Search

検索したいワードを入力してください

「思い通りにならない」と感じたらどうする?怒る人の心理と対処法

Author nopic iconnewkizuka
カテゴリ:人の心理

初回公開日:2017年03月15日

更新日:2020年05月21日

記載されている内容は2017年03月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「思い通りにならない」と感じたらどうする?怒る人の心理と対処法

思い通りにならないと感じた時の対処法

もしも自分が何もかも思い通りにいかないと思ったら、毎日ストレスで悩む日々が続きますよね。夢や希望を持って生活することで、明るい未来を想像しながら生活することができます。しかし自分の思いとは裏腹に、思い通りにならないことが多いと、だんだんとすべてが嫌だと思うようになっていきます。自分が思い通りにならないと感じた時は、どのように対処すればいいのでしょうか。

人生

人生において自分の思い通りにならないことが多いと思った時は、初めから開き直って生活するようにしましょう。自分が思い描いた人生通りに生活している人は皆無と言ってもいいでしょう。大きな夢や堅実な夢を持ったとしても、どちらにせよ思い描いたような人生を送ることは難しいでしょう。自分が思い描い人生通りに生活できれば、誰もが裕福で楽しい生活を送っているはずです。人生は自分一人で生きているのではなく、周りにいる多くの人と関係を持ちながら生活をしていきます。自分一人だけ思い通りに行こうとしても、一人では生きてはいけないので難しいでしょう。

人生は思い通りにいかないことが多く、だからこそその時の決断によっていろいろな人生を歩むことができるのです。自分の思い描いたような人生は幸せだと感じるかもしれませんが、実際に思い通りの人生はつまらなく退屈なものでしょう。何が起きるか分からない波乱万丈な人生の方が、いろいろな経験ができて楽しむこともできます。つらいことがあるからこそ、楽しいことが喜べるのです。楽しいだけの毎日ならば、楽しいことを楽しいと思えなくなってしまうので、つまらない人生になってしまうでしょう。

子供

子供のことで思い通りにいかないことが多くなると、どうやって育てればいいか悩みますよね。親になれば誰もが悩むことですが、子供の人生は子供が決めればいいことです。子供が正しい道に進むために、アドバイスをしてあげるのが親の役目です。親の思い通りに子供が育ったとしても、子供にとって幸せな人生が送れるとは限りません。

子供の人生は子どもが決めるので、間違った道にはみ出さないように支えてあげることだけを考えればいいのです。子供が思い通りに育たないからと言っても、いずれは立派な大人になってくれるものです。自分も子供の頃は温かく見守られて育ってきたはずです。子供の頃には気づかなかった思いも、親になれば気づくことができるはずです。子供が思い通りにならないと思っても、それは子供が決める人生なので、子供の人生の道を作るのではなくサポートしてあげるようにしましょう。

恋愛

恋愛は思い通りにならないことが多いものですが、恋愛は一喜一憂するこが楽しいものですし、自分を成長させてくれるものです。恋愛は思い通りにならないことが当たり前なので、たくさん悩みましょう。恋愛で悩むことが多くなるほど、本当の自分の気持が見えてくるので、真の愛を見つけることができるかもしれません。

好きになった人と簡単に付き合って恋愛するよりも、苦労してようやく付き合った方が相手への想いも大きくなるはずです。恋愛は好きな者同士が一緒になること自体が奇跡に近いものです。世界中の中からたった一人だけ好きだと思える人が、自分のことを好きになってくれる確率は奇跡に近いですよね。だからこそ恋愛は思い通りにならないほど燃え上がることができますし、くじけずに頑張ることで熱い想いを伝えることもできるはずです。

思い通りにならないと怒る人の心理

誰もが自分の思い通りにしようと思いますが、思い通りにならなくても仕方がないと想えますよね。しかし思い通りにならないと怒る人もいるので、周りの人は対処に困ってしまいます。何でも思い通りになるのはどこかの国の王様くらいです。なぜ思い通りにならないと怒るのか、心理について紹介します。

子供と同じ心理状態

子供は自分の思い通りにいかないことがあると怒ったり泣いたりしますが、それと同じように大人になっても思い通りにならないと怒る人も多いです。これは自分の思い通りにさせようとする願望が強いことが要因で、どんなことをしても思い通りにしようとする心理が働いています。大人になると相手が怒っている時は冷静になって、大人の対応をするようになります。この対応を逆手にとって、自分が怒ることで自分の考えを相手に通そうと考えるのです。怒れば相手が引いてくれるので自分の考えを通せると思うのは、子供と同じ心理状態と言えるでしょう。精神的にはそれほど大人になれていない人で、子供がそのまま大人になったような感じです。

相手の考えを理解することができない

思い通りにならないと怒る人の心理としては、相手の考えがまったく理解することができないからです。何かトラブルがあった時に、自分の考えと相手の考えが違うのが許せません。自分が考えていることが正しいと思っていますし、唯一の方法だと思っています。当然他の人も自分と同じような考えになるはずだろうと思っているのに、実際にはまったく違った考えが出てきます。するとなぜそんな考え方が出てくるのかが理解できずに、相手に対して不信感を覚えます。自分の考えていることが唯一正しいことだと考えているので、違う答えや考え方を受け入れることができないのです。

自分以外の考え方は理解できないので、相手と話し合うこともムダだと思ってしまうかもしれません。特に自分の方が立場が上の場合には、容赦なく相手に対して怒ります。自分が上司やお客さんだった場合、相手が無能だと思って怒ってしまいます。

自分の時間がムダになるのが許せない

すぐ怒る人の心理としては思い通りにならないことがあった時に、相手に考えがすべて悪いようにしか思えません。自分が考えていることが正しく効率もいいと思っているので、相手の考えがすべて間違っていると考えています。その間違いによって自分の時間がムダになるのが許せないので、すぐに怒ってしまいます。効率の悪いやり方は時間をムダにするだけなので、自分の時間が相手によってムダになることにストレスを感じるのです。効率よくすぐに対処してくれれば問題ないのですが、自分の時間がムダになることを異様に嫌うので、すぐに態度に出てしまいます。

思い通りにならないと怒る人への対処法

自分の思い通りにならないことはよくあることですが、仕事でもプライベートでもすぐに怒る人は回りが迷惑をします。怒るほど相手との関係も悪くなっていくので、職場では人間関係が悪く仕事にも影響するかもしれません。怒る人は立場が上の人が多いので、誰でも簡単に対処するのが難しいですよね。自分の思い通りにならないと怒る人に対しては、どのように対処すればいいのでしょうか。

相手に逆らわないで落ち着くまで好きなようにさせる

仕事で思い通りにならないとすぐに怒る上司や先輩がいますが、自分よりも立場が上なのでどうすることもできませんよね。そんな時は相手に逆らわないで落ち着くまで話を聞いていましょう。怒られる時は正当な理由ではなく、言いがかりや理不尽なことで怒られるケースが多いでしょう。

そんな時はつい言い返したくなりますが、怒っている相手に対して言い返すのは、火に油を注ぐことと同じです。相手が怒ってヒートアップしている状態をなだめるために、相手が納得するまで話をさせましょう。自分が言いたいことを全部言えば、相手もだんだんと正気に戻ってくるはずです。相手も思い通りにならないことでストレスになっているので、好きなだけストレス発散をさせてあげましょう。

その場は謝って落ち着いてから話をする

怒っている相手に対しては、どんな時でも逆らわないことがポイントです。思い通りにいかないことで怒っているのであれば、とりあえず自分が謝っておきましょう。自分が悪くなくても相手は謝られたことで、少しずつ怒りも収まってくるはずです。本人も何でも思い通りにいくとは思っていませんが、思い通りにいかせるための努力はしています。だからこそ思い通りにならない時には怒ります。それは相手だけでなく自分に対しても怒っているのかもしれません。思い通りにならない時にはとにかく謝って相手を落ち着かせましょう。