Search

検索したいワードを入力してください

よく気を遣う人の特徴と心理・気を使う相手との付き合い方

Author nopic icon0413nao
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年04月06日

更新日:2020年02月22日

記載されている内容は2018年04月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

よく気を遣う人の特徴と心理・気を使う相手との付き合い方

最後に、ここまで気を遣う人の特徴や心理などを上げてきましたが自分は気を遣う人なのか診断してみてください。気を遣う人はとても周囲や人に気を配ることができている人でもあるので、決して気を遣うことは悪いことではありません。しかしあまり気を遣いすぎてしまうと、相手も重く感じてしまい、自分も疲れてしまいます。

気を遣う人の特徴や性格のチェック項目を上げていきますので、自分は気を遣う人なのかチェックしてみてください。全て、もしくはほとんどが当てはまった場合は少し気を遣いすぎるタイプです。またほとんど当てはまらない方はちょっと気を遣わなすぎる可能性があります。

項目
1自分の意見を言うのが苦手
2友達はいるけど親友はいない
3とても心配性だ
4誰からも嫌われたくない
5いつも人の顔色を伺っている
6人に話を合わせるのが得意
7NOというのが苦手
8初対面の人と話すのは苦手じゃない
9責任感が強い
10過去に人間関係のトラウマがある

気を遣うのは善し悪し

気を遣う人に関して色々紹介してきましたが、何か参考になれることはあったでしょうか。気を遣うということは決して悪いことではなく、すべての人が気を遣えるかというとそんなこともなく、気を遣える人はそれだけ人や周囲のことをよくわかっている人でもあります。

しかし過度に気を遣ってしまえば相手にも気を遣わせてしまったり、重荷になってしまうこともありますし、自分自身がストレスを抱える原因になってしまうこともあります。

時には気を遣い、時にははっきり自分の意志を出すといったバランスが大切になります。