Search

検索したいワードを入力してください

勾玉の意味と効果・水晶との違い|割れる/色/向き/形

Author nopic iconゆうこ
パワーストーン / 2018年02月28日
勾玉の意味と効果・水晶との違い|割れる/色/向き/形

勾玉の意味や効果

勾玉をご存知でしょうか。学生時代に歴史の授業で学んだことを覚えていますか。本記事ではその勾玉とはどういった意味をもつものなのか、また勾玉が持っていると言われている効果について、さらにその色や形による意味の違いなどを解説しています。

ぜひ参考になさってください。

勾玉とは

勾玉は「まがたま」と読みます。

勾玉は、2000年以上も昔に初めてつくられたと言われています。その勾玉が生まれた背景には諸説あると言われていますが、天変地異などから身を守るための魔除け厄除けとして作られたという説があります。また、月のような形の装身具を身につけることで、月からのパワーを身にまとうことができるため、という説もあります。

さらには胎児の形をした装身具を身につけることにより、あらゆる生物の始まりである胎児から、そのエネルギーや若さを得ようとした、という説なども挙げられています。

日本神話の勾玉

勾玉は日本神話にも登場します。日本最古の書物と言われる古事記には「曲玉」という表記であらわれており、日本書紀には現在の「勾玉」という表記で登場します。

日本神話においては、イザナギノミコトとイザナミノミコトという夫婦の神様が、日本という国をつくり、そして日本を守るさまざまな神々を生み出したと言われています。そしてイザナギノミコトとイザナミノミコトは、その天を治めることをアマテラスオオミカミに命じました。そのときにイザナギとイザナミがアマテラスに授けたものが、勾玉であったと言われています。

また、アマテラスは天や日本を治めるにあたって、勾玉を珍重しました。アマテラスは身体中に勾玉をあしらい、勾玉がもたらす力を使いながらその政治をおこなったと言われています。

勾玉があるのは日本だけではない

また勾玉は日本だけのものではありません。勾玉は日本以外にも、韓国や北朝鮮にも古くからあるものです。

また中国の歴史書である「魏志倭人伝」には、日本から中国へ献上されたみつぎ物の中に、緑色をした大きな勾玉2個があったという記録が残されています。

翡翠勾玉の効果と意味

早速ですが、勾玉の持っている意味やその効果についてご紹介してまいります。ここでは翡翠勾玉について具体的にご紹介します。

翡翠とは

翡翠は世界各国で取れる鉱石です。

翡翠はさまざまな色合いを持っている石です。純粋な翡翠は白色ですが、鉄分などが含まれることによって緑色に変わります。また、マンガンなどが含まれてくるとラベンダー色に変化します。

このようにさまざまな色味の側面を持つ石でありながら、その硬度は非常に高いのが翡翠の特徴です。ダイヤモンドやルビーほどではないにしても、翡翠の粒子は非常に強く結びついているおり、そのため世界各国で古来から武器や石器の材料として使われてきたと言われています。

お守りとしての効果

翡翠勾玉には、先祖とのつながりを強くしてくれる効果があると言われています。現状に困ったときや、どうすればいいのか分からず悩んだときに、翡翠勾玉を身につけたり強く握りしめることによって、先祖からのメッセージを受け取りやすくなると言われています。また、先祖と強くつながることによって、自分の判断力が研ぎ澄まされると言われています。

胎児

先ほどもご紹介しましたが、勾玉の形は胎児の形を模して作られたとされる説があります。生物の根源である胎児からそのエネルギーやパワー、若さを得たいとの願いから、胎児の形を模して作られたという意味を持っています。

翡翠の硬度の高さと、その色味がもたらす美しさから、そのような胎児の形を作ることによって、そこに精霊が宿り、身に着ける者たちをパワフルにしてくれるという効果があると言われています。

勾玉の色の意味

続いて勾玉の色についての違いやその意味をご紹介します。勾玉はさまざまな石で作られていますが、その色味によって効果が異なると言われています。

青色の石

青色の石にもさまざまな種類があります。紫がかったような青色や瑠璃色をしているラピスラズリ、深い水色をしているターコイズ、さらに透き通るような水色をしたアクアマリンなどがあげられます。

ラピスラズリ

ラピスラズリは幸運の象徴とされている石です。特に肉体や精神面での向上や、観察力や判断力の向上に効果があると言われています。また、視力回復への効果や、脈拍の安定に対しても効果があると言われており、健康面で強い効果と意味を持つ石であることがわかります。

ターコイズ

ターコイズはひらめき力が増したり、正しい判断ができるようになるという意味があると言われています。また災いから身を守ったり、宇宙のような大いなる存在から情報を受け取りやすくなる効果があると言われています。また、同じく視力の改善に効果を発するということと、肝臓機能を高める効果があると言われています。

アクアマリン

アクアマリンには深い癒しの効果や、滞留しているエネルギーを流していくという意味や効果があります。

その名前のとおり、非常に水と関連が深い効果があると言われており、航海のお守りとしてや水商売関連、芸術関連などの仕事を助ける効果があると言われています。同じく、視力回復に対する効果や、リンパ腺への効果、また歯の強化にもその効果が発揮されると言われています。

緑色の石

緑色の石にもさまざまな種類があります。ここではアベンチュリン、マラカイトという石についてご紹介します。

アベンチュリン

アベンチュリンは、マイナスな感情をぼかしたり、神経を整える意味を持ちます。またストレスを発散させたりする効果があると言われています。きれいな緑色をした美しい石です。

マラカイト

マラカイトも強いヒーリングの効果や意味を持っている石と言われています。良い眠りへ誘導したり、災難を未然に防ぐ効果もあると言われています。そのヒーリング効果によって心にも体にも深い癒しを与える石がマラカイトです。マラカイトは深くやわらかい緑色の、きれいな石です。

勾玉が割れた時の意味

石の素材にもよりますが、勾玉は滅多なことでは割れません。

そのため、特に割れにくいとされている石でできている勾玉が割れたときには、何かしらの意味があると言われています。そのほとんどが本人に代わり石が身代わりになったという意味であると言われています。もしくは願望が達成されたことによりその石が役目を終えたことから割れてしまうとも言われています。勾玉が割れる意味はこのように解釈します。

意味があって勾玉が割れるということは、勾玉を床に落としてしまったり力を与えてしまって割れたという場合を指していません。安全なところに保管しておいたのに割れていた場合や、トラブルの直後に割れていたりという場合に、勾玉は割れた意味を持ちます。

例えば、間一髪交通事故を避けられた人が、持っている勾玉が気づいたら割れていた、という事例があると言われています。

勾玉の向きの意味

実は勾玉はその向きにも大きな意味があります。

勾玉には紐を通すための小さい穴が開けられています。ここに紐を通すことでネックレスとして使うことができます。ではこの勾玉をネックレスとして使うときに、その向きにはどのような意味があるのでしょうか。

パワーを取り込みたいとき

勾玉の尖っている先端を自分に向けてつけるときは、今自分に対するパワーが必要であるときということを意味しています。自分の中だけでは解決できない問題を、パワーを取り入れることによって解決に向かわせたり、自分自身をパワフルにする効果や意味があると言われています。

不要なエネルギーを手放したいとき

また、勾玉の尖っている先端を、自分とは反対の外側に向けて付けるときは、自分の中に滞留している不要な感情を手放したいときや、いらないエネルギーを発散したいときにその意味や効果を発揮すると言われています。

いつまでもくよくよ悩んだり、次のステップに踏み出せないときには、このような意味をもつ付け方をされるのがいいのではないでしょうか。

水晶と勾玉の違い

お守り代わりに水晶を身につける人がいます。勾玉と水晶はどのような効果の違いがあるのでしょうか。ご紹介します。

水晶

水晶は、はるか昔は氷が凍結してできたものだと言われていました。そこから、水晶ではなく「水精」と表記されていたと言われています。

水晶には不要なエネルギーを浄化したり、望みを叶える効果があります。また、魔除けなどの効果も持っていると言われています。そのように絶大なパワーを持っていることから「パワーストーンの王様」とまで言われています。

水晶はその形で効果が異なる

水晶は、その形によって発揮するパワーが異なると言われています。また、水晶で勾玉を作ることもあり、その場合には勾玉の魂のような形から、持ち主との結びつきがすぐに強くなると言われています。また、同じく水晶の丸いストーンをブレスレットにして身に着ける人も多いですが、これは願いをかなえる効果も強いと言われています。

一方でカットされている水晶は、切り口から不要なエネルギーを放出したり、邪気を避ける効果が発せられると言われています。同じ水晶であっても、形によってその効力や意味に大きな違いがあります。

勾玉の形の意味

勾玉を二つ並べて、さらに片方を反対の向きにすると円が描けるのがお分かりになりますでしょうか。これは太陽と月を意味していて、そのようにふたつが重なることで大きなパワーを発すると言われています。同じように、男性と女性の統合を意味しているとも言われています。また、太陽と月、男性と女性の例からわかるように、これらは陰陽の統合を意味しています。

片方だけでは成り立たないものが、もう片方からパワーを受けることによって力を発揮するということの象徴であり、スピリチュアル的には今の地球にはこのパワーが必要であるとも言われています。

勾玉は私たちを守ってくれるお守り

勾玉について、その意味や効果について解説してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

どういった石で作られた勾玉であるかにもよるところはありますが、いずれにしても私たちを守ってくれたり、良い方向へ導いてくれるお守りになるものが、勾玉であるということがわかりました。

魔除けやパワーストーンなどに興味がない方であっても、神社でもらうお守りを大切するにするのと同じように、お気に入りの勾玉を見つけて身に着けてみるのはいかがでしょうか。

関連記事

Related

Line@