Search

検索したいワードを入力してください

ケアレスミスが多い人の特徴・なくす方法・対策方法|テスト

Author nopic icons.tomita
カテゴリ:自己啓発

初回公開日:2018年04月05日

更新日:2020年02月15日

記載されている内容は2018年04月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ケアレスミスが多い人の特徴・なくす方法・対策方法|テスト

ケアレスミスが多い人の特徴は?

ケアレスミスとは、確認を怠ったことによって生じてしまうミスや、ちょっとした不注意によって起きてしまうミスの事です。しっかりと確認していたり、注意を払っていれば起きなかったミスなので、ケアレスミスが起きてしまった時には、「どうしてミスしてしまったんだろう」「あの時きちんと確認していれば」と思うことが多いでしょう。

しかし、仕事やテストなどでもケアレスミスを頻繁に起こしてしまう人がいます。ケアレスミスを頻繁に起こすと、自分が困るばかりか、周囲に人にも迷惑をかけてしまうことがあります。そんなケアレスミスを起こすことが多い人には、いったいどのような特徴があるのでしょうか。

注意力が散漫

ケアレスミスが多い人の特徴として、「注意力が散漫」という特徴があります。注意力が散漫とは、1つのことに集中できず、別のことを考え始めたり、別のことを始めてしまうなど、落ち着きがない面も見られることです。

例えば、「この仕事をしよう」と思って5分くらい集中してやっていても、ちょっと時間が経つと別のことを考えたり、別の仕事に手を付けたり、周囲の人の動きや会話などが気になってきてしまいます。

仕事や勉強などにしっかりと集中することができないので、ミスも起こりやすくなり、ちょっとしたケアレスミスが多くなってしまいます。

確認をしない

確認をしないことも、ケアレスミスが多い人の特徴と言えます。何事も1度確認をすれば、ケアレスミスは大幅に減らすことができます。しかし、テスト後の見直しや、仕事の資料も作成後に確認せずにそのまま提出してしまうことで、ケアレスミスが発覚し、「この人はケアレスミスが多い」という烙印を押されてしまいます。

どんな小さな仕事やテストでも、1度は確認する癖をつけることで、ケアレスミスを減らすことができます。ケアレスミスが多い人は、確認するという作業をしていないことが多いです。

自分を過信している

自分を過信している人も、ケアレスミスが多い人の特徴の1つです。自分に自信があることはとても良いことですが、自分の能力を過信しすぎることは、ケアレスミスにつながってしまいます。

仕事などでも、自分の仕事に自信があっても、まずは「ミスがないか」「どこか抜けているところがないか」ということを疑ってかからないと、思わぬミスを引き起こしてしまうことがあります。

ケアレスミスくらいで済むなら良いですが、自分の能力を過信しすぎて、大きなミスを起こしてしまうことがあります。自分を過信しすぎている人は、ケアレスミスを引き起こしやすくなるので、注意が必要になります。

流れ作業になっている

仕事などが流れ作業になっている人も、ケアレスミスが多い人の特徴になります。流れ作業として作業していると、淡々と作業をしているうちに、小さなミスに気付きにくくなります。また、流れ作業として仕事などを行っていると、よく考えずにいろいろな作業を行うことになるので、確認なども怠ってしまうことが多く、ケアレスミスが多くなってしまいます。

毎日同じ仕事をしているなど、流れ作業になりがちな環境にある場合は特に、ケアレスミスが目立つ傾向にあるので、注意が必要になります。

面倒くさがり

面倒くさがりな性格の人も、ケアレスミスが多くなってしまいます。面倒くさがりな性格の人は、すべての作業が終わってからもう一度確認を行ったり、1つ1つの作業を丁寧に行うことができないため、ケアレスミスが多くなる傾向にあります。

仕事や勉強も最後の詰めが甘いことが多く、面倒くさがりな性格が災いしてケアレスミスを引き起こしてしまうことがあります。面倒くさがりな性格の人は注意が必要になります。

だいたいで大丈夫と思っている

どんな作業や仕事も、だいたいで大丈夫、適当で大丈夫と思っている人も、ケアレスミスが多くなってしまいます。どんな作業でも「完璧にこなそう」「ミスがあってはいけない」と思っていれば、必然的に確認を何度も行ったり、作業を丁寧に仕上げようとしますが、「だいたい」や「適当」に作業や仕事をしていると、どうしてもケアレスミスが多くなってしまいます。

だいたい・適当などで物事を済ませてしまう性格の人は、ケアレスミスが多い傾向にあるでしょう。

いつも何かに悩んでいる

いつも何かに悩んでいる人も、ケアレスミスが多くなってしまいます。悩み事がある状態では、どんな人でも何かに集中することが難しくなるでしょう。人間関係や恋愛など、ちょっとしたことで一喜一憂したり、人の言動に振り回されるタイプの人は特に、常に悩み事が絶えないため、ケアレスミスが多くなってしまいます。

彼氏とケンカしたことを仕事場にも持ち込んだり、友人のちょっとした発言に振り回されるタイプの人は、注意が必要になります。

落ち着きがない

行動に落ち着きがない人も、ケアレスミスが多くなります。いつも行動が忙しなく、忙しくないのにあたかも忙しいように動き回ったり、1つ1つの行動が雑なタイプも、落ち着きがないことでミスが多くなってしまいます。

わかりやすく例えると、「生活音がうるさい人」はケアレスミスが多いことが多いです。生活音がうるさいということは、周囲の人に気を配れないということです。そのため、小さなことにも気を配ることができず、ケアレスミスを引き起こしてしまいます。

ドアの開閉音がやたらと大きい人や、足音が響く人などは、細かい気配りができないので、結果的にケアレスミスも多くなってしまいます。

感情的な人