Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】脈絡がない話をする人の特徴と聞き方・改善方法

Small 86674fe0 bd89 42eb ad49 7384eca15002よしぞー
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年04月25日

更新日:2020年03月06日

記載されている内容は2018年04月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】脈絡がない話をする人の特徴と聞き方・改善方法

脈略がない話とは?

世の中には脈絡がない話し方をする人がいます。しかし脈絡がない話とはどんな話でしょうか。なんとなく話が分からないという意味で使う人もいるでしょう。しかし社会人として使う場合、間違っていたら恥ずかしい思いをすることもあります。それは避けたいものでしょう。脈絡がないことの意味や、脈絡のない話をしてしまう原因や対策について解説します。

「脈絡」の意味と読みや使い方

「脈絡がない」の「脈絡」とは何を意味するのでしょうか。脈絡はみゃくらくと読み、一貫した筋道や筋、という意味です。このことから脈絡がない話とは、話の筋道について一貫していないことと考えれば良いでしょう。筋道がなく散漫な話について、脈絡がないと人は言います。

使い方としては「今日は晴れたねぇ」「そうそう。お好み焼きが美味しくて映画を見に行かなかったよ」こんなやりとりについて「脈絡がなくて意味が分からない」と使います。

脈絡の類語や対義語

言葉や表現としての脈絡で考える場合「類語」だと思考回路や筋道 が挙げられます。脈絡がないまで含めると、無茶苦茶、滅茶苦茶、デタラメの、ハチャメチャのという言葉が類語です。

脈絡という言葉が使われた四字熟語でしたら対義語があります。四字熟語が使われている言葉として脈絡通徹があり、これは筋道が始めから終わりまで一貫性があり矛盾なく、意味が良く通じるという意味です。

脈絡通徹の対義語だと、支離滅裂、前後矛盾などが挙げられます。支離滅裂とはばらばらでまとまりがなくめちゃめちゃという意味です。

【男女別】脈絡がない話をする人の特徴

脈絡がない話をする人は世の中にたくさんいます。しかし自覚できていない人も少なくありません。脈絡がない話をする人は、基本的に男女関係なく特徴は良く似ています。しかし男女別にするとどのような違いがあるかご紹介します。

男性の場合

急に脈絡なく自慢話をはじめる男性がいます。みんなの自慢話コーナーになっているなら良いですが、急に自慢話をしても意味が分かりません。脈絡なく過去の武勇伝などを言う男性は、自分を大きく見せようとしている可能性が考えられます。

例えば過去に一人で数人を相手にケンカをしたとか、高級車を買ったという話をする人もいるでしょう。こういう話をすれば相手は「すごい」と一目置かれると考えます。男性は褒められることが好きですから、気分も良くなるでしょう。

ある意味では相手よりも自分が上、マウントをしようとしている可能性もあります。脈絡がなくこのような自慢話をする男性は、その時点で自分がないがしろにされている、他の人より負けている気がするので自分のプライドを守るために口走ることがあります。

女性の場合

女性に限りませんが、主語が抜けた会話をすると脈絡がなくなることも多いです。例えば「後で良いからやっといて」と何かを頼まれたとします。しかし、やると言っても何をして良いのか分かりません。

これは自分が理解していることは、他人も理解しているという前提があることが原因として考えられるでしょう。しかし、夫婦や恋人であっても同じ人間ではありません。そのため分からないことも多いです。事前に相手が何についてやっているのか理解していれば、主語がなくとも通じる場合もあるでしょう。

しかしすべてに対して通じるものではありません。他者に何かを言葉で説明する時には理解できるように話すことが必要です。しかし関係性によっては丁寧で細かな会話をしないこともあるでしょう。相手への慣れや信頼があるからです。通じなければ脈絡のない話になっても当然でしょう。

登場人物が説明なしで出て来ることも多い

女性に良くある話の脈絡がなくなる原因として、知らない人の名前が出て来ることです。共通の知り合いならわかるのですが「みよちゃんがアキラくんに告って」と急に話をすることがあります。

これも自分が知っているので相手も分かっていると何の根拠もなくつい語ってしまうケースです。しかし相手はそのみよちゃんやアキラくんが誰か分かりません。話が流れて情報が入って理解できる場合もあります。しかし多くの場合「そのみよちゃんやアキラくんって誰なの」と聞かなければ分からないことも多いです。

脈絡のない話に対しての聞き方対策

相手が脈絡のない話をした時、どうすれば上手に対応できるでしょうか。友達など同じ立場の人なら分からないことを説明してもらえば良いだけの話です。しかし自分より立場が上の人でしたら、何度も説明を求めるのは失礼だと考えてしまう人もいるでしょう。脈絡がない話をする人とはどのように対応をすれば良いか、その対策について紹介します。

対人関係を良好に保ちたいなら

対人関係次第では上手に対応をしなければなりません。関係が崩れる可能性もあるからです。内容自体がたいしたものでもなく、自分が言いたいことをただ一生懸命語っているなら場を崩さないようスルーするのも一つの対策です。

例えば、ニコニコしながらあいづちを打って聞いているふりだけすれば相手が満足することも多いでしょう。「ごめん。脈絡がなくて意味が分からない」と言って場の雰囲気が崩れるより良いと考えるなら、その対応も悪くないでしょう。

話を整理しましょう

仕事のことや家庭でも重要な話し合いの場合、意味が通じていなければ思わぬトラブルにつながる内容もあります。そのような重大事でしたら、脈絡がないので話が通じないで終わらせてはダメでしょう。脈絡がない話について分からない部分を埋めなければなりません。

脈絡がない話については要点を理解し、整理をすることが大切です。脈絡がない話になってしまう原因として、話の内容が飛ぶことが挙げられます。その部分を指摘して説明を聞いて整理していきましょう。

注意したいのは自分の主観を当てはめないことです。自分自身の主観で解釈し話を整理すると、内容次第では相手の言い分とまったく異なる答えが出て来る場合もあります。パズルのようですが、根気強く整理をすることが大切でしょう。

話がずれたことを指摘しましょう

要点やポイントを意識して話を整理することと似ていますが、話がずれてしまったら、その点を指摘することも大切です。話がずれると、そのまま違う話をして終わる可能性も否定できません。

しかし相手にとってはその話はすでにしたと思い込んでいる可能性もあります。そうなると後になって「そんな話は聞いていない」「いや、したはず」という混乱が待ち受けている可能性もあるでしょう。それは避けなければなりません。

話がずれたら「それで、さっきの話の続きは」と逐一指摘する必要があります。そうすることで脈絡のない話にも上手に対応できるでしょう。