Search

検索したいワードを入力してください

腹が立つときの心理状況・眠れないときの対処法・解消方法

Small 7aaa5c49 526a 446b b552 7b964cdfb039西原広大
カテゴリ:人の心理

初回公開日:2018年04月07日

更新日:2018年04月07日

記載されている内容は2018年04月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

腹が立つときの心理状況・眠れないときの対処法・解消方法

腹が立つときの心理状況は?

人間誰しも腹が立つことはありますし、それは仕方のないことです。腹が立つことのない人はいませんし、生きていれば一度は腹が立つことを経験しています。腹が立つこと自体は誰にでもありますし、仕方のないことですが、人によってその頻度は違います。

毎日何度も腹が立つという人もいれば、めったに腹が立つことはないという人もいますし、より幸せなのは当然腹が立つ頻度の少ない方だと言えます。腹が立つことでイライラしますし、ストレスも感じてしまいます。

ストレスは体にも良くありませんし、腹が立たずに済むならそれに越したことはありません。腹が立つときの心理状況を知り、なぜ自分がイライラしてしまうのかを知っていきましょう。

もどかしい

腹が立つときの心理状況としては、もどかしさを感じていることが挙げられます。腹が立つときの多くは何かが上手くいっていないことが多いですし、なかなか上手くいかずに失敗が続いてもどかしいと感じてしまいます。

仮に失敗続きでも成功が見えているのであれば、成功に対しての期待感でそれほどもどかしさを感じることはありませんが、成功への期待が見えない状態だともどかしさを感じてしまうことが多いです。

なぜか上手くいかないなど理由がわからず失敗が続くと自分自身に対して無力感を感じてしまい、それが苛立ちに繋がってしまいます。腹が立つ人の多くは自分に厳しい人が多いですし、何かができないもどかしさ、無力感によって腹が立つ人は多いです。

敵対心

腹が立つときの心理状況としては、敵対心も挙げられます。もどかしさによって腹が立つ場合は自分に対して腹が立っていますが、敵対心によって腹が立つ場合は、他人に対して怒りを感じています。

他人から受けるストレスで腹が立つ場合は、相手が間違ったことをしている、自分に不利益になることをしていることが多く、相手を敵と認識してしまうことが多いです。仮に日頃仲がいい場合でも、自分に不利益をもたらしそうになった場合は、その瞬間だけ敵と認識してしまい、腹が立ってしまいます。

よく腹が立つ人は自分に厳しいだけではなく、人に対しても厳しい人が多く、人の行動や振る舞いに対して間違いを感じて、そこから腹が立ってしまう人も少なくありません。

腹が立つときと眠れないときの対処法は?

腹が立つことで怒りやストレスを感じてしまいますし、気が立ってしまうことも多いです。日中であれば気が立っていたとしても問題はありませんが、夜寝る前などに腹が立つことがあったり、腹が立つことを思い出したりすると、イライラで眠れなくなってしまうことが多いです。

腹が立っていることに対してもイライラしますし、それによって眠れないことにも腹が立ってしまい、悪循環に陥ってしまいます。腹が立ったままでは眠ることはできませんので、気持ちを鎮めることが大切です。腹が立って眠れないときには、どのように対処すればいいのかを知っておきましょう。

瞑想

腹が立って眠れないのであれば、そのまま無理に寝ようとするのではなく、一度起きて瞑想をしてみましょう。瞑想といってもやり方は自由であり、座って目を瞑るだけでも構いません。神経を落ち着けるヒーリングミュージックなどがあればそれをかけてもいいですし、瞑想をして落ち着きを取り戻すことが大切です。

目をつぶったまま数字を数えているだけでも気持ちは落ちつきますし、深呼吸をして呼吸を整え、気持ちをさらに鎮めていきましょう。瞑想中はとにかく何も考えないことが大切であり、何も考えずにただ呼吸だけを繰り返すことで怒りを外に出し、気持ちを落ち着けていきます。

同じ目をつむっている場合でも、無理に寝ようとするのか座って瞑想をするのかでは効果は違いますので、眠れないときは瞑想を試し、心を充分に落ち着けてから横になりましょう。

腹が立つときのおすすめの解消方法は?

腹が立つとストレスもたまりますが、ストレスはたまったままにしておくのはよくありません。ストレスがたまったままだと、余計に腹も立ちやすくなりますし、体調を崩してしまう場合もあります。

腹が立つのと同じで、ストレスを感じるのは仕方のないことですし、誰しも少なからずストレスは感じていますし、たまっています。ストレスを感じない人などいませんし、ストレスフリーに見える人もストレスを感じていないのではなく、感じたストレスを上手に解消しているだけに過ぎません。

ストレスは感じることではなく、ためこむことが悪いので、腹が立ってたまったストレスは上手に解消していきましょう。

カラオケ

腹が立つときのおすすめの解消法としては、カラオケが挙げらます。カラオケはストレス解消方法としては定番のものですし、大きい声を出すことですっきりすることができます。カラオケでは歌を歌うことはもちろん、大きな声を出すこともできますし、マイクを使って大音量で日頃の愚痴を叫んでみるのもおすすめです。

声に出すことで気持ちはスッキリすることが多いですし、腹が立って感じていたストレスも解消できることが多いです。カラオケは複数人で行くのもいいですが、一人で行くのもおすすめです。

一人でカラオケができる店舗も増えていますし、他人の目を気にせずに思う存分大声を出してストレスを発散していきましょう。

運動

腹が立つときの解消方法としては、運動もおすすめです。運動をすることでストレス解消にもなりますし、体を動かせば前向きな気持ちになることができます。運動をすれば体もさっぱりしますし、悩みやストレスが吹き飛んでいくことも多いです。

血流が良くなることで頭も冴えますし、問題に直面している場合でも解決策が浮かぶ可能性もあります。また自分を限界まで追い込むことで、何も考えずに済みますし、少しの間でも腹が立つことを忘れることができます。

一瞬でも忘れてしまえば怒りは風化することも多いですし、そのままどうでもよくなることもあります。運動をすることで健康にもいいですし、体が健康になれば心も前向きになりますので、腹が立ちにくくもなりやすいです。

状況別腹が立つ人の対応方法は?

自分に対して腹が立っている場合は、問題点を洗い出し、それを解決するために努力をすればいいですが、他人に対して腹が立つ場合はそうはいきません。他人に腹が立つ場合は改善を求めても上手くいかないことも多いですし、そのまま口論に発展し、余計に腹が立つということもあります。

他人との関わりはすべての場合で上手くいくとは限りませんし、腹が立ってしまうこともしばしばあります。腹が立つからといって怒りを露わにしてしまうと関係が崩れる可能性もありますし、放っておいても改善されずにまた腹が立つということもあります。

他人に対して腹が立つ場合も対処法がないわけではありませんので、どのように対処していけばいいのかを知っていきましょう。

娘に対して腹が立つ場合は、きちんと叱ることが大切です。親子であれば説教をしても問題はありませんし、叱らずにそのままにしていると娘のためにもよくありません。きちんと叱ることで、改善される可能性もありますし、人間的な成長に繋がる場合も多いです。

叱る場合でも頭ごなしに怒るのではなく、なぜいけないのかなどを明確に説明することが大切です。腹が立つからといって感情的になってしまうとよくありませんので、怒りはぐっとこらえて叱るようにしましょう。