Search

検索したいワードを入力してください

執着しやすい人の特徴・執着を手放す方法・執着しない人との違い

Small 7aaa5c49 526a 446b b552 7b964cdfb039西原広大
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年03月06日

更新日:2020年03月03日

記載されている内容は2018年03月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

執着しやすい人の特徴・執着を手放す方法・執着しない人との違い

執着する人としない人の違いとしては、楽観的であるかどうかという違いが挙げられます。執着しない人は何でも楽観的に考えていることが多く、何かを失ったとしてもそれほど気にしていない人は多いです。基本的には何とかなると考えていますし、なくなればなくなったで別のことで補填する、あるいは全く別のことを始めて忘れるという人が多いです。

対して執着する人は何かを失うことを恐れている人が多く、恐怖心から手放せないでいます。得たものを手放すのは惜しいと感じているだけではなく、手放したことで起こる弊害などを考えてしまう人が多く、悲観的な考えを持っている人も多いです。

自信

執着する人としない人の違いとしては、自信も挙げられます。執着する人は自信がない人が多いですが、執着しない人は自信に満ち溢れている人が多いです。何かに執着してしまう人は、自分に自信がなく、周囲との関係性をつなぎとめることや物で満たすことで自信を取り戻そうとしています。

また何かに囲まれていることを充実の証と考えている人も多く、多くの物を持っている、多くのことに関連していることを自信の根拠としている場合も少なくありません。

一方、執着しない人は自分に自信がありますので、他人がどうあれ、物を持っていようがいまいが関係ないと考えていることが多いです。周囲によって自分は変わらないと信じていますので、何かに執着するということはありません。

恋愛における執着か愛かどうかを見極める方法は?

執着することはさまざまなシーンで表れますが、それが色濃く表れやすいのは恋愛です。

恋愛では相手のことを好きすぎるがゆえに執着心へと変わってしまう場合もありますし、愛情が執着心にすり替わったことに気づいていない人も多いです。執着も愛情の一つの形ではありますが、稀に愛情はなくただ執着心だけで相手と関わっているという場合もありますし、恋愛における執着心はトラブルにも発展しやすいので注意が必要です。

執着と愛は似ていますが、実際には違っています。より良い恋愛をするためには、執着か愛なのかを見極めることが大切ですので、その方法を知っておきましょう。

依存

執着か愛かを見極める方法としては、相手への依存が指標になります。相手にべったりとしている場合でも、完全に依存するのではなく、自立している場合は執着ではなく愛だと言えます。反対に相手なしでは生きられない、何をするにもすべて相手と一緒、相手のことが人生のすべてとなってしまっている場合は執着だと言えます。

依存しているか自立しているかが執着か愛を見極めるポイントになりますので、相手が人生のすべてになってしまっていないかをチェックしておくことが大切です。

執着する人の心理状況は?

執着する人には特徴や原因などがありますが、それだけではなく共通した心理も挙げられます。執着してしまう人はどのような心理状況になっているのかを知り、どのような気持ちで執着心が生まれているのかを理解していきましょう。

寂しい

執着する人の心理状況としては、寂しいことが挙げられます。自分一人では寂しさが埋められないため、人や物などとの関わりを強く求めます。他人と関わったり、物で満たされることで寂しさを埋めることができるため、それらを失うことを恐れて執着心が生まれます。寂しさを感じる理由はさまざまですが、多くの場合で自分に自信がない場合が多いです。

執着を捨てて前向きに生きよう

執着しやすい人の特徴や執着を手放す方法、執着しない人との違いなどを紹介しましたが、何事にも執着をし過ぎないことが大切です。執着して過去に囚われていても良いことはありませんし、執着心を捨てて未来を見据え、前向きな気持ちで人生を歩んでいきましょう。