のメールにそのことが触れられていなければ、期待は薄まりますが、お誘いがあれば一気に仲が深まるチャンスです。

嬉しいおすすめの誕生日メールの書き方

誕生日メールをもらうと誰でも嬉しいものですが、内容によっては素直に喜べないものもあります。例えば、お祝いのメールはそこそこに「私の誕生日のときはプレゼントにこれを頂戴ね」などと図々しいメールをもらったら、不快に思う人がほとんどでしょう。

誕生日のメールというのは、ささやかながら相手を祝いたいという気持ちの表われです。自己満足ともいえますが、やはり嬉しいと感じてもらいたいものです。そのためには適当な内容でなく、相手を想ってメールを送ることが大切です。

定型文のみはNG

誕生日メールを送るとき、絶対に避けたいのが定型文だけを貼り付けたメールです。確かに、当たり障りのない文章としては定型文は理想的です。文章を考えるのが苦手な人なら、定型文に頼ってしまいたくもなるでしょう。しかし、誕生日のメールが明らかに定型文を貼り付けただけのものは逆に違和感を覚えてしまいます。

定型文を使う時は、定型文だけにせず自分の言葉も交えるようにすると、違和感は出ません。「お誕生日おめでとうございます。良い年になりますようお祈りしてます」というような定型文でも、「〇〇さん、〇歳のお誕生日おめでとうございます。○○さんにとって良い年になりますよう心からお祈りしています。また一緒にお食事でも行きましょう」と付け加えるだけで、充分オリジナリティのある文になります。

ソーシャルギフト

最近はメールやメッセージアプリ、SNSのやり取りで相手にギフトを贈れるソーシャルギフトというのが増えています。お誕生日メールにソーシャルギフトを添えると相手にも喜んでもらえます。

コンビニやお店で使えるクーポンやネット通販で使える金券ギフトなど、100円程度のものからでもギフトとして贈れるので、気軽に利用できます。

誕生日のメールだけというのも良いですが少し色をつけることがプレゼント効果にもなります。

誕生日のメールは特別感を

誕生日メールは、相手との関係性や立場によって送る内容もさまざまです。ですが、誰であっても誕生日はその人にとって1年に1度だけの特別な日です。そして、老若男女関係なく、誕生日に「おめでとう」と言われるのは嬉しいものです。

相手をうんと喜ばせたい、感動させたいと色々とメールの内容を考えてしまう人も多いでしょう。一番大切なのは、相手をお祝いしたいという気持ちです。自分がもらって嬉しい言葉を相手にも届けてあげましょう。