Search

検索したいワードを入力してください

心を開かない人の特徴・心理|相手の心を開く12の方法

Author nopic iconGG M
カテゴリ:人の心理

初回公開日:2017年03月01日

更新日:2020年02月28日

記載されている内容は2017年03月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

心を開かない人の特徴・心理|相手の心を開く12の方法

心を開けない人の特徴

他の人に自分の心を自然に開くことができる人もいれば、簡単に他の人には、心を開けない人もいるでしょう。人の性格は、さまざまで心を誰にでも開くことができる人は、社交的で何事に対しても積極的な人が多い傾向があります。

他の人に心を開くことが苦手な人は、どのような心理や特徴をもっているのでしょうか。心を開かない人の特徴や心理、相手の心を開く12の方法をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

人付き合いが希薄

心を開かない人の特徴としては、基本的に人付き合いが希薄という特徴があります。人付き合いが苦手な特徴もあり、人とのコミュニケーションを日常から避ける傾向があります。

人とのコミュニケーションが少ないことで周りの人から近寄りがたい印象になっていることも多くあります。周りの人が話しかけてくれば、会話をするなど常にコミュニケーションは、受け身の態勢が特徴です。

本音で話すのが怖い

心を開かない人は、「自分は人からどう見られているのか」ということに必要以上に敏感に感じる人が多い特徴があります。どうしても他人から見る自分の評価が気になってしまうことでなかなか本音で話すことがありません。他人の目を気にしてしまうこともあり、要らぬネガティブな妄想を繰り広げてしまって自分の本音で会話をすることを怖がってしまう傾向があります。

本当の自分を知られたくない

他人に心を開かない人は、秘密主義者の人が多い傾向があります。自分のことを他人の人に知られたくないという特徴があります。

会社でも仕事での付き合いと割り切って周りの人とコミュニケーションをとることが多く、プライベートでの付き合いを避けることが少なくありません。本当の自分を知られたくないという意識から他人には、かたくなに心を開く行動をしなくなってしまいます。

相手の心を開く方法

心を開いてくれない相手がどのようにしたら自分に心を開いてくれるのでしょうか。他人の心を開くということは、簡単なことではないでしょう。他人の心は、強引に開くことはできません。相手の心を開く12の方法をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

方法1.自分が心を開く

相手の心を開くためには、自分から相手に対して心を開くことをしなければいけません。例えば、自分の過去の失敗談を話したり、「実は、緊張する癖があって前にでるとかなり緊張してしまうことがある。」などの自分の弱みを話てみることもいいでしょう。

自分が相手を警戒してしまうと心を開いてもらいたい相手も警戒心を持ってしまいます。自分が心を開く言動をしないと相手は、益々こちらに心を開く事を怖がってしまいます。

方法2.目を見つめすぎない

心を開く事が怖いと思う人は、他者と目を合わせることさえ怖がります。初対面などは、特に目を合わせることをしない傾向があります。アイコンタクトも大切ですが、何度も何度も見つめ過ぎては、相手は緊張感を持ってしまいます。

アイコンタクトを取るのであれば目を見るのではなく、鼻の頭の辺りを見るように意識しながら会話をしましょう。会話の中でアイコンタクトは3回~4回、1~2秒目が合う程度に抑えておきます。

方法3.心を開くことを強要しない

相手がいつまでも心を開くことをしないからと言って、いつになったら心を開いてくれるのかと焦ってはいけません。他の人の心を開くということは、それなりに時間がかかることです。時には、気長に心を開いてくれることを待つ心の余裕が必要でしょう。

心を開かない相手に決して強要してはいけません。強要を求めた瞬間に相手は、委縮してしまいそれまで築きあげた信頼関係が崩れてしまう恐れがあります。

方法4.人の悪口を言わない

心を開くことを怖がる人は、対人関係にトラウマを抱えている特徴があります。心を開かない人は、人の悪口にとても敏感です。誰かが誰かの悪口を言っている場面に遭遇すると自分の悪口ではないかと疑ってしまう傾向があります。

誰かの悪口を会話の中で言わないように気を付けておきましょう。心を開かない人は、人の悪口を言うのも聞くのも嫌いでなにしろ自分の悪口を言われることを恐れています。

方法5.聞き役に徹する

心を開くことが怖い人は、人の話を聞くことが多く、自分から話しかけたり会話をすることができない特徴があります。心を開かない人が自分から話し始めたら、聞き役に徹することが重要です。話を聞きながら合った相づちを打って、リアクションを取るといいでしょう。

会話の中で話を遮ったり、余計なアドバイスをしたりぜずに相手の話を最後までじっくり親身になって聞くことが心を開いてくれるきっかけになる大切なポイントです。

方法6.話の内容は曖昧ではなく具体的に

心を開くことが苦手な人は、人の心を深読みしてしまう特徴があります。会話の中で「○○さんってなんかいいよね」、「○○さん面白いよね」と曖昧な表現をすると心を開かない特徴を持つ人は、自分の意見を求めているのか、自分を試しているのかと考えてしまうことがあります。

他の人を褒めるのなら「○○さんの○○な部分が好き」、「××な所が尊敬する」といったように具体的な自分の意志表現をして会話をするといいでしょう。