Search

検索したいワードを入力してください

平常心を保つ方法・コツ・鍛える方法・おすすめの名言・類語

Author nopic iconひらいまゆみ
カテゴリ:自己啓発

初回公開日:2018年04月16日

更新日:2018年04月16日

記載されている内容は2018年04月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

平常心を保つ方法・コツ・鍛える方法・おすすめの名言・類語

平常心を保つ4つの方法!

人の言動に腹がたつことや、物事が上手くいかず落ち込んだり、緊張して本来の力を出し切れないという経験は多くの人が持っています。心が不安定な状態は、正しい判断や能力を発揮できず、悪い方向へ向かわせることもあります。ここでは、どうすれば平常心を保ち安定した生活を送れるのかを紹介します。

自分と違う意見を受け入れる

自分の意見を否定されたり、誰かに見下されると腹が立ち感情的になります。しかし平常心を失い反論し落ち込んでいても何の得にもなりません。他人から否定的なことを言われたとき、平常心で対処できることが、自分を成長させることにつながります。

では、具体的にどうしたら良いのでしょうか。自分の考えを否定されたとき、どこが違うのか相手に尋ねてみましょう。平常心を保つことができれば、批判的な意見にも一理あると考えることができます。自分の視野も広がり、人とのコミュニケーションも上手くいくようになるでしょう。

執着心を捨てる

執着心を持つことは平常心を失わせ、正しい判断をできなくさせます。例えば、結婚式を海外で行うことに執着するあまり、新郎と意見が合わず破局してしまっては、幸せな結婚は望めません。執着心を捨て、経済状況や周りの意見に耳を傾けることで、正しい判断ができ素敵な結婚式ができるでしょう。

もちろん強い「信念」を持つことは大切なことですが、「執着」は冷静な判断力を失う原因になり、よい結果を生まないことが多いでしょう。

嫌なことを言われたときこそ感謝する

怒りの感情は最も平常心を失わせ、正常な判断をできなくさせます。嫌なことを言われると感情的になり、怒ってしまう人がいます。そのようなとき、相手に反論し気持ちをぶつけても怒りの感情は収まらず、嫌な気分が残ってしまいます。

自分にとって嫌なことを言われたとき、「教えてくれてありがとう」「気が付きませんでした、ありがとう」と感謝の気持ちを声に出してみましょう。自然に平常心が保たれ気分が落ち着いてくるでしょう。

穏やかな表情を心掛ける

仕事や家事が忙しいときに、「これをやっておいてくれ」「まだできないのか」と言われると腹が立ち、無愛想に答えてしまうことがあります。そんなときは、「これが終わり次第お手伝いします」「今は忙しくお手伝いできません、申し訳ありません」と丁寧に答えてみましょう。

感情的な態度や言葉は人間関係を悪くし、悩み事を増やすことになります。いつも笑顔を心がけ、やさしい言葉使いで接すると、どんなことがあっても平常心でいられるでしょう。

平常心を保つコツは?

平常心を保つための方法はわかりましたが、どうしたら感情をコントロールして、平常心でいられるのでしょうか。ここでは、日常的に平常心を保つコツを紹介します。

備える

緊張や怒りの感情は、なぜ起こるのでしょうか。仕事でプレゼンテーションをするとき、相手に合わせた内容をきちんと準備せずに挑むと、思いもよらぬ質問に動揺して答えられないことがあります。また、間違った返答をした経験がある人も多いでしょう。十分な準備ができていれば、無理に緊張を和らげたり焦ったりすることはありません。

嫌なことを言われるたびに気分を害していても、ストレスがたまり良いことはありません。「こういう人なんだ」「この人も悪気はない」と心の準備をして接すれば平常心を保つことができます。平常心を保つコツは、準備をして心の余裕を持つことです。

完璧を求めない

完璧を求めるほど緊張してしまうことが多く、失敗を恐れることは平常心を失わせます。全部完璧にやらなければという気持ちを捨て、「ある程度できれば成功」と目標を低めに設定したり、「これだけやれば良い」と一度に抱え込まないことが平常心でいられるコツでしょう。

また、普段どおりにできないことで落ち込まず、できることを一つずつ行っていく習慣を付けると心の安定になるでしょう。

いつも同じ行動を心掛ける

平常心を保とうと意識していても、感情的になってしまうことがあります。心の安定を取り戻す方法として、日頃から平常心を保つ行動を習慣にすることがおすすめです。

平常心を保つ行動とは?

気持ちが焦っているときや怒りの感情を持つとき、呼吸がいつもより浅くなっています。こうした状況になったときは、深呼吸すると良いでしょう。1回吸って2回吐く呼吸を数回繰り返すことでも落ち着いてきます。

また、朝の歯磨きをゆっくりすることで心のゆとりができ、一日の精神的なリズムが整うでしょう。副交感神経が低下すると血管が収縮し、精神的に不安定な状態になるため、交感神経が上昇する朝の時間に、息が上がる運動は避けましょう。朝は走らずゆっくりと歩くことがおすすめです。

感情を押さえ込まない

悲しいときや嬉しいとき、腹が立ったとき、緊張したとき、その気持ちを口にしたり、行動に出すことも大切です。平常心を保つためにすべての感情を押さえ込もうとすると、逆に心のバランスを崩し平常心を保つことができなくなります。

カラオケを大声で歌ってみたり、思い切り泣いてみるなど自分に合った方法で感情を発散させてみましょう。ストレスを発散させた後は、冷静な自分に戻っていると気づくことができるでしょう。

人に相談してみる