Search

検索したいワードを入力してください

26歳彼氏なし女性の特徴20コ|26歳結婚をしたい女性の恋愛プラン4つ

Small 4b9d3c75 9d2c 40e0 8572 294d9e1356f3jyunn0317
カテゴリ:自分磨き

初回公開日:2018年08月23日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2018年08月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

26歳彼氏なし女性の特徴20コ|26歳結婚をしたい女性の恋愛プラン4つ

特徴16:いつの間にか後輩が増えていた

26歳彼氏なし女性は、知らない間に会社では後輩が増えていて、プライベートで会う人はほとんどが年下ばかりになっていた事に気付きます。友達は皆結婚したし、これでは彼氏を作りたくても何の伝もなく、自分だけ取り残されたようで寂しくなるばかりです。

特徴17:学生時代の友人に会いたくない

26歳彼氏なし女性は、鏡を見る度に少しずつ忍び寄る老いが怖くて、ついこの間まで学生だったのに学生時代の友人に会いたくないと思うようになります。 それでも彼氏がいればまだしも、26歳になると売れ残りのレッテルを貼られてしまいます。

友人も皆結婚しているので、会ったところで何だか肩身の狭い思いをするのは目に見えています。今の時代、別に結婚が全てではないしと思っても先が見えないと不安にもなります。

特徴18:貯金に精を出し始める

26歳彼氏なし女性は、お金は大事なのだと思うようになり貯金に精を出し始めます。おしゃれや遊びには興味がなくなり、ひたすら将来のためにお金を貯めます。

自分を守るのは自分しかいないのだと気付き、お金だけは貯めておかないとと生活も質素になります。この先の人生をお金を貯める事で、少しでも安定させる事に専念します。

特徴19:親孝行になる

26歳彼氏なし女性は、今まで鬱陶しくしか思っていなかった親に対して、「何不自由なく育ててくれてありがとう」「孫の顔を見せてあげなきゃ」と急に親孝行になります。そして、あれ程口うるさかったのは、自分を心配してくれていたからだと気付きます。女性の26歳は精神的に大きく変わる時期です。

特徴20:刺激より安定を求めるようになる

26歳彼氏なし女性は刺激を求めて遊ぶより結婚を意識するようになり、婚活に励んだり仕事のキャリアを積む事に徹するなど安定を求めるようになります。

出会いの場にも行ってみましょう。お見合いパーティーや結婚相談所では、26歳はまだまだ若い方でが高いです。男性はどうしても若い女性を選ぶ傾向があります。婚活しながらお料理上手を目指してみるのもです。

そんなあなたにアイテムはこちら

習慣、しぐさ、言葉など「幸せな愛」を掴むヒントが詰まっている本です。自然体でシンプルに自分を見つめてみましょう。自分磨きをして素敵な女性になりたいと思っている方にも、一冊です。

26歳女性の恋愛プラン4つ

女性の26歳はさまざまな変化が訪れ、恋愛観も大きく変わる時期です。20代前半の頃のように、遊び感覚の恋愛はもう終わりにしなければなりません。26歳になり現実味を帯びた考え方に改める時が来ました。

そこで、26歳女性には恋愛プランをしっかり立てて、ゆっくりと焦らずにプランに沿って実践していく事をします。ぜひ参考にしてみてください。

プラン1:落ち着いたお付き合いをする

彼氏を見付けても、ゆっくりと落ち着いたお付き合いをする事が大切です。早く結婚したいからと焦るのは禁物です。結婚はゆっくりと愛を育んで成就するものです。

26歳の女性とお付き合いするという事は、相手も結婚を意識している可能性は高いです。だからと言って、やたらと結婚を仄めかすような事を言うのは良くありません。落ち着いたお付き合いを続けていきましょう。

プラン2:彼氏の人柄を冷静に観察する

落ち着いたお付き合いを続けながら、次は彼氏が本当に結婚相手として大丈夫な人なのか、彼氏の人柄を冷静に観察しましょう。観察するのは男性も同じです。彼氏の結婚相手として相応しい女性になれるように、自分磨きをしましょう。彼氏も本気で結婚を意識していたら、普段の態度に出るはずです。

プラン3:結婚相手として意識する

彼氏の人柄を観察して、自分の価値観などと相違がないような場合は結婚相手として意識してみましょう。

「将来は子供はたくさん欲しいな」とか「理想の結婚式はねぇ」などと彼氏が言い出したら、結婚意識がかなり高いと思って良いでしょう。彼氏がそこまで言ってくれているのですから、こういう時は聞き役に回って自分の理想を押し付けたりしないで、彼氏の話を聞いてあげましょう。二人で愛を育んだ証です。