Search

検索したいワードを入力してください

ケアレスミスが多い人の特徴・なくす方法・対策方法|テスト

Author nopic icons.tomita
カテゴリ:自己啓発

初回公開日:2018年04月05日

更新日:2020年02月15日

記載されている内容は2018年04月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ケアレスミスが多い人の特徴・なくす方法・対策方法|テスト

模試でのケアレスミスをなくす方法は?

模試でのケアレスミスをなくす方法は、テストの場合と同じく最後の見直しが重要になります。しかし、これはどんなテストにも言えることです。特に模試に限ってケアレスミスをなくすためには、長期的な分析が必要になります。

模試では、問題は違いますが、たいてい同じようなパターンで問題が出題されます。試験の構成が同じという意味です。数学ならば最初に計算問題があり、最後に証明問題と言うパターン。国語の場合は最初に漢字を解く問題で、最後に小論文などのパターンが多いでしょう。

模試は1回の模試に着目するのではなく、何度か解いてきた模試の回答をすべて見直してみて、同じ場所でミスを起こしていないか、ケアレスミスに規則性はないかを確認してみましょう。同じ場所で毎回ミスをしている場合は、次の模試ではそこを重点的に見直しするように心がけましょう。

数学でのケアレスミスをなくす方法は?

数学でケアレスミスをなくす方法は、検算をすることがおすすめです。検算をすれば、答案が合っているのかそうではないのか、一目瞭然なので、検算をして回答が合わない場合は、うっかりミスの可能性があり、それを未然に防ぐことができます。

また、計算式をしっかりと書くことも、ケアレスミスの防止につながります。簡単な計算問題の場合、時間短縮のために暗算で計算をしてしまう人が多いですが、簡単な問題こそケアレスミスが起こりやすくなります。

簡単な問題でも計算式を書くことで、ケアレスミスを減らすことができます。また、最後に答案の見直しをする際も、計算式を書いていることで間違いに気づくことができる場合があります。

数学の場合は国語や英語などの文系科目と違い、数字がすべての科目なので回答がはっきりしている分、ケアレスミスが多くなるので注意が必要になります。

仕事でのケアレスミスをなくす方法は?

仕事でケアレスミスをなくす方法は、やはり「確認」が第一です。仕事でのケアレスミスは、伝票の入力や、製造作業のミスなど、ちょっとした小さなミスが起こりがちです。それらは、しっかりと確認を行うことによって防げる物も多く、反対に言えば、確認を怠ることで起こってしまうミスとも言えます。

仕事でのケアレスミスをなくすためには、まずは「確認」を行う習慣をつけましょう。テストの場合と同じく、仕事を終えて満足して終わりにするのではなく、最後の確認までを一連の作業として習慣化させるようにしましょう。

しっかりと確認を行うことで、ケアレスミスは大幅に減らすことができるようになります。

ケアレスミスの対策方法は?

ケアレスミスは、ちょっとした不注意や確認不足によって引き起こされてしまいますが、誰しもケアレスミスをなくしたいと感じるはずです。では、ケアレスミスをしないようにするためには、いったいどのような対策をすれば良いのでしょうか。ケアレスミスの対策方法を紹介していきます。

仕事内容をもう一度確認する

ケアレスミス対策の1つに、仕事内容をもう一度確認するという対策方法があります。仕事に慣れてくると、流れ作業のような形で作業してしまうことも多く、実は全く違ったやり方で行っていたということも少なくありません。

そのため、ケアレスミスが増えてきたなと感じたら、仕事内容をもう一度確認してみましょう。マニュアルを1からしっかり読む、新人時代のメモを1から読み直すなど、今一度仕事の内容を確認することで、仕事のやり方そのものの間違いに気づき、結果としてケアレスミス対策につながることがあります。

自分の能力を過信しない

ケアレスミス対策として、自分の能力を過信しないという対策も大切になります。仕事や勉強など、どんなことでもそうですが、だんだんと慣れてくると、自分の実力や能力を過度に信じてしまうことがあります。

また、もともと自信家の人も、自分の能力を過信するあまり、周囲の人の意見に耳を傾けなかったり、自分の作業や仕事の確認を怠るなどして、ケアレスミスにつながってしまうことがあります。

ケアレスミスを対策するためには、自分の能力を過信せず、周囲の人の意見を聞いたり、自分自身を疑い、確認作業を何度か行うなどの行動が必要になります。

確認を習慣化する

ケアレスミスの対策方法として、もっとも効果的な対策方法は、「確認」を習慣化することです。確認は、どんな作業においても大切になります。一度終えた作業や仕事、すべて解き切ったテストなども、まずは一から確認する習慣をつけましょう。

「大丈夫だろう」と確認を怠ったときに限って、ケアレスミスを引き起こしてしまうことがあります。どんな時でも「必ず」確認を行うと習慣化させれば、ちょっとしたケアレスミスを劇的に減らすことができます。

どんなに小さな仕事でも、重要性の低いテストでも、必ず確認を行う癖をつけましょう。

声に出す

ケアレスミスの対策方法として、「確認」はもっとも効果的な方法ですが、もっと効果を高めるために、「声に出す」ことがおすすめになります。声に出すことによって、一度確認したことを言語化することで1度確認をし、声に出した言葉を耳で聞くことで2度確認することができます。

声に出すことで、確認の精度をより高める効果があるため、確認をしても不安という場合は、声に出して今一度確認をすることがおすすめになります。

また、声に出すことによって周囲の人から「そこは違うよ」などと指摘を受ける場合もあるので、二重でケアレスミスを予防する効果がありおすすめです。

ケアレスミスを共有する

ケアレスミスの対策方法として、ミスを共有するという対策方法もおすすめになります。これは、仕事上では特に必要な対策方法で、誰かのケアレスミスをみんなで共有することによって、「自分は気を付けよう」という、ケアレスミスの予防線のような働きをしてくれます。

大きなミスは社内や部署内で共有していることが多いですが、ケアレスミスのような小さなミスに関しては、本人が「次は気を付けよう」と思うだけで、周囲の人とは共有していないことが多いでしょう。

しかし、ケアレスミスのような小さなミスこそ、全員で共有することによって、「こんなちょっとしたことでもミスにつながるんだ」「少しのミスが大きなミスにつながるんだ」ということを認識することができるようになります。

小さなミスこそ社内や部署内で共有し、同じようなケアレスミスを起こさないように対策をしましょう。

ケアレスミスを記録する