Search

検索したいワードを入力してください

ケアレスミスが多い人の特徴・なくす方法・対策方法|テスト

Author nopic icons.tomita
カテゴリ:自己啓発

初回公開日:2018年04月05日

更新日:2020年02月15日

記載されている内容は2018年04月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ケアレスミスが多い人の特徴・なくす方法・対策方法|テスト

感情的な性格の人も、ケアレスミスが多い傾向にあります。感情的な性格の人は、仕事での会話も自分の感情に任せてしまうところがあるので、上司の指示に対しても、「仕事」としてではなく「感情」として受け止めてしまい、ちょっと高圧的な態度をとられただけで非常に気分を悪くし、「あんな奴の言うことを聞かない」という状態になってしまいます。

ミスを起こした場合も、「私のことが嫌いだからあら探しばかりして」「あの人が言っていることなんか聞くもんか」などと感情に任せた行動をとってしまうので、ミスを反省するということができず、ケアレスミスを立て続けに起こしてしまうことがあります。

感情に任せて行動をしていると、人の助言やアドバイスも聞き入れることが難しくなる場合があります。感情的な性格の人は、ケアレスミスに注意が必要になります。

人の話を聞かない

注意力が散漫と言うことにつうじますが、人の話を聞かない人も、ケアレスミスが多い傾向にあります。人の話を聞かないことで、しっかりと聞いていれば防げたミスを引き起こしたり、そもそも注意力が散漫なことでケアレスミスを引き起こしてしまうことがあります。人の話を落ち着いてしっかり聞くことができないという方は、注意が必要になります。

ストレスが多い人

ストレスが多い人も、ケアレスミスが多くなってしまう傾向にあります。

物事に集中したくても、身体的な問題から集中できなかったり、ストレスを感じていることから余計なことを考えてしまうなど、集中できない状況にあることからケアレスミスが多くなってしまいます。

ケアレスミスの例は?

ケアレスミスは、確認すれば防げるミスや、注意を払っていれば防げるミスなどが多いですが、そんなケアレスミスは、いったいどのような場面で起こってしまうのでしょうか。ケアレスミスが起こってしまう例について紹介していきます。

計算問題でのケアレスミス

勉強におけるテストでも、ケアレスミスが起こってしまうことがあります。特に多く起こる場面は、計算問題です。数学のテストなどでは、テストの最初の方に計算問題が配置されている場合が多いでしょう。

計算問題はテストの中でも比較的簡単な問題ですから、気を抜いてしまい、数字の読み間違いや計算方法の間違いなど、普段はしないようなミスをしてしまうことがあります。

また、計算問題の場合は検算を行うことができるので、問題を解いた後に検算を怠ることによってケアレスミスを引き起こしてしまうことがあります。また、簡単な計算問題を暗算で行うことによって、ケアレスミスが起こるケースも非常に多いです。

解答用紙の書き間違いのケアレスミス

テストで多いケアレスミスとして、解答用紙の解答欄をまちがえてしまうというミスがあります。解答欄の場所を間違うと、せっかく回答が合っていても不正解になってしまいます。学校のテストなどでは大目に見られる場合もありますが、模試などでは絶対に避けたいケアレスミスになります。

伝え忘れのケアレスミス

仕事上でよくあるケアレスミスとして、「伝え忘れ・伝え漏れ」があります。部下に指示を出す場合や、同僚に何かを伝える場合に、口頭で伝えようと思い忘れてしまったり、間違えた情報を伝えてしまうなどのミスは、意外と起こりやすいです。場合によっては大きなミスにつながってしまので、注意したいケアレスミスでもあります。

伝票入力でのケアレスミス

事務の仕事などで、伝票入力などの際にもケアレスミスが起こりやすくなります。日々たくさんの伝票を処理していると、どうしても流れ作業のようになってしまうことが多くなり、気を抜いている時にケアレスミスが起こってしまうことがあります。

また、数字が羅列していると、どうしても数字の読み間違いや桁の間違い、入力ミスなどが起こってしまうことがあります。数字関連はミスが多くなるところでもあるので、注意が必要になります。

ケアレスミスをなくす方法は?

ケアレスミスは、1度や2度なら許されても、何度も起こすことで、周囲の人から「この人には大切な仕事を任せられない」「いい加減な人」と思われてしまいます。また、勉強のテストでのケアレスミスも、少しのケアレスミスで不合格になってしまうなど、自分の命取りになりかねません。

ケアレスミスをなくすには、いったいどうすれば良いのでしょうか。ケアレスミスをなくす方法について解説していきます。

テストでのケアレスミスをなくす方法は?

ケアレスミスが多い人の特徴・なくす方法・対策方法|テスト
※画像はイメージです
出典: Free stock photos of study · Pexels

テストでのケアレスミスをなくすためには、最後の見直しがもっとも大切になります。テストでは、最後まで解き切ると開放感があるので、解き終わってそのまま終わりにしてしまう人も多いでしょう。

しかし、最後に見直しをすることで、解いている時には気づかなかったミスに気づいたり、間違いに気づくことがあります。テストでのケアレスミスをなくすためには、まずは最後に見直しをする習慣をつけましょう。

最後に見直しを行うためには、テストの問題を解く時間配分を考え、時間どおりに問題を解いていき、見直しをする時間のゆとりを持つことも大切になります。これは日ごろから訓練しないと身につけられない習慣なので、模擬テストや小テストなどの重要度の低いテストの際にも実践して習慣化させることが大切になります。