Search

検索したいワードを入力してください

同じことを繰り返す人の特徴と心理・スピリチュアル的な意味

Author nopic iconkaede
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年03月12日

更新日:2020年06月03日

記載されている内容は2018年03月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

同じことを繰り返す人の特徴と心理・スピリチュアル的な意味

「二度あることは三度ある」は、同じことが2回も起こったら、次も起きる可能性が高いから、気を付けた方が良いという意味のことわざです。それから対義語になりますが「三度目の正直」も失敗を複数回繰り返したことが前提になっている言葉です。
「同じ轍を踏む」「二の舞を演じる」は、どちらも同じ失敗を繰り返した時に使われることわざです。

慣用句

「いたちごっこ」は、同じことを繰り返して、いつまでたっても決着の見通しが立たないという意味です。「二番煎じ」は、前と同じことを繰り返しているため、お茶と同じように新鮮味に欠けていることを示しています。「二度教えて一度叱れ」は、一度聞いただけですぐに覚えることを期待するのではなく、同じことを繰り返して根気強く教えることが大切という慣用句です。

「判で押したよう」は、判子のように決まりきっている同じことを繰り返すという意味です。「耳にたこができる」は、同じことを繰り返し聞かされ続けていることを示しています。

同じことを繰り返すのが好きな人におすすめの仕事とは

あなたが現在勤めている会社は、どのような理由で選んだのでしょうか。自分の好きな仕事だったからという人もいれば、自分でもできそうな仕事だったからという人もいることでしょう。仕事に対し、積極的に取り組むことができるかは、業務内容が自分の性格に合っているか否かも大切な要素の1つです。

例えば、同じことを繰り返す人に、臨機応変を求めるような仕事は向いていません。それでは、どんな仕事なら適切と言えるのでしょうか。この項目では、同じことを繰り返すのが好きな人におすすめの仕事をご紹介します。

工場

同じことを繰り返すのが好きな人は、工場の仕事が向いています。工場は同じ作業を淡々と繰り返す仕事が多く、変化のない業務内容を苦痛に感じる人もいるでしょう。しかし、同じことを繰り返すのが好きな人にとっては、ぴったりな仕事といえます。工場によっては、送迎のバスを出している所もあるため、車がなくても通勤することは可能です。

ただ、長時間立ちっぱなしで手元を見ながらの作業が多いため、足が疲れてきますし、下を向いているので首を痛めやすいです。したがって、健康体でなければ長続きしません。

配達業

意外に思われる人もいるでしょうが、配達の仕事も同じことを繰り返すのが好きな人に向いています。新聞配達は、朝刊と夕刊で配達する時間帯が違います。夕刊はともかく、朝刊は朝早くから動かなければいけませんが、あらかじめ決められた範囲の家に毎日新聞を配達する仕事なので、同じことを繰り返すのが好きな人の得意とする所でしょう。

宅配業者も同じようなルーティンワークです。業者によって運ぶ荷物や届ける相手、ルートなどが違ってくるものの、配達して荷物を引き渡したら、次の場所へ向かうという流れは同じです。

同じことを繰り返すのはほどほどに抑えましょう

今回は、同じことを繰り返すことについて、特徴や心理などをご紹介しました。同じことを何度もすることについて、理解が深まったのではないでしょうか。同じことを繰り返すのは、悪いことではありませんが、場合によっては人の迷惑になることもあるため、できることなら度が過ぎない程度に抑えましょう。