Search

検索したいワードを入力してください

自発的な行動をする人の特徴・行動をする方法・自主的との違い

Author nopic iconアガサブレッド
カテゴリ:自己啓発

初回公開日:2018年04月11日

更新日:2020年03月13日

記載されている内容は2018年04月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

自発的な行動をする人の特徴・行動をする方法・自主的との違い

自発的な行動をする方法

自発的な行動をしないで人から言われたことだけをしているのは楽ですが、無理難題を押し付けられたり、自分の考えとは反対の事をして人に振り回された人生を歩むことになります。それがストレスとなり楽しい生活を送れないこともあります。

自発的に行動をするようになると自分の目標がはっきりとわかりモチベーションが向上し、さまざまな決定を自分の納得のいくようにすることができます。怖いとか不安で動けなくなってしまう人が自発的な行動をするにはどうしたらいいのかその方法をお伝えします。

考えすぎない

行動を起こす前にいろいろ対策を練るのは良い事です。仕事では小さなミスから大切なプロジェクトが失敗することもあります。自発的に行動する人はそうならないために事前対策を考えて、次の行動に移ります。

自発的な行動ができない人は事前対策を立てて不安を解消する前に、怖いとか失敗したらどうしようという事ばかりが先走って手が付けられなくなります。もし自分がこれをしたら迷惑ではないか、仕事がスムーズにいかなくなるのではないかなど否定的に考えすぎです。

周りの人たちと自分が同じチームとして行動を共にしている間は積極的に意見を出してみる必要があります。自分の頭の中ばかりで考えていては良いアイデアや解決策があったとしてもみんなに伝わりません。駄目でもともとという気楽な考えを持って考えすぎをやめることが、自発的な行動をする方法になります。

ご褒美を用意する

自発的な行動をするのが嫌な仕事の場合、ますますそれをするのが億劫になったりしますが、それをそのままとおり過ぎることはできません。その場合は目標が達成した後に、自分の好きな物をご褒美します。そうすれば頑張って成し遂げた後への楽しみができ、自発的な行動が取れやすくなります。

例えば、仕事の後には夜に飲むアルコールがご褒美の場合、それを目指して一日を頑張る人は多いです。また、大きなプロジェクトが成功した後はもっと大きなご褒美を考えるのも効果的です。以前から欲しかった高価な物や旅行などをご褒美にするとやる気がでて、自発的な行動が取れやすくなります。

使命感を持つ

仕事や家事、学業など自分がすることに対して使命感を持つと自発的な行動が取れやすくなります。最初は自己暗示のように「これは自分がするべきことです」と自分に言い聞かせます。それが習慣になってくると自分に言い聞かせることも無くなります。それをすることに達成感や使命感を持つのが普通の状態になります。

勇気を持つ

自発的な行動をするには、自分から一歩踏み出す勇気が必要です。小さな勇気でいいので、自分からやってみたいとか、話してみたいと感じたらすぐに行動を起こすことです。その小さな積み重ねが大きな勇気となり、自発的な行動をする人に変わって行くことができます。

自分から行動を起こせない人は小さな勇気を出すのも大変です。最初はドキドキしたり不安になったりしますが勇気を持って行動を起こせた時は自分に小さなご褒美を用意するのも効果的です。

自発的な行動をする人の特徴

自発的な行動をする人の特徴・行動をする方法・自主的との違い
※画像はイメージです
出典: unsplash

自発的な行動をする人はマニュアルとおりではなく自分で考え、計画を立てそれに従って行動ができます。これからの社会ではそのような人を求める会社が多くなってきています。そのような人の特徴をまとめてみました。

目標を持って行動をしている

仕事や家事、学業でもなんでも自分の目指す目標をきちんと把握している人は自発的な行動をすることができます。その目標に向かっていくにはどのような手順が必要か、今の自分に足りないものは何なのかなど目標達成に向けての計画を立て、自ら率先して実行することができます。

目的がはっきりしているので無駄なことがなく、ミスをしてもどうしてこうなったのか、その後どうすればいいのかと考える力があります。どのようなことに対しても目的を持って行っているので成長が速く仕事の質も高くなります。

自分の役割を把握している

仕事の場合、会社の中である程度の役割分担があります。例えば、経理や会計をしている人は自分の役割を把握しやすいです。その場合、次にするべきことが分かっているので自発的な行動をする人は他人が頼む前に自分の作業がわかります。また、頼まれなくても周りに声をかけて自分の作業を進めることができます。

会社という組織の中で自分の役割を把握して自発的な行動をする人は作業の段取りを把握しているので、丁度よいタイミングで仕事ができます。

チャレンジ精神がある

自分の力を試してみたい人はチャレンジ精神があり、自発的な行動をします。会社ではある程度仕事ができるようになると、ここはこうしたらいいのではないか、こういう事もしてみたいなど提案をしていきます。失敗を恐れずにできるので、上司に相談と報告がきちんとできる人は重宝される存在となります。

自発的に仕事をしてもらう方法

初めて仕事をする時は、周りの人や上司から手取り足取り作業を教えてもらいます。いつまでも一から十まで作業を与え続けてもらうことはどの会社に行ってもありません。ある程度仕事に慣れてきたら自発的に仕事をしてもらう必要があります。どのようにしたら自発的に仕事をしてもらえるのかその方法をお伝えします。

良かった事は褒める

自分の仕事やそれ以外でも何か自分にできるとはないかと自発的に仕事をしてもらうには、何かして良かった場合は褒めることです。人は褒めてもらえると自分の行動は良かったと認識して、次は何をしようという意欲につながります。

自分の仕事が終わり手が空いていても、手伝ったら迷惑だろうとか、どのようにしてその仕事を引き受けたらいいのかわからないと考えている人がいたら、「今、手伝える?」と聞いてみるのも良いです。後輩でも同僚でも手伝ってくれてありがとうの一言を添えると、次は自発的に仕事をしてもらえるようになっていきます。

目的意識を持ってもらう