Search

検索したいワードを入力してください

肩たたき券のネタ・手作りの方法・アイデア|おもしろ/彼氏

Author nopic iconskycore
趣味 / 2018年04月27日
肩たたき券のネタ・手作りの方法・アイデア|おもしろ/彼氏

肩たたき券のネタ作りをしよう

皆さんは、肩たたき券を作ったことがありますか。

子供の頃、母の日や父の日などに肩たたき券を作ったことがある方も多いのではないでしょうか。昔は、紙に手書きで書いて切り取る、といった形のものが多かったですが、最近ではパソコンで画像を取り入れて作ったり、パソコンでデザインして作ったりと、作り方の幅も増えてきました。

また、手書きで手作りする場合にも、最近では100円ショップなどでも、たくさんのかわいい材料や、アイデアのヒントになるものがあります。子供の頃などは、肩たたき券をプレゼントする機会も多く、肩たたき券のアイデアもマンネリ化してくるということもあるでしょう。

今回は、肩たたき券をプレゼントする人に喜んでもらえるように、プレゼントする人のイメージをしっかり考えながら、肩たたき券のネタ作りをしたり、マンネリ化しないようにアイデアを出して肩たたき券作りしていきましょう。

デザインはどうする?

ではまず肩たたき券のデザインを考えていきましょう。どんなデザインにするかは肩たたき券をプレゼントする人にもより変わってくるでしょう。

例えば母の日にプレゼントするのであれば、『お母さんへ』や『お母さん専用』、『いつもありがとう』などメッセージをいれてもいいですし、似顔絵や、カーネーションの絵を書いてもいいでしょう。どんな日に、だれに肩たたき券をプレゼントするのかしっかりイメージをしてデザインを考えてみましょう。

手書きが苦手という場合、パソコンで作っても、色やデザインもきれいで面白いものが作れるでしょう。ただし、パソコンで作った場合には、手書きよりもオリジナル感が出にくいので、インターネット上の画像をただ引用するだけではなく、オリジナリティーや考えて作ったことが、伝わるようなデザインにしましょう。

おもしろい肩たたき券をつくろう

肩たたき券を貰ったときに面白い、と喜んでもらえるようなアイデアを入れましょう。

例えば、肩たたき券を使える有効期限を決めて『無期限』や『○月○日○時限定』としてみたり、使える条件を細かく決めてみたり、回数や使える場所などを細かく設定するなどしてみてもいいでしょう。

また、肩たたき券を数枚作り、一枚ごとに条件を変えたり、デザインを変えたりしてみましょう。平面の紙ではなく、見開きタイプで飛び出したり、立体的にするなど、細工をしてみても面白いでしょう。

たくさんアイデアを出して、紙に書き出して下書きをしてみたり、楽しみながらアイデアを出してみましょう。

肩たたき券で喜んでもらうには?

肩たたき券をプレゼントして喜んでもらうには、どんなことをしてもらったら自分は嬉しいか考えてみることが大事です。

特に母の日や父の日などは、一生懸命作ってくれたことが伝わるだけで喜んでもらえるでしょう。逆におざなりに作ったことが伝わると逆効果になる場合もあります。

せっかく肩たたき券を作るのですから、手を抜かずに、一生懸命作った、気持ちの伝わる肩たたき券を作りましょう。気持ちを込めて作ることが大切です。

肩たたき券を手作りするには?

肩たたき券のデザインや、どんなものを作るかイメージが固まったら、次は肩たたき券を作っていきましょう。あなたは、肩たたき券をどのように作りますか。パソコンですか、手書きですか。

パソコンで作る場合には、デザインを決めたあとに、用紙のサイズや、一枚の紙に何枚の肩たたき券を印刷するかのレイアウトを考えたり、どういう素材のものに肩たたき券を印刷していくかを考えましょう。

手書きの場合にも、どのような素材のものに書き、色や、レイアウトはどうするか、何枚作るか、大きさはどうするのかなどを考えていきましょう。素材は紙である必要はありません。100円ショップなどには工作用の色厚紙や、プラスチックの板、カードになっているものなどたくさん素材がありますので、柔軟にイメージを膨らませていきましょう。

肩たたき券の材料は?

では、肩たたき券の材料を揃えていきましょう。

肩たたき券を作るには、まず肩たたき券のベースとなるものが必要です。前述もしましたが、別に紙である必要もありませんので、厚紙や、色画用紙、プラスチック板、カードタイプのものなど、好きな素材を選びましょう。

次にデザインを書くための、ペンや絵の具、色鉛筆など、こちらも好きな画材を選びましょう。開くタイプのメッセージカード風にするなどの細工をする場合には、ハサミやカッター、のりやテープなども用意しましょう。

あとは、デコレーションをするためのシールやマスキングテープなども必要に応じて用意しましょう。

肩たたき券をどのくらい作る?

次に、肩たたき券は何枚作るか考えてみましょう。

一枚に想いをすべて込めた、渾身の肩たたき券にしてもいいですし、前述したように、使える条件や期限の違うものを数枚作ったり、回数券のように綴りにするのもいいでしょう。

ただし、肩たたき券をたくさん作った場合にも、肩たたき券をプレゼントされた方が使うと言ったときには、断らずに要望に応えられる範囲で作るようにしましょう。応えれないほどの量の肩たたき券はプレゼントしないようにしましょう。

肩たたき券をどうやって作る?

では、デザインや、どのくらい作るかなどのイメージが固まり、材料がそろったらいよいよ肩たたき券を作っていきましょう。

作り方は大きく分けて2種類です。手書きで作るか、パソコンなどで印刷するかになるでしょう。パソコンで枠や、形だけを印刷して、中を手書きするという方法もあります。自分に合った方法で肩たたき券を作っていきましょう。

完全手書きで作る?

自由なアイディアをより詰め込み、手作り感や、気持ちのこもった肩たたき券を作るには、やはり完全手書きの買たたき券でしょう。特にお子様からの肩たたき券は、手書きの方が喜んでもらえるでしょう。

色使いや、形、素材などを工夫して、自分らしい肩たたき券を作りましょう。

パソコンを使って作る?

大人同士でのやり取りであれば、パソコンを使って作ってみても面白いでしょう。

リアルな商品券のような肩たたき券や、顔写真を入れてみたり、パソコンや印刷でしかできない工夫をして作ってみましょう。

肩たたき券のアイデアを出そう

手作りならではの面白いところは、何の縛りも規制もないことです。肩たたき券プレゼントされた人が喜んでもらえる内容なら、どんな肩たたき券でも構いません。一人で考えて作った肩たたき券をプレゼントする場合もあれば、母の日や父の日などに、兄弟やお父さん、お母さんとお子様で、一緒に考えて肩たたき券を作る場合もあるでしょう。

『一生懸命たたきます』や『心を込めてたたきます』など、どんな風に肩たたきをするかを記入してみたり、『いつもありがとう』などの感謝の言葉をつたえてみたり、まるで商品券のような肩たたき券にしてみたりとアイデアはいくらでも形にできます。素敵なアイデアを形にしてみましょう。

肩たたき券をあげる人

では、肩たたき券をプレゼントするとなると、誰にプレゼントすることが多いのでしょうか。

毎日仕事で疲れている彼氏さん、一生懸命お仕事を頑張っているお父さんでしょうか。家事育児を頑張ってくれているお母さんや、奥様、もしくは彼女さんということもあるでしょう。また、敬老の日などにお爺ちゃん、お祖母ちゃんに肩たたき券をプレゼントすることもあるでしょう。

肩たたき券は、材料を1から揃えたとしても、比較的安価に作ることができますし、大抵のご家庭にならあるものや、廃材などを使っても、お金をかけずに作ることができます。そして何よりコミュニケーションをとることができます。お子様がお金をかけずに作れるプレゼントとして、最適と言えるでしょう。

彼氏や彼女にあげる

彼氏や、彼女に肩たたき券をプレゼントをしてみるのもいいでしょう。

ですが、お誕生日やクリスマスなどの大きなイベント時に、肩たたき券のみのプレゼントだと逆効果になってしまう場合もあります。他のプレゼントと一緒に添えてみたり、些細な記念日などに肩たたき券を活用してみてもいいでしょう。

母の日のプレゼント

肩たたき券をプレゼントする際の王道と言えば、やはり母の日が一番多いのではないでしょうか。子供のころに肩たたき券を作ったことがある、プレゼントしたことがある、という方も多いはずです。

お子様からのプレゼントはお母さんはなんでも嬉しいものです。特に小さい頃のお子様からの、母の日のプレゼントとして、肩たたき券は費用をかけずにお母さんに喜んでもらえるプレゼントとして最適と言えるでしょう。

お父さんや、ご兄弟など他の家族の方と協力して作ったり、ご家族それぞれの肩たたき券を作るなどしても面白い肩たたき券が作れるのではないでしょうか。

奥様へのプレゼント

日頃家事、育児を頑張ってくれている奥様へ、些細な記念日や、メインのプレゼントの添え物として肩たたき券をプレゼントしてみてもいいでしょう。

その際、普段伝えにくい感謝の言葉や、愛の言葉を肩たたき券にそっと記入しておくと喜んでもらえるでしょう。女性は、言葉にしてもらうのが嬉しいですから、照れずに伝えてみましょう。気持ちのこもった肩たたき券が、きっと夫婦円満の一役を買ってくれるばずです。

肩たたき券のサプライズな渡し方

せっかくアイデアを出して、面白い肩たたき券ができ上がったら、渡し方もサプライズな渡し方にしてみるのも面白いでしょう。

宝探しのようにおうちの中に隠してみたり、お菓子や、プレゼントの箱のふたの裏や底に隠してみたり、紙吹雪の中に混ぜてみたりしてみても面白いでしょう。

最近では、肩たたき券をプレゼントされた側も、使わずに額縁に入れて飾るということも多いとされています。お子様が大きくなった時に記念にもなりますし、大人になって肩たたきが上手になってから使うのも面白いでしょう。肩たたき券は作り方だけでなく、渡し方、使い方も、工夫次第で楽しめます。

手作りならではの肩たたき券をプレゼントしよう!

いかがでしたか。

今回は肩たたき券のネタ作りや、アイデア、また肩たたき券を手作りする方法やおもしろい肩たたき券などをご紹介していきました。

肩たたき券は、お金をかけずに手軽にできて、喜んでもらえて、記念にもなるとてもいいプレゼントと言えるでしょう。肩たたき券をプレゼントする機会があれば、ぜひ色々なアイデアを試してみてください。

関連記事

Related