Search

検索したいワードを入力してください

保守的な人の10個の特徴|保守的の類義語と反対語

Small c4e097db 5edd 40af 81d1 769c5924a8daろく
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年08月06日

更新日:2018年12月21日

記載されている内容は2018年08月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

保守的な人の10個の特徴|保守的の類義語と反対語

保守的とは

ニュースなどを見ていると、よく「保守的」と言う言葉を耳にします。「あの人は保守的な人だ」と言ったり「保守的な考え」などと使われる言葉ですが、意味を理解していますか。

英語ではコンサバティブと言い、こちらはファッション雑誌などで「コンサバ」と略されてよく目にします。政治や人の考え方を形容する時のみならず、ファッション業界でも使われる「保守的」「コンサバティブ」をきちんと理解し使いこなしましょう。

保守的の意味

名詞である「保守」とは、昔からの考え方や思想、組織、社会の有り様などを重要視し革命や改革など新しいことを嫌う、または避ける考え方のことを指します。この「保守」に接尾語の「的」と言う言葉が続いて成り立っている言葉です。つまり「保守的」とは「やや保守の思想を持つこと」「保守の傾向のある様子」などを表す言葉です。

「保守的」に否定や非難の意味合いはなく、場合によっては褒め言葉として使うこともあります。

保守的の使い方

「保守的」は一般的に多くの人が集まった組織や、個人の考え方に対して使います。新しいことを苦手とする人に対して「保守的な人だ」と言ったり、例えば昔からある会社の規律などを変えることを良しとしない団体に対して「保守的な団体」と言ったりします。

先程も触れましたが、「保守的」自体は決してネガティブな意味を含む言葉ではありません。「保守」自体も悪い言葉ではありませんが、聞く人の捉え方に左右される言葉です。

保守的な人の10個の特徴

「保守的」と言う言葉の意味を理解したところで、続いて「保守的な人」について見ていきましょう。あなたの周りにも「保守的」な特徴を持った人がいるでしょう。保守的な性格の人たちにはいくつもの共通点があります。ご自分や周囲の人たちに当てはまるかどうか考えながら読み進めてください。

特徴1:常識に縛られる

保守的な考えの人は常識に縛られてしまう傾向があります。常識を守ると言うのは当然のことですが、常識に「縛られる」ことは時に自分の希望や将来を限定してしまうことがあります。本当にやりたいことや言いたいことがあっても行動に移したり、口に出したりすることができません。

自分の行動や言葉の全てを常識に照らし合わせて判断してしまうため、思うように行動できないと言う経験がとても多くなります。

特徴2:消極的

保守的な人は消極的な人でもあります。新しいチャレンジや経験したことのないことを避けたり、苦手とする傾向があるのでどうしても消極的になってしまいます。

行動を起こすにしてもまず常識的であるか、前例があることなのかを気にしてしまい思い切った行動が取れません。「石橋を叩いて渡る」と言うことわざがありますが、保守的な人は「石橋を叩くけれども渡らない」または「石橋に近づかない」傾向にあると言えるでしょう。

特徴3:新しいことに挑戦しない

常識に縛られて消極的であると言う特徴を持つ保守的な人は、新しいことに挑戦することを苦手とします。新しいことは今までの経験が役に立たないことが多く、何が起こるか分かりません。

何が起こるか分からない、現在と同じ状態ではなくなるかもしれないと言う事態をとても嫌い、変わってしまうなら今と同じで良いと言う考え方を持ちます。

新しいことは苦手ですが、同じことの繰り返しを苦痛に思わないと言う長所もあります。

特徴4:柔軟性がなく視野が狭い

保守的な人にとって、「柔軟性を持つ」ことは最も難しいことです。あらゆる物事を一定の方向からのみ考えてしまうため、これはこうであるはずと思い込んでしまう傾向にあります。

一つの考え方に固執してしまうので、視野は狭くなり柔軟性も生まれません。もちろん保守的な人の持つ考え方が間違っているわけではありませんが、行動や考え方が制限されてしまうことに違いありません。

特徴5:真面目

保守的な人はとても真面目です。変化を嫌い新しいことを苦手とする一方、慣れていることや自分の持つ常識の範囲内のことはそつなくこなします。真面目な性格なので、会社内ではとても重宝され上司に可愛がられたり、職種によっては立身出世を遂げることも珍しくありません。

真面目なことは保守的は人の長所のひとつでもあります。時には人に正論を諭しすぎて浮いてしまうこともあるので気をつけましょう。

特徴6:流行に左右されない