Search

検索したいワードを入力してください

淡々としている人の特徴・黙々との違い・淡々とする方法|仕事

Author nopic iconサトゥ
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年04月10日

更新日:2020年03月09日

記載されている内容は2018年04月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

淡々としている人の特徴・黙々との違い・淡々とする方法|仕事

どんな人?その心理は?淡々としている人の特徴

人には、いろいろな個性や性格などが存在しています。性格や個性は、個人差が大きく、人によってさまざまです。喜怒哀楽が激しい人もいれば、無表情の人もいます。よく話す人もいれば無口な人もおり、まさに十人十色と言えるでしょう。

「淡々」という言葉もまた、人の個性や性格などを表現する言葉の1つです。「淡々」という言葉は、日常生活でも比較的使われることが多く、馴染み深い言葉の1つだと考えられます。

しかし、具体的にどのような人や様子を表す言葉なのか、正確に説明できるという方は、意外に少ないと考えられます。

そこで今回は、「淡々」という言葉をテーマにして、淡々としている人とはどのような人なのか、さまざまな角度から特徴などについて考察していきます。

淡々としている人の特徴

そもそも、淡々としている人とはどのような人なのか、早速その特徴や個性について考察していきます。

淡々としている人の特徴などを確認することで、「淡々」という言葉の意味そのものの理解も深まる可能性があります。ですから、この機会にぜひ、「淡々としている人」について、向き合ってみて下さい。

淡々としている人の特徴【1】:性格

まずは、淡々としている人の性格的な特徴について考察していきます。淡々としている人は、物事などにあまりこだわったり、執着したりしない一面があると言われています。そのため、物事の展開や結果に一喜一憂したり、勝ち負けや合否などを必要以上に気にしたりしない人が多いと考えられます。

また、物や人に対しての好き嫌いが少ないとも言われています。「絶対にこれでなければならない」「この人とは絶対に仲良くしたくない」といったこだわりが少ないため、人間関係などは円滑に築けるケースが多いと予想できます。

淡々としている人の特徴【2】:人間関係

上記で、淡々としている人の特徴として、人の好き嫌いが少ない点を挙げました。続いては、淡々としている人の人間関係について、より細かく考察していきます。

淡々としている人は、人間関係や交際についてもこだわりが少なく、トラブルになりづらいと考えられます。人に執着をせず、選り好みをしないため、誰とでも円満な関係を築ける方が多いと予想できます。

しかし、人によっては、淡白だと感じる人もいるでしょう。執着やこだわりが少ないため、恋愛などにおいては、「本当に愛されているのか」「もしかして誰でも良いのではないか」などと、パートナーに思われてしまう可能性もあります。

「淡々」と「黙々」の違い

「淡々」という言葉を理解する上で、「黙々」などの類語とは、意味などがどのように異なっているのか、疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。「淡々」という言葉は、意味などが抽象的なため、「黙々」などの言葉と、混同してしまいやすいと予想できます。

そこで続いては、「淡々」と「黙々」の違いについて考察していきます。

「淡々」の意味

まずは、そもそも「淡々」とはどのような意味なのか、基本的な意味やニュアンスを確認するところから始めましょう。「淡々」という言葉の意味について、「Weblio辞書」では、以下の引用のように説明しています。

引用の内容から、「淡々」という言葉には、2種類の意味があることが読み取れます。1つ目の意味は、物の味や風味などがあっさりしていたり、人柄がさっぱりとしていたりする様子を表現する意味です。そして2つ目の意味は、水が静かにたゆたう様子を表現する意味だとされています。

2つの意味のうち、日常会話などで使用されるのは、特に前者の意味やニュアンスとしての「淡々」だと考えられそうです。

Blockquote firstBlockquote second

①ものの味わい・感じなどがあっさりと好ましいさま。また,人柄がさっぱりしているさま。
②静かに水をたたえるさま。水が静かにたゆたうさま。

「黙々」の意味

続いては、「黙々」という言葉の意味について考えていきます。それぞれの言葉の意味を理解した上で、改めて比較して、意味などの違いについて考えていきましょう。

「黙々」という言葉の意味について考えるにあたり、今回は「Weblio辞書」に掲載されている解説を引用し、参考にしていきます。

引用した解説から、「黙々」とは黙って何かに取り組む様子や、黙り込んで行動を取る様を表現する言葉であると、読み取ることができます。

Blockquote firstBlockquote second

黙っているさま。また,黙って仕事に精を出すさま。

「淡々」と「黙々」の違い

上記で考察・確認した「淡々」「黙々」の意味を参考にして、2つの言葉の違いについて考えていきましょう。

「淡々」も「黙々」も、静かな様子を表現するという意味では、共通点があると言えます。しかし、2つの言葉では、ニュアンスが異なっていると考えられます。

「淡々」は、あっさりとしていたり、淡白であったりする様を表現する言葉です。人の言動や性格だけでなく、物事の味わいなどに対しても使用されます。一方で「黙々」は、黙って静かに何かをおこなう様を表現する言葉だとされています。主に、人の言動を表現する言葉として使用されます。

上記のような見解から、「淡々」と「黙々」では、含まれているニュアンスや表現の対象となるものなどが異なると言えそうです。

淡々とする方法

物事の展開や人との関係などに執着せず、多少のことでは一喜一憂しない淡々としている人は、時にはクールで格好良く見えることもあります。そのような淡々としている人の様子を見て、「自分も淡々とした人になりたい」と感じる方もいらっしゃるでしょう。

そこで続いては、淡々とする方法について、考察していきます。

淡々とする方法【1】:冷静になる