Search

検索したいワードを入力してください

機転が利く人の特徴・長所なのか・エピソード・診断|仕事

Author nopic iconrittttun
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年04月02日

更新日:2020年03月14日

記載されている内容は2018年04月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

機転が利く人の特徴・長所なのか・エピソード・診断|仕事

予期せぬことに動揺しない

予定外のことが起こった時に、パニックになる人や何もできなくなる人さまざまですが、機転が利く人は慌てるのではなく臨機応変に対応することができます。「柔軟性」を持っているともいえるでしょう。

聞き上手である

人の話をよく聞くこと、興味を持つこと。これも機転を利かせるために重要な特徴の一つです。人の話を聞かなければ、相手の気持ちは分かりません。

またちょっとしたことに気づくこともできません。機転の利く人は、相手が気持よく話すことができるように聞き上手であることが多いです。機転を利かせて、空気を読んで聞き手に徹する時もあれば、必要に応じて相手にアクションを起こすこともできます。

機転が利く人になる方法

「機転が利く」とは、もって生まれたものなのでしょうか。もちろん、才能と言われる部分もあるでしょう。勉強で学べるものではなく、元々の性格や能力と思われる方も多いでしょう。ですが、それは違います。ちょっとした考え方や行動で、誰でも機転を利かせられるようになります。

いろいろな人に興味を持ってみる

人の話を興味を持って聞いてみる、人の行動を観察してみることが「機転を利かせる」第一歩です。機転を利かせるときには、必ず相手の「人」がいます。そのため、まずは人に興味を持つことが必要です。

自分のことだけに集中してしまうと、人と話す時も自分のことばかり話してしまったり、自分中心の行動になります。普段の何気ない会話や行動の中でも、「相手が何を考えているのか」「何をすれば喜んでもらえるのか」「何に困っているのか」を自分なりに考えることで、相手の立場を思うことができます。

相手のことを考えて行動に移せること、それが「機転を利かせる」ということでしょう。

物事を深く考えるくせをつけてみる

仕事で指示されたときなど、人から何か言われたときに、言われたとおりに行うことはもちろん大事なことです。さらにここでもう一歩踏み込んでみましょう。「なぜそれを言われたのか」「なぜそれをしなければいけないのか」「なぜ問題が起きているのか」を自問自答し考えてみましょう。

考える癖を日ごろからつけておくことで、自分の中の考えや選択肢の引き出しを増やすことができます。そうすれば、実際に何か起こったときに1つの選択肢だけではなく、広い視野で物事を考えることができるでしょう。それが「機転の利いた」答えにつながります。

考えるだけでなく行動する

仮に、機転の利いたことを考えることができたとしましょう。ですが、それを行動に表わさなければ意味がありません。自己満足になってしまい、それは相手のためにはなりません。相手の気持ちを考えることは大事なことです。もちろんそれも気のきいたことといえるでしょう。ですが、さらに踏み込むことで「機転の利いた対応」にすることができます

誰かが困っているときに、「こうすればいいのに」と心の中で思うだけではなく、実際に手を貸すことで、初めて機転の利いた、気の利いた人だと認識されます。自分の中で考えたことは自信を持ってどんどん行動に移していきましょう。

機転が利く人に向いた職業

先に述べたように、「機転の利いた」言動や行動の先には必ず相手がいます。そうすると、機転が利く人には接客業が向いているといえるでしょう。

飲食店の店員を例にあげると、日々多くのお客が来店します。人によって性格も、態度も、好みも違います。さまざまな質問も飛んでくることでしょう。中にはクレームをつける人もいます。100人いれば100人全員が違う感覚を持った人です。

そのような人たちに対して、どれだけ目を配れるか、咄嗟の質問や苦情にどれだけ機転を利かせて対応できるか、常にさまざまな場面で「機転を利かせること」の連続です。他にも、CAや教師といった対人の仕事は数多くあります。機転が利いた人は、こういった場所で活躍することができるでしょう。

心の持ちようで機転の利いた人になれる

「機転を利かせる」ことは、決して簡単なことではありません。ですが、少しの考え方や心の持ち方を変えること、また自分の努力次第で機転が利く人になることはできます。周囲で機転の利いた人だと評価が高い人も、才能があるだけではなく、自分なりの考え方をもって努力しているはずです。

自分が少し機転を利かせることで、さまざまな場面で相手からの評価は変わります。また、それが自分への自信にもつながります。機転を利かせるスキルを身につけて、職場や学校、日常の生活を自信を持って過ごしていきましょう。