Search

検索したいワードを入力してください

よく気を遣う人の特徴と心理・気を使う相手との付き合い方

Author nopic icon0413nao
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年04月06日

更新日:2020年02月22日

記載されている内容は2018年04月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

よく気を遣う人の特徴と心理・気を使う相手との付き合い方

よく気を遣う人の特徴

周囲の人に気を配ったり、周りの状況に配慮をしたり、色々と心配をしたりすることを気を遣うといいます。気を遣うことは決して悪いことではありませんが、なぜが気を遣う人といると疲れてしまうことがあります。なぜ気を遣われることは決して悪い行為ではないのに、一緒にいると疲れてしまうのでしょう。

今回はそんな気を遣う人の特徴や心理を紹介していきます。気を遣う人の特徴や心理を知ることで、気を遣う人とも上手に付き合っていくヒントが見つかることもあります。また自分は人と付き合う時いつも気を遣ってしまって疲れるという方は、気を遣いすぎてしまうことから抜け出すヒントを見つけてください。

自分を出さない

常に気を遣う人は、自己主張をあまりしません。自分を主張することは時に周囲から反感を買ってしまうこともあり、意見がぶつかってしまうこともあります。

しかし常に気を遣う人はとても洞察力に長けているためその場、その場の相手に合わせることができてしまいます。相手はこういう考え方をする、相手はこうしてほしいということを敏感に察し、相手と自分の考えが違う場合も相手の考えを優先し、相手の考えに同調してしまって自分の考えを表に出すことを控えてしまいます。

そのため一見話をしているととても気の合う人と感じることも多くなります。しかしあまりにも合わせ過ぎてしまうので相手のことを理解することは早いのですが、相手に本当の自分を理解してもらうことは難しくなってしまいます。

人間関係は広く浅い

このように、相手に合わせることに長けている気を遣う人は、とても交友関係は広く持っていることが多くあります。よく「あの人とは気が合わない」と敬遠したくなる人がいますが、気を遣う人は相手に合わせるので、相手から気が合わないと思われることはあまりありません。

しかし「いい人」という印象は多く持たれますが、相手から「分かり合える人」という印象はもたれにくくなってします。人と付き合っていく中で関係が深くなれば意見がぶつかることもあります。また本音をぶつかり合える仲だから、関係を深くすることもできます。

しかし「いい人」にはなれますが、本音でぶつかり合うことはなかなかできないので、それ以上関係が深まることもまた難しくなってしまいます。そのためどうしても交友関係は広くなりますが、深く分かり合える相手になることができません。

洞察力がある

常に気を遣う人は、とても洞察力を高く持っています。そのためちょっとした相手の表情の変化や口調の変化などを敏感に察します。そのため周囲の人のことをとても理解している人とも言えます。

常に周りを意識しているので、周囲のちょっとした変化にもとても敏感で、不意に「昨日何かあったの?」など声をかけることもあります。いつもと変わらないように振舞っていた相手にとっては「なんでわかるの?」と驚かされることもありますが、常に相手の表情や行動を気にしているので、ちょっとした変化にも敏感に気付くことができます。

性格

常に気を遣う人は、気が小さい性格の持ち主の場合もあります。そのため自分をアピールするために気を遣った素振りを見せる人とは根本的に目的が違います。自分をアピールするために気を遣った素振りをする人の目的は自分をよく見せたいというものですが、常に気を遣う人は人に嫌われることを避けたいといった目的のほうが強くなります。

そのため嫌われることの恐怖心から、嫌われないように、もめないようにと常に気を遣うことが多くなります。

気を遣う心理

気を遣う人の心理には、人に嫌われたくない、場の雰囲気を壊したくないという心理が働いていることが多くあります。これは人に嫌われることへの恐れ、自分に自信が持てない現れでもあります。

そのため人やその場の雰囲気にとても敏感で、洞察力にも長けています。常に相手の表情やその場の雰囲気に気を配っているので、人よりちょっとした表情や雰囲気の変化に敏感に気付くことができます。

常に相手の心を探って相手の気持ちを読もうとしてしまうので、気を遣うということは決して悪いことではありませんが、気を遣われた相手にとっては重荷になってしまったり、時にはストレスになってしまうこともあります。また知らず知らずに自分でも気を遣うことがストレスになってしまうこともあります。

見方を変えて

そもそもが気の弱い性格であったり、自分に自信が持てない不安な部分があったりするためついつい使わなくてもいい気まで使ってしまう方も多くいます。気を遣われていると捉えてしまえば重荷やストレスにもなってしまいますが、「誰に対しても気を遣う人」と見方を変えることで相手の気を遣った行動や言動も受け入れやすくなります。

気を遣う相手との付き合い方

今まで上げてきたように、気を遣う人はとても洞察力に長けていて相手のちょっとした変化も敏感に察します。またその場の状況で争いやもめごとを回避できる手段を何よりも優先します。しかしお互いにもっと分かり合いたい身近の大切な人が、気を遣う相手だとなかなか相手の本心を知ることができません。

また人は気を遣う相手に対しては、自然に気を遣い返してしまうことがあります。そのためお互いが遠慮し合い言いたいことを我慢してしまいます。気を遣う人といると疲れてしまうのは、そんな言いたいことも言えない状況のストレスが原因になることもあります。

そこで、ここでは身近にいる気を遣う人との、付き合い方について紹介していきます。

気を遣う彼女

彼女が気を遣う場合は、「嫌われたくない」という気持ちが強く働いていることがあります。嫌われないようにと気を遣いすぎて言いたいことも言わず、遠慮してしまう女性は多くいます。そんな気を遣う彼女に対しては、まずどんな自分でも好きでいてくれるという安心感を持たせてあげることが大切です。

喜んでもらえることをしたいアピールを