Search

検索したいワードを入力してください

自発的な行動をする人の特徴・行動をする方法・自主的との違い

Author nopic iconアガサブレッド
カテゴリ:自己啓発

初回公開日:2018年04月11日

更新日:2020年03月13日

記載されている内容は2018年04月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

自発的な行動をする人の特徴・行動をする方法・自主的との違い

仕事をはじめた時は作業をこなすことで精一杯で、ほとんどの人は自分のしている作業の意味をしっかり理解していません。ある程度仕事に余裕がでてきた時に作業のつながりを理解して把握してもらうと、自分の仕事に対して目的意識を持つことができます。目的があると自発的に仕事をするのが楽になります。

面倒な仕事をすすんでしてもらうためには仕事をルーティン化するのも効果的です。毎日の作業をこなすのが普通の状態になりますので、どのような人にも自発的に仕事がきるようになります。

自発的に挨拶しない人への指導法

自発的に挨拶しない人が多くなってきています。それは面倒だからとか、小さい時から挨拶する習慣がなかった人などいろいろな人がいます。

会社という一つの組織に入った時、周りの人たちが仕事を教えてくれたり、世話をしてくれます。その人たちは全く知らない人ではありません、自分の事を気にかけて育ててくれています。挨拶という小さな行動をするだけで友好的な関係を築けるということを業務の一つとして指導します。

例えば学生時代を振り返って見てください。同じ部活動やサークルで挨拶なしでその活動が始まることはありません。何らかの挨拶があります。社会人になっても同じことです。その会社に入ったらまずは挨拶をするということを教えます。

周りの人はわかっている

挨拶されても返事が返ってこなかったのでしなくなった人や声が小さくて相手まで聞こえなかった人などいろいろなことがあり、挨拶をしなくなる場合があります。また挨拶しても返事がなかったらどうしようという不安から自発的に挨拶ができなくなります。

職場の人たちすべてが毎日快適な生活を送っているわけではありません。私生活での心配事やその他のことで頭が一杯になる人もいます。その人たちから挨拶がなかったというだけで自分も挨拶しないというのは良くないです。

「そういう人もいるのか、毎日挨拶をしていればそのうち気が付いてくれるだろう」という気軽な考えを身に付けることも肝心です。自分はその人だけに挨拶して返事がなかったとしても、周りの人たちには聞こえています。それで十分だと考え気持ちを楽にすることも自発的に挨拶できる人への第一歩であり自分にプラスになるということ指導します。

自発的な行動と自主的な行動の違い

「自発的な行動」とは自分から他人へ働きかけるこという意味です。自分から行動を起こした結果、他人へ働きかけているということになります。

「自主的な行動」とは自分の意思で行動します。人に言われる前に率先して自ら行動し、他人の干渉を受けません。

行動を起こすのは自分ですが他人からの影響があるかないかで大きく替わります。

不安は誰にでもある

新しい事をする時は勇気が必要です。自分で考えて決断することが多くなり不安や悩む時もあります。自発的に行動ができない人は失敗したらどうしようとか、なんだか怖いなど不安な気持ちになって怖気づいてしまいます。

自発的に行動をする人でも何か始める前は不安でいっぱいです。その違いは考え方です。一つのことをするのにあまりに重く考えすぎるのは行動を鈍くします。自発的な行動をする人もたくさんの失敗があったからこそ、それを克服し今の自分があります。

少しの勇気を持って自発的になれる人に替われば、ストレスが少なくなり、周りと友好的な関係が持て、仕事ができる人へと成長できます。また夢を持っている人はそれが夢で終わらず、実現する可能性が高くなります。まずはほんの少し考え方を変えてみて一歩踏み出すことです。そうすれば素晴らしい人生を歩むことができます。