Search

検索したいワードを入力してください

冷たい人の特徴・心理・診断できるチェック項目・原因|仕事

Author nopic iconそらあおぐ
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年02月16日

更新日:2020年03月14日

記載されている内容は2018年02月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

冷たい人の特徴・心理・診断できるチェック項目・原因|仕事

冷たい人の特徴

厳しい社会生活の中では、人同士が助け合うことが必要です。人に助けてもらったときには、相手に対して、優しい人や、気がきく人などと感じて、感謝の気持ちを持地ちます。しかし、これらの優しい人とは逆に、冷たい人もいます。

この冷たい人と接すると、悪い印象を持ってしまうことが多いです。では、冷たい人はどのような対応で相手に冷たいと思われてしまうのでしょうか?また、冷たい人にはどのような特徴があるのでしょうか?

思いやりがない

冷たい人と思われるには、いくつか要素があります。その代表的なものが思いやりが足りないということです。

他人が困っているときや、これから困るであろうということが予測できる場合には、その相手に手を差し伸べて、手助けしてあげるべきです。しかし、冷たい人は自分のことは自分でやるべき、自分のことを優先しないといけないなどと理由をつけて、困っている人を放置してしまったりします。

困っている人は、自分が困っている状況の中、すぐ近くでのんびりとマイペースでいる相手を見て、「手が空いているなら手伝ってくれても良いのに」と思われてしまい、冷たい人という印象を持たれてしまいます。

印象を気にしない

冷たい人は、自分が周囲から冷たい人と思われることを気にしない人が多いです。自分の印象を気にしないので、相手の気持ちを考えずに本音ばかりを言います。

「仕事効率が悪いのは、実力が足りないから」、「仕事で結果が出せないのは努力が足りないから」など、相手に対してストレートに伝えてしまうことがあります。

もし、これらが本当であったとしても、相手を傷つけないような言い方を考えないといけません。ですが、冷たい人は相手のことを気にせずに伝えてしまうため、相手だけでなく、その言動を聞いている周囲の人たちにまで、冷たい人と思われるようになってしまいます。

表情が薄い

喜怒哀楽の表情が薄いと、冷たい人と勘違いされてしまうことがあります。感情が表情に出ていないと、相手からは何を考えているのかがわかりにくく、反応も薄いので、見下されていると感じてしまったり、ちゃんと相手してくれないなど、悪い印象を持たれてしまいます。

実際に見下したり、ちゃんと相手をしないという冷たい人もいますが、中には表情を表に出すことが苦手な人もいます。心の中では喜んでいたり、楽しんでいたりするのですが、その感情が表に出ないため、相手に伝わらずに冷たい人と勘違いされてしまうことがあります。

モテる

冷たい人に対して、あまり良い印象を持つことは少なく思ってしまいます。しかし、実際は以外と冷たい人はモテることがあります。特に、冷たい男性は女性からモテることがあります。

冷静

先に述べたように、冷たい人の中には表情が薄い人がいます。このようなタイプの人は、表情だけでなく、会話などでも自己表現することは少なく、無口な人が多いです。

トラブルなどがあったときなどでも、表情を変えずに、黙って対処する姿は頼もしく見えます。また、普段は無口で、自分のことを話さないので、クールでミステリアスな印象も持たれます。

どのような人なのかが不透明なので、興味を持ってしまい、気がつくと惹きつけられているということがあります。

優しさが際立つ

表情が薄く、冷たい人と勘違いされてしまっている人は、実際に冷たい性格をしているわけではありません。しかし、周囲からは冷たい人というマイナスの印象を持たれてしまうことが、必ず損ではありません。

冷たい人と思っていた人から、優しくされると、その優しは通常の優しさよりも大きく感じます。冷たい人と勘違いされているだけなので、本人からすると普通のことでも評価が大きくなります。

周囲が持っている印象と、実際の印象にギャップがあることが知られると、そのギャップに対して興味を持たれることがあります。

笑顔

上記と同様の効果で、笑顔も大きな好印象を生むことがあります。表情が薄い人は冷たい人と勘違いされています。実際は冷たい性格をしているわけではないので、喜んだり、楽しんだりすることは当然あります。

表情が薄い人でも、喜んだり、楽しんだりしたときに、ふと笑顔になることもあります。普段は無表情な印象を持たれていると、素直に笑っただけでも、周囲から好印象を持たれるようになります。

冷たい人の心理

冷たい人は、悪い印象を持たれることもあれば、モテることもあるという不思議な性格です。この冷たい人と思われている人や、冷たい人に興味を持つ人には、どのような心理が働いているのでしょうか?

合理的

冷たい人の中には、他人が困っていても助けないという人がいます。これは合理的主義な考えを持っている人に見られる傾向です。

他人を手伝うことで、自分のするべきことがおろそかになってしまってはいけないと考えたり、自分が助けるよりも、他の人が助けた方が良いと考えたりします。また、助けることはその人の成長の妨げとなってしまうと考える場合があります。

このように、冷たい人は自分が周囲からどのような印象を持たれても、最終的に一番良い結果になる方法を選択していることがあります。なので、冷たく思える態度も、実は全体を把握しての行動であったり、相手のためであったりする場合もあります。

興味がない

単純に他人の言動に興味が湧きにくいという人もいます。マイペースな性格をした人によく見られる特徴で、興味が湧かないことに対しては消極的になります。その消極的な言動に冷たい人という印象が付いてしまうことがあります。

自信過剰