Search

検索したいワードを入力してください

寄りかかる人の心理・子供が網戸に寄りかかる理由|ベッド/壁

Author nopic icondottman
カテゴリ:人の心理

初回公開日:2018年05月05日

更新日:2020年03月13日

記載されている内容は2018年05月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

寄りかかる人の心理・子供が網戸に寄りかかる理由|ベッド/壁

寄りかかる人の心理

仕事の合間の一息や、休日自室でのんびりしているときなどはついつい何かに寄りかかることがくせになりがちです。普段何気なくしている行動の一つですが、あらためてビジネス心理の観点ではどのような意味があるのでしょう。日常的に寄りかかるであろうアイテムや対象ごとに分析してみましょう。

ベッド

突然ですが、あなたは自分一人だけの時間をどれだけ確保できているでしょう。学校や職場など多くの時間を人と触れ合って過ごしています。近年はお一人様ブームですが、その背景には常に人とつながることへの疲れがあります。そうした中で寝室とは、ただ一つ自分のためだけにある空間ではないでしょうか。

寝室では他人の目を気にする必要もないため心からくつろぐことができます。ベッドに寄りかかり、お気に入りの本をよむような時間は貴重な癒やしのひとときです。こうしたイメージそのままに、ベッドに寄りかかる心理は「安心・無防備・くつろぎ」を表しています。プライベートな空間なので、全身脱力している状態です。

ビジネス心理では相手をよく観察することが大切です。たとえば相手が安心できる人の場合、不自然に力むことなく対応ができるでしょう。逆に緊張する相手の前ではどこか不自然な力みが生まれてしまいます。自分で思う以上に体は正直です。こうした「力み」は、声や言葉遣い、姿勢や動作などに現れます。

この点、壁に寄りかかる姿勢とは体の力を抜いて壁に預けている状態です。たとえば駅での待ち合わせの光景では、柱によりかかって待つ人を見かけることがあります。この場合の相手は家族や友達などでしょう。脱力した姿を見られても大丈夫なほど気の置けない関係で、これから過ごす時間が安心なものであることを示しています。

クッション

クッションに寄りかかる場合の心理をご紹介します。

置かれた空間で考える

何かに寄りかかる心理を考察するには、相手の姿勢と空間とをセットで考えるとよいでしょう。特にクッションの場合は置いてある空間が大切です。基本的にはベッドの時と同じで、リラックスしたいという心理が根底にあります。ただし求めている癒やしの質や精神状態が異なるので、そこは区別する必要があります。

クッションが置かれる場所のイメージは、リビングや住宅展示場、家具屋さんなどではないでしょうか。それらの空間は、普段着で休みの日にいけるところながら人の目に触れる場所でもあり、100%自分だけのものではありません。いいかえればクッションがある場所では、人目を気にせず姿勢をくずせるようなリラックスの仕方はできないということです。

クッションに求める癒やしの心理

さらに寄りかかる対象の材質も考慮する必要があります。たとえばベッドの場合、壁と同じように「硬さ・反発」があります。つまり、寄りかかる側は支えられて心を安定させたいという気持ちがあります。逆に言えば心が安定していれば、別な事に頭をさく余裕があるということです。たとえばベッドで仕事のことを考える人もいるでしょう。

一方、クッションの場合は材質が柔らかく体を「包んでくれる」イメージです。「包まれる」姿勢とは視野を狭めた状態です。顔を埋める場合もありますし、寄りかかる場合は体を縮めた前傾姿勢になるはずです。心理としてはその姿勢同様、目の前の状況をシャットアウトして「自分の気持ちだけで頭を浸したい」あるいは「逃避したい」というイメージです。

軽く寄りかかる場合

クッションに埋もれる場合は重たい感じですが、もっとライトな場合もあります。たとえばリビングで友達を迎えるような場合は、ベッドと壁に寄りかかる心理をミックスした状態です。つまり気の置けない環境でリラックスしていることと、そこが自分の空間であることのさりげないアピールとが混ざっています。

椅子

これまで姿勢、空間、材質などの観点から何かに寄りかかる人たちの心理を分析してきました。ここでは復習として椅子に寄りかかる心理を確認してみましょう。せっかくなので、本文を読む前に少し考えてみてください。誰か身近な方を思い浮かべるとよりイメージが湧きすくなるでしょう。

仕事場の椅子に寄りかかる場合

まずはその椅子がどこにあるかを考えてみましょう。たとえばオフィスの場合、姿勢を崩すことはアンフォーマルという認識でした。さらにいえば仕事場の椅子とは権威の象徴です。つまりそうした振る舞いが許される「自分の権威」をアピールしたいという心理です。仕事に対する周りからの承認要求や、疲れてるアピールの構ってちゃんなどが該当します。

仕事場以外で椅子に寄りかかる場合

この場合はくつろいでいるか疲れているかのどちらかです。たとえば自宅の椅子で寄りかかっている場合は、無心でくつろいでおり特に何も考えていないことが多いでしょう。言うまでもなく映画館などの椅子の場合も同様です。飲食店で椅子に寄りかかる場合も心理は同様ですがあまり見た目は良くないです。

一筋縄ではいかない仕草と心理

対象ごとに寄りかかる動作の心理を紹介してきました。しかし、本来は人それぞれに考え方が違うので相手ごとにカスタマイズし応用する必要があります。たとえばオフィスの椅子によりかかる仕草一つでも処理しきれないような問題が起きていて、俯瞰や高みの見物をイメージして気持ちを落ち着けている、といったような具合もあります。

こうした類型は多くの人を相手にする営業職や、採用を担当する人事の人にとっては確かに便利です。しかしこうした方法論や類型は、型にあわないのものをマイノリティとして切り捨てた上で成り立っている側面もあります。過度に過信知すぎず、人を見抜く目や対人術を実践で養いましょう。

ビジネスの場から考える