Search

検索したいワードを入力してください

徳が高い人の特徴・類語・手相の特徴|トイレの神様/オーラ

Author nopic icontakezou
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年04月11日

更新日:2020年03月09日

記載されている内容は2018年04月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

徳が高い人の特徴・類語・手相の特徴|トイレの神様/オーラ

徳が高い人の特徴

人を評価する単語として「徳が高い」と表現をすることがありますが、この「徳が高い」とは具体的にどのような特徴があるのかよくわからないという人も多いでしょう。そこで、具体的に「徳が高い」人の特徴を記載していきます。

オーラがある

徳が高い人の特徴はどんなものかをネットで検索すると、高確率で「オーラがある人」という不思議なワードが出てきます。「オーラっていったい何」と疑問を抱く人も多いですが、すごくざっくりとした表現をすると「その人を形成して周りを纏っている気のようなもの」です。

某願いをかなえるドラゴンを呼ぶために竜玉を7つ集めるアニメで「気を高める」ために気合を入れるシーンがしばしばありますが、あの時に描画される「気」がオーラのようなものと考えましょう。

私たち人間でいうところのオーラとは命のエネルギーであり、この色や輝きが強い人ほど体調が良くて精神状態も良好であると考えられています。そして、オーラが見える人曰く「オーラがはっきりと輝いて見える人ほど徳が高い」とのことです。

徳の高い人のオーラは何色?

このオーラは人によって色が異なります。実際に徳が高い人のオーラは白く大きな光のようなものと表現する人もいれば、包み込むような紫色と表現する人もいました。このオーラは人によって色も異なりますが、見え方も異なるので誰もが納得する形で説明することは難しいです。

オーラの力って何?

現代における徳が高い人の発するオーラの力とはいったい何なのかといわれるとこれも人によって異なるので断言することはできませんが、強いオーラを発する徳が高い人というのは存在感がかなり強く、その人がいるだけでその場の雰囲気が柔らかくなったり清らかなものへと切り替わるといった不思議な力です。

オーラといわれてもよくわからないという人でも、「この人のそばにいると不思議と和む」といった特殊な能力を持っている人や、「この人がいると場の空気が一気に引き締まる」といった特徴を持っている人に接したことがあるでしょう。オーラがあるというのはそのような目に見えない何かを持っている人と考えましょう。

魂が成長している人

これもなかなかに難しい表現なのですが、徳が高い人というのは魂のレベルが高い人と考えられています。つまり、魂が成長しているということです。魂が成長していてレベルが高い人というのは「何かよくわからないけどこの人からは大きな力を感じる人」と感じることが多く、短時間接しただけでわかることすらあります。

魂が成長している人は心構えがしっかりしている「しっかりしている人物」であり「他人を無意識に気遣うことができる人」です。このしっかりしている度合いというのは幼少期から現れるもので、子供ながらも自分が風邪をひいたときに「忙しいお母さんが風邪ひかなくてよかった」という言葉を発することが無意識でできます。これこそ、魂レベルが高く徳が高い子です。

逆に、大人になっても独特芯のかけらもなく精神的な未熟さを露呈してしまう人は魂レベルが低く、徳が低くなってしまいます。

「徳が高い」の類語

徳が高いという表現はやや抽象的な部分が多く良くわら家内と感じる方も多いです。その難点となっている部分が「徳」で、この「徳」がどのような意味を持っているのかが見えないために表現に困ってしまいます。ここでは徳が高いという言葉の類語は何になるのかを解説して、徳の意味もお答えします。

そもそも「徳」とは

「徳が高い」というワードが難解と感じる方はこの「徳」が何を意味しているのかが良くわからない方です。この「徳」の定義というのは辞書に記載されているものではなく、その人次第で理解の仕方も異なりますので、多くの方に共感された松下幸之助さんの「徳」の考え方に倣ってお答えします。

徳のある人ない人の見分け方を松下幸之助さんは「困ったときに自然と相談に行きたくなるかどうか」と述べています。徳の高い人は自然と教えてもらいたいために足を運びますが、徳が低い人は近寄りたくないと感じてしまいます。

つまり、直観的や本能的に「この人ならば頼ることができる」と思わせられる人が徳が高い人、「徳」を持っている人となります。ほかの人の解釈でも「徳とは善行によって積み上げられたもの」とありますので、松下幸之助さんの考えに沿うものとなっています。

「徳が高い」の類語について

具体的に「徳が高い」の「徳」を一言でまとめるのは難しいですが、「善行」のようなものと考えて話を進めてみましょう。善行を積むような人格的に優れている頼りにできる人と考えると徳が高い人の類語は以下のようになります。

度量のある人・人間的に大きい人・人格者・模範的な人・器の大きい人・人徳のある人・優れた人格の人などが該当します。類語を考えると、徳が高い人とはどのような人なのかもなんとなく見えてきます。

厳かな雰囲気があるという考えもある

しかし、徳が高い人というのはその場の空気を一気に引き締める力を持っている人でもありますので、「厳かな雰囲気を纏っている人」という意味もあると考えられています。その場合の類語は上述したものとは多少異なるでしょう。

貫禄がある人・品のある人・威厳がある人・重みがある人・堂々としている人・風格がある人・優雅な人・高潔な人・気位の高い人などが該当します。どちらの意味で考えるのかで類語もこのように異なってきますので、どちらも覚えておくといいでしょう。

徳が高い人の手相の特徴